閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 DAY1:Teenage Engineering

NAMM2019_Teenage Engineering全景

to NAMM 2019 HOME

Teenage EngineeringはNAMM Show2019には参加しておらず、会場近くのTropicanaというホテルの一室にセットが組み込まれて一部の人向けのデモンストレーションが行われました。部屋の可愛さも本当にTeenage Engineeringらしくユーモアが効いていて、思わず微笑んでしまいました。そしてそこには今話題沸騰中のPocket Operator Modularの姿が!残念ながら完成版があったのは400だけで(シーケンサーモジュールのみ未搭載)、16はモック、そして170は組み立て前でしたが、Teenage EngineeringのTobiasさんにデモそしてもらったのでその様子を動画でご確認ください!

Pocket Operator Modular 400

Pocket Operator Modular 400

400の勇姿です。カッコ良いですね〜。堅牢なメタルシャーシにポップな色使い。僅かにフェラーリっぽさを感じたのは私だけでしょうか? オシレーターのサウンドはまさにアナログでシンクサウンドがとても特徴的でした。かなり押しが強いサウンドだったので、その辺もPocket Operatorシリーズだなと感じさせるものでした。

Pocket Operator manual
Pocket Operator manual
Pocket Operator manual

マニュアルも可愛いですね。将来的に販売されるモジュール類。

Pocket Operator manual module
Pocket Operator manual module

Pocket Operator Modular 16

こちらは残念ながらモックだったのでプログラミングを試せませんでしたが、16ステップを存分に活かしたTeenage Engineering流の深いシーケンスが組めそうです。

Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16

Pocket Operator Modular 170

Pocket Operator Modular 170

部屋に溢れるTeenage Engineeringらしいグッズの数々。非売品も多数。こちらはTeenage Engineering流のエンジニアコート。OPーZやPocket Operatorシリーズ、そしてケーブルなどを収納するポケットが内側にびっしり。

Pocket Operator Modular 170

お香(15USDで販売中)と、掌をもしたオブジェ。こちらもつい先日まで販売してましたが、すでに売り切れ。ワンショット生産の予定なので多分もう手に入らないとのこと。

Pocket Operator Modular 170

こちらはOP-Zのポップなデザインのスウェット。

OP-Zのポップなデザインのスウェット

OP-Z用のケース

こちらは商品化されなかったOP-Z用のケース。Tobias氏が普段私物として使っているとのこと。

NAMM2019_teenage

NAMM2019_teenage

Teenage Engineering
https://www.teenageengineering.com/

Writer:Shibuya




受賞理由
  • 従来のグルーブマシーンの概念を大幅に超え、トラックユーザーに立ち止まることを許さない創造性あふれるトータルマシーンとして規格外の素晴らしい製品。
  • 16トラックのステップシーケンサーが秀逸。メロディーを解析しノート情報をスケール内でランダマイズすることもでき、音楽的知識がなくても遊び感覚でいろんなパターンを生み出せたりと、クリエーターに多大なインスピレーションを与える。
  • 照明の通信プロトコル「DMX 512」にも対応する拡張性を持ち、中核を担うマスターコントローラーとして、この小さなサイズに集約されているのは驚異的。カートリッジによる拡張性のさらなる拡大に期待したい。

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company