閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Endorphin.es

2018050420180503SB_1Day_2_105_

金色に輝くトリッピーなデザインでお馴染みのEndorphin.esの新製品はなんとBlack&Goldカラー。その名もBLCK_NOIR!読み方は「ブラック・ノワール」ですね。ノワールと言えばそれはもうフィルム・ノワール。毎度楽しみなポスターのアートワークも今回はモノクロで、いつもの女性はまさにフィルムノワール的な4~50年代クラシックスタイルに身を包んでいます。相変わらずイカす!

2018050420180503SB_1Day_2_115_

このBLCK_NOIRはリズムマシンモジュールでした。7つの音色は全てアナログで生成される生々しいシンセサウンド。Roland CR-78にインスパイアされたサウンドですが、軽い感じは微塵もなく、ダンスミュージックよりのかなりごっついサウンドにチューニングされています。キックの音はもはやJeff MIllsみたいな音で聞いた瞬間に踊りたくなる音です。
またそれらのアナログサウンドにデジタルノイズを混入する事で音の存在感を際立たせることに成功しています。

2018050420180503SB_1Day_2_95_

Throttleというパラメーターはデジタルノイズを普通のノイズからメタリックなノイズまで変化させるパラメーター。こちらもCVでコントロール可能です。もう一つデジタルなのがエフェクトです。Grand Terminalのエフェクトと同じcabin pressureDSPエフェクトが搭載されております。ディレイをフリーズさせて使うのが非常にライブ的でしっくりきました。サウンドはマスターセクションからマージされてモノラルまたはステレオで出力されますが、 単体で取り出すことも可能です。面白いのはAUX INがあること。つまり単体のサウンドを取り出して外部で加工しまた戻して使えます。本体上部の単体サウンドジャックにパッチングするとマスターから切り離されます。

2018050420180503SB_1Day_2_103_

また、トリガーが入力されているときは一番下のボタンはミュートボタンとして動作します。トリガーが入力されていないときはマニュアルトリガーボタンになり、手動で発音させることができます。

とにかく簡単操作で、階層はなく直感的にワイルドなドラムサウンドを作り出すのがコンセプトのようです。深い理解が必要になるGrand Terminalとは対極的な存在とMoritzさんは話していました。直感的に触って楽しいマシンは良いですね!

2018050420180503SB_1Day_2_97_

そしてShuttle ControlもBlackカラーが発売されます。機能は通常のShuttle Controlと全く同じです。金と黒は映えますね!Flap ToolsのENdorphin特別仕様のケースも雰囲気バッチリです。

2018050420180503SB_1Day_2_110_

さらにお馴染みのあのキャラクターが印刷されたステッカーもデザインがフラットデザインになってさらに可愛くなっていました。

BLCK_NOIRは価格は600€で夏頃の発売を予定しています。Rock oNでもバッチリ仕入れますのでぜひ試してみてくださいね!

2018050420180503SB_1Day_2_116_

Writer:Shibuya
Endorphin.es:https://endorphin.es/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company