閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 DAY1:Teenage Engineering

NAMM2019_Teenage Engineering全景

to NAMM 2019 HOME

Teenage EngineeringはNAMM Show2019には参加しておらず、会場近くのTropicanaというホテルの一室にセットが組み込まれて一部の人向けのデモンストレーションが行われました。部屋の可愛さも本当にTeenage Engineeringらしくユーモアが効いていて、思わず微笑んでしまいました。そしてそこには今話題沸騰中のPocket Operator Modularの姿が!残念ながら完成版があったのは400だけで(シーケンサーモジュールのみ未搭載)、16はモック、そして170は組み立て前でしたが、Teenage EngineeringのTobiasさんにデモそしてもらったのでその様子を動画でご確認ください!

Pocket Operator Modular 400

Pocket Operator Modular 400

400の勇姿です。カッコ良いですね〜。堅牢なメタルシャーシにポップな色使い。僅かにフェラーリっぽさを感じたのは私だけでしょうか? オシレーターのサウンドはまさにアナログでシンクサウンドがとても特徴的でした。かなり押しが強いサウンドだったので、その辺もPocket Operatorシリーズだなと感じさせるものでした。

Pocket Operator manual
Pocket Operator manual
Pocket Operator manual

マニュアルも可愛いですね。将来的に販売されるモジュール類。

Pocket Operator manual module
Pocket Operator manual module

Pocket Operator Modular 16

こちらは残念ながらモックだったのでプログラミングを試せませんでしたが、16ステップを存分に活かしたTeenage Engineering流の深いシーケンスが組めそうです。

Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16
Pocket Operator Modular 16

Pocket Operator Modular 170

Pocket Operator Modular 170

部屋に溢れるTeenage Engineeringらしいグッズの数々。非売品も多数。こちらはTeenage Engineering流のエンジニアコート。OPーZやPocket Operatorシリーズ、そしてケーブルなどを収納するポケットが内側にびっしり。

Pocket Operator Modular 170

お香(15USDで販売中)と、掌をもしたオブジェ。こちらもつい先日まで販売してましたが、すでに売り切れ。ワンショット生産の予定なので多分もう手に入らないとのこと。

Pocket Operator Modular 170

こちらはOP-Zのポップなデザインのスウェット。

OP-Zのポップなデザインのスウェット

OP-Z用のケース

こちらは商品化されなかったOP-Z用のケース。Tobias氏が普段私物として使っているとのこと。

NAMM2019_teenage

NAMM2019_teenage

Teenage Engineering
https://www.teenageengineering.com/

Writer:Shibuya




受賞理由
  • 従来のグルーブマシーンの概念を大幅に超え、トラックユーザーに立ち止まることを許さない創造性あふれるトータルマシーンとして規格外の素晴らしい製品。
  • 16トラックのステップシーケンサーが秀逸。メロディーを解析しノート情報をスケール内でランダマイズすることもでき、音楽的知識がなくても遊び感覚でいろんなパターンを生み出せたりと、クリエーターに多大なインスピレーションを与える。
  • 照明の通信プロトコル「DMX 512」にも対応する拡張性を持ち、中核を担うマスターコントローラーとして、この小さなサイズに集約されているのは驚異的。カートリッジによる拡張性のさらなる拡大に期待したい。

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company