閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Pittsburgh Modular

SUPERBOOTH18

LIFEFORMシリーズが好調のPittsburgh Modularからは新製品が二つ登場しました!一つ目はこちらのシーケンサーモジュール「electronic sequence designer 128」です。4CH/32STEPの強力なステップシーケンサー。

SUPERBOOTH18

ぱっと見、8STEPが4trackかなと思ってしまいますが、SEQボタンが4つあり、それを押すとそれぞれのSEQ情報が呼びだ出され、4SEQ全てが最大32STEPで動作していることがわかります。シャッフルの設定や走行方向の指定ができ凝ったフレーズが作れそうですね。

SUPERBOOTH 2018

またスケールも豊富に用意されており、mjour、minor、bluesなど10種類のプリセットに加え、カスタムとして自らプログラムして保存できるスケールも2つ用意されています。フリーな感じで作って、CVにクンタイザーを噛ませても良いですが、いろいろなハードウェアをコントロールする場合は最初からクオンタイズされている良さもありますよね。直感的に操作しやすく、偶発性も楽しめる32Step/4CHのシーケンサーとして人気が出そうですね。価格は未定で発売は七月を予定。

SUPERBOOTH18

そしてこちらが二つ目の新製品「Primary Oscillator」です。これは強力なウェイヴシェイパーを備えた単体で幅広い倍音コントロールができるオシレーターモジュール。Pittsburgh Modularらしい堅実設計でフィルターでは実現できない滑らかでギュインギュイン鳴るけども金属的にはなりすぎない絶妙なウェーヴシィピングサウンドが魅力。サウンドにアクセントが欲しい人にオススメです! こちらは後2~3週間で出荷開始になる見込みです。価格は225ドル。

SUPERBOOTH 2018

こちらは今年のNAMMで話題だったmicrovolt 3900。ウェーブフォルダーやファンクションジェネレーターを備えた0-Coastのライバル機。いやはや、めちゃめちゃ良いです。

SUPERBOOTH18

Writer:Shibuya
Pittsburg Modular:https://pittsburghmodular.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company