閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

22
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Rossum Electro-Music

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170421superbooth_2day_26_

轟音鳴り響くRossum Electro-Musicのブースに行ってきました!Rossum Electro-Musicはその名の通り、あのE-muの共同設立者Dave Rossum氏率いるブランド。長年のパートナーであるMarco Alpert氏と共に、凄まじいスペックのモジュールを開発しています。写真左がDave Rossum氏、右がMarco Alpert氏。感激の2ショット!

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

ここ最近パワフルなサンプラーモジュールが一種の流行りのように登場していますが、遂にRossum Electro-MusicからMulti-Timbral Phase Modulation Sampler Assimil8orが登場しました。E-muの生みの親によるサンプラーモジュール。誰もが待ちわびたことでしょう。E-muといえばリッチでパワフルなサンプラーを思い浮かべると思いますが、このモジュールではサンプルレートなどを外部CVでガンガンに変更することができ、サウンドを自由自在に破壊できます。

サンプルの発音はパーカシッブなワンショットからロングディケイサウンド、そしてループもできます。デモンストレーションを聞いていて一番興味を惹かれたのはビットデプスをリアルタイムに変えた時。単純なビットリダクションとも違う素晴らしいサウンドでした。またフェイズモジュレーションで原音からかなりかけ離れたサウンドも生成可能。年内の発売を目指しているとのこと。

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

そしてこちらも新製品SATELITE。同社の強力なファンクション・ジェネレーターControl Forgeからプリセットやシーケンスデーターをロードしてスタンドアロンで使えるCVジェネレーターです。一つのControl Forgeから複数台のSATELLITEを同期させることができかなり複雑なパターン生成ができそうです。

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum


同社の大ヒットモジュールMORPHEUS。モンスター的なマルチモード・フィルターといえば良いでしょうか。E-mu MORPHEUSに搭載されていたデジタルフィルターを抜き出して改良したもの。デジタルならでは14ポールのフィルターです。
このMORPHEUSは画面に立方体はCubeと呼ばれその8つの頂角に異なる周波数特性のフィルターがアサインされており、その中のポイントを三次元で彷徨うことでフィルターモーフィングができるというもの。ちなみにオリジナルのMORPHEUSのフィルターはリアルタイムには一次元でしか動かせませんでしたが、このMORPHEUSはリアルタイムに3次元で動かせます。大人気は衰えず、3週間待ちとのこと!

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

Writer:Shibuya


Rossum Electro-Music
http://www.rossum-electro.com/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月22日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company