閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

22
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : EVE AUDIO

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN EVE AUDIO

前回のSUPERBOOTH16に引き続き今回も展示ブースで圧倒的なシェアを見せるEVE AUDIO。今回はADAM AUDIOやKRKなども良く見られましたが、それでもEVE率が高かったです。モジュラーブースの爆音に揺れるウーハーユニットを何度も見ました。SUPERBOOTH17では大きめの部屋に特設ブースを用意し、Synth4GirlsやSounds Of The Organなど様々なイベントを開催していました。

SUPERBOOTH17 Rock oN EVE AUDIO

クラシックオルガン奏者のMartin Knizia氏によるエレクトリックオルガンの演奏と音楽の歴史を物語るトークから、クラシック音楽に影響をうけたモダンなエレクトロニックミュージックまでつなげる粋なプログラム。

エレクトリックオルガンのサウンドはEVE AUDIOのSCシリーズから出力されており、疲れた体に染み渡る非常にノスタルジックで荘厳なサウンドでした。EVEの特徴とも言えるClass-Dアンプのサウンドとマッチしており、内部歪みの起きないEVE AUDIOならではの素のままのオルガンの音が楽しめました。

エレクトロニックミュージックのパートでは、ずらりと機材が並べられ、Verbos ElectronicsのコントロールキーボードやdreadboxのErebusなど気合いの入ったセッティングがされていました。新旧テクノロジーの邂逅はぐっとくるものがありますね。

20170421superbooth_2day_8_

SUPERBOOTH17 Rock oN EVE AUDIO

Writer:Shibuya


Eve Audio
http://www.eve-audio.com/




SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月22日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート