閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

29
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 DAY4:MOTU

MOTU画面


to NAMM 2019 HOME

MOTUはDP10を発表しました。今回のメジャーアップデートでは、オーディオ、MIDIクリップをリアルタイムにトリガー可能なクリップウィンドウの実装や、Zynaptiqテクノロジーによるオーディオのストレッチ機能の強化、マルチサンプル音源の追加、VST3プラグインフォーマットのサポート、など、大量の機能追加、強化が施されています。

MOTUブース風景

新機能

  • オーディオ、MIDIクリップをトリガーするClip Windowの実装
    ライブ、コンサートの音源送出において、絶大なシェアを誇るDP。オケだしのポテンシャルを引き出すClip WindowがDP 10から追加されます!これによりシーケンスの再生に加えて、ワンショットのトリガーや半手動シーケンスなど、多様な用途にも対応できるようになります。
  • Zynaptiq™ ZTX PRO™テクノロジーによるストレッチオーディオ機能の追加
    Clip Windowsの追加とともに、各オーディオクリップに対して、オーディオストレッチが行えます。Zynapticのテクノロジーのもと、多様なオーディオ検出アルゴリズムで、プロジェクトに対して適切なオーディオ・ストレッチの処理が施せます。
  • ビート検出機能の強化(BEAT DETECTION 2.0)
  • 各種バーチャルインストゥルメント、ループ、クリップ、プラグインを瞬時に検索できるコンテンツブラウザ機能の追加
  • ウェーブフォームエディターの機能強化
  • VST3プラグインフォーマットのサポート
  • マルチサンプルのアコースティック楽器、シンセ、ループ、フレーズの5GBライブラリが付属
    UVI Workstationで機能する、MOTU MachFive 3をベースとしたサウンドバンクが追加。5GB、100種類以上のサウンドやループが標準で搭載されます。
  • Scalable UIは全体の拡大、縮小がショートカットコマンドで調整可能
    メインウインドウやサブウインドウをはじめ、最新の高解像度ディスプレイでも視認性の高い表示に対応します。画面の拡大縮小に対応し、文字や画面が見づらい!というストレスから解放されます。
  • Shift +スペースキーを押してRun Commandウィンドウを開くだけで、Digital Performerのすべての機能にすぐにアクセス
  • イベントリストクイックフィルターによるイベントリスト編集の高速化

MOTUブース風景

DP 10は近日中に発売が予定されているとのことで、2018年11月以降にアップグレードを含むDP 9シリーズをお求めいただいた方は、発売後に無償でDP 10アップグレードが提供される予定。また、販売価格は現行のDP 9シリーズの価格とほぼ同等となる予定です。

Writer : Tsuneyoshi
MOTU
http://www.motu.com

MOTUブース外観


to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月29日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company