閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day1 : GENELEC

GENELECブース

to NAMM 2019 HOME

GENELECは名機1032を彷彿させるサイズ感とルックスの「S360」をフロントに展示、こちらはサブフーファー「7382AP」とともに8月の発表を経てつい先日販売が開始されたばかり。S360は118dBというラージ並みのハイSPLでサイズ以上のパワフルさ、バスレフはスピーカー底面の両サイドに備えており、スタンドに設置する際にもIso-Plate™称されるインシュレーター部分で持ち上げて設置面と分離、振動と気流をコントロールして正確な低音域を再生します。

GENELECS360

このクラスの出力となると部屋の環境や設置方法も整えて共振対策したいところですが、GLMにも対応しておりキャリブレーションをとってスピーカーが持つ本来の持ち味を如何なく発揮できるのもGENELEC製品のアドバンテージです。

GENELECブース

奥のプレゼンスペースに進むとGENELECが注力している「IMMERSIVE」環境が用意されていました。各展示会でも同様のDOLBY ATMOS 7.1.4での環境を構築していますが、今回は同軸の8341Aで周囲をぐるりととりかこみ天井を見上げると「GLM」のアピールとともにワンサイズ小さい8331が4台。もちろん梁に固定されていますが一見すると天井幕に吸い付いているようで驚きます、展示会では各社環境構築に苦心されていますが現地で見ると空間の演出も兼ねてなるほどのハイト設置。

GENELEC NAMM

正面にはS360ももちろん設置されています。Loud & Clearを掲げるS360はニア、ミッドフィールドのサイズながらラージの能力を備え、さらに1032と比べるとかなり深めなウェーブガイドで特長となるロングスロー、長い到達距離を実現。それもイマーシブ環境でより没入するために「歪みのない、離れても変化のない音場」が必要と考えて開発されたそう。これからのスタジオ環境に求められる多様性、イマーシブな環境にいち早く回答を出して提案を続けています。

GENELEC NAMM2019

GENELEC
https://www.genelec.com/

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company