閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

23
Feb.2017
ANTENNA

Prolight + Sound 広州 Day1 : Pro Audio 1

DSC06476

ついに始まったProlight + Sound Guangzhou ! (Guangzhou:広州の中国語発音。グアンジャオと読む)

私は日本から。ほかには中国/韓国/台湾は当たり前、マレーシア、イタリア、なんとブラジルからも各メディア記者達が訪れています。そしてこの画像は会場15分前のエントランス。現地の人たちもプロから一般人まで、とても期待して来場しているようです。来客者は実に様々な人種の坩堝。中国という場所柄もあり、中近東やロシアからもたくさんのオーディオ関係者がやってきます。

Prolight + Sound Guangzhouはこんなに注目されているのですね。

YAMAHA

DSC06505

楽器販売や音楽教室、製造など。中国に複数の業態の支社を持つYAMAHAのブースです。2016年10月にはAES67対応で話題になったDanteソリューションの普及を牽引します。

DSC06506

VCMアナログモデリングでサウンドメイクの楽しさをエンジニアに提供してくれるフラッグシップSRコンソールRIVAGE PM10。熱心に試していた彼は中国のPAエンジニア。Danteの普及について尋ねると「中国といっても広いので、全ては把握できない。でも今すぐにでも使いたい。」とのこと。

DSC06509

持ち出しPAも余裕のラック型コンソールTF-Rackを中心としたそのソリューション展示。コンパクトさというのはここ中国ではさほど大きなメリットと受け取られていないような気もしますが、タッチパネルによる操作性と利便性がウケているとのことです。

DSC06510

タッチパネルといえば、広州市街の公共施設やホテルの設備など、タッチパネルを始めとする接触センサー系のレスポンスが日本と比べてワンテンポ遅い気がします。そのせいでしょうか、このタッチパネルを驚きながら触り続けている人もいました。

中国での展開としてYAMAHAは現地の代理店を経由した製品販売も行っています。そのためYAMAHA製品の展示はここだけではなく、会場内いたるところにあります。さすが世界のYAMAHA。強大な信頼と人気を勝ち取っています。

YAMAHA
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/

Avid , SSL , DPA , GRACE Design ,Tube-Tech , Eventide

DSC06512

Rock oNでもおなじみのトップブランドばかりを扱う代理店のブースです。Prolight + Sound Guangzhou では海外メーカー独自のブースというのは珍しく、このように代理店がブースを作り、取り扱いブランドをずらり並べていることが多いです。

DSC06516

Avid S3 と Pro Tools | Dockのソリューション展示。もともとライブコンソールとして開発された堅牢性と優れたフェーダータッチを持つEuConコントローラーS3の可能性を、Pro Tools | DockのiPadを使ったタッチパネルが拡張します。Rock oNでも推奨するセットです。 iPadが気になってしょうがなかったのですが、次へ行きましょう。

DSC06513

Dante I/Oを搭載し、「2」へ進化したSolid State Logic Nucleus²。「2」は2倍ではなく2乗の意味です。タッチセンス付き100mmモータライズフェーダー。最大3台までのDAWをボタン一つで切り替えられるなどの利便性も持つ、拡張性の高いマルチDAWコントローラーです。サミングシステム Sigmaのチャンネルフェーダーも直接コントロールできるので、ぜひ一緒に展示して欲しかったです。

DSC06511

さすがDPAは人気。用途別のマウントアダプタを変えるだけで様々な楽器録音に対応するd:voteシリーズが特に人気のようです。会場内にはmy二胡を持った演奏者らしき男性の二人組が、マイク関連ブースをいくつも訪れているところを見ました。広州は二胡の名工や名奏者が多いため、そういうニーズにも応えられるDPAは高い信頼を得ています。お土地柄ですね。

DSC06518

DSC06517

DSC06514

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    エンジニア 杉山勇司氏に聞くAudiomoversを使ったミックスチェックフロー
    レコーディング・エンジニア 杉山 勇司さんによる「Audiomoversを使ったミックスチェックフロー」
    Ableton公式サイトで「Made In Ableton Live」公開!
    9人のアーティストがLiveを使った制作工程を紹介!
    R.O.B.(Rock oN Broadcasting)スタート!
    クリエイターを刺激するチャンネルが始動、音楽/映像制作に関わるディープな番組が目白押し!
    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-…
    「オノ セイゲン氏に聞くDSDの今とこれから」 ~KORG 1bit USB-DAC/ADC+ PREAMP 「Nu I」インプレッション~
    Sonnet Technologiesが「Solo5G USB 3 to 5 G…
    USB3.0接続の5ギガビットLANアダプタを発表!
    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company