閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 DAY1:Focal

NAMM2019_Day1-501

to NAMM 2019 HOME

今回のFocalブースは通常と異なり個別に仕切られた空間に。NAMM2019での注目リリースはFocal Proのフラッグシップとなる10” ウーファーを搭載した「Trio11 Be」。早速入り口にお出ましのようです!

NAMM2019_Day1-489

んんん!?

NAMM2019_Day1-490

レゴ!!!!!

そう、今回の「Trio11 Be」は業界初のレゴモデルで自らカスタマイズが可能!!、、、ではないですね。通りかかる来場の皆さんも口々に「れご!? レゴ!? LEGO!? 」と食いつき抜群。

NAMM2019_Day1-492

インスタ映えとは言いませんが、裏面までしっかり作り込まれております。ツイーターになるようなパーツもあるもんですね。

NAMM2019_Day1-497

さて中に入ってみると、各ラインナップ展示の奥に人山の黒だかりができています。
どうやらこちらに本物のTrio11 Beが、

NAMM2019_Day1-498

、、、いました!! こちらでは個別のスペースであることを利用してさらに試聴環境を内部に設置。何かと騒々しいメインフロアとは異なり、二重に仕切られた非常に静かでフラットな空間が用意されています。音源も幅広く用意されているようでクラシックからダンスミュージック、中にはGt.のカッティングでアタックを確認したいなど数々のリクエストに応えていました。

さて、そのTrio11 Beですが前述の通りでFocal Proのフラッグシップとなるモデルです。Trio6での8”をさらに上回る10” ウーファーを搭載し、118dbという高いSPL。また、ツイーターを回転して横置き・縦置きのどちらでも最適なモニタリング環境を構築。さらに2Way/3Wayの切替でレコーディング・マスタリングは3way、TV想定等のポスプロ作業は2wayでと状況に応じた対応力。プレスリリースではニアフィールド〜ミッドフィールドと謳われていますが、その余裕あるサウンドからはもはやコンパクトラージ(!?)とも言えるようなイメージを抱かせます。もちろんFocalのラインナップを特徴付けるベリリウムツイーターやグラスファイバーをサンドイッチし、設計による特性コントロールを可能にしたWコンポジットコーンも備えられ30Hz-40kHzというレンジを再現、フラッグシップの面目躍如です。何よりレベルが大きくても小さくてもその特性が変わらずにモニターできるというFocalへのこれまでの評価を裏切りません。

NAMM2019_Day1-500

こちらのデリバリー開始は概ね春先ごろと見られており、SM9と同等の価格設定になるようです。追っての続報を楽しみにしたいところです。そしてもう一つご紹介しておきたいのがこちら!

NAMM2019_Day1-496

SHAPE TWINの「ホワイトエディション」です!! こちらは現状で販売となるか未定のようですがショーモデルにしておくにはなんとも惜しい佇まいです。。。こちらも今後リリースされる情報を楽しみに待ちましょう!!

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Antelope 10MX が期間限定 15%OFFキャンペーン中! 4/30ま…
通常価格に比べ ¥117,936 もお得で、さらに10025ポイントをゲット!4/30まで
NAB2019 DAY4 : Avid
MTRX Digilink Moduleのプロトタイプを使ったシステムアップが行われていました。
NAB2019 DAY4 : soundwhale
遠隔地を映像と音声で結んでリモートレコーディングや、ディレクティングを実現するソフトウェアを展示。
NAB2019 DAY4 : iZotope
NAB2019 会場でのiZotopeは やはりRX7中心の展開!
NAB2019 DAY4 : Western Digital
G-TechnologiesからはSSDの新製品、SanDiskからもポータブルSSDが登場!
NAB2019 DAY4 : Decimator Design
スケーラーとフレームレートコンバーション搭載のHDMI-SDI 4Kコンバーター「12G-CROSS」新製品登場!
NAB2019 DAY3 : APOGEE
WAVES/DiGiGridのブースでなんとAPOGEEの新製品を発見。おなじみSymphony I/O mk2のSoundGrid Option搭載モデルがありました。 見た目は、普通のAPOGEE Symphony [……
NAB2019 DAY3 : LAOWA
中国のレンズメーカーLAOWAは、非常にユニークなプローブレンズを中心に展示!
NAB2019 DAY3 : Fraunhofer
従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。
NAB2019 DAY3 : NEUTRIK
従来のアナログコネクターだけではなくUSB-Cが登場!
NAB2019 DAY3 : DYNAMOUNT
DYNAMOUNTはPCからのリモートシステムでマイクの向きを自由に変化できる製品が展示!
NAB2019 DAY3 : Z CAM
Z CAMというカメラメーカーが今年はなんとシネマカメラのリリース!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート