閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

22
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Rossum Electro-Music

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170421superbooth_2day_26_

轟音鳴り響くRossum Electro-Musicのブースに行ってきました!Rossum Electro-Musicはその名の通り、あのE-muの共同設立者Dave Rossum氏率いるブランド。長年のパートナーであるMarco Alpert氏と共に、凄まじいスペックのモジュールを開発しています。写真左がDave Rossum氏、右がMarco Alpert氏。感激の2ショット!

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

ここ最近パワフルなサンプラーモジュールが一種の流行りのように登場していますが、遂にRossum Electro-MusicからMulti-Timbral Phase Modulation Sampler Assimil8orが登場しました。E-muの生みの親によるサンプラーモジュール。誰もが待ちわびたことでしょう。E-muといえばリッチでパワフルなサンプラーを思い浮かべると思いますが、このモジュールではサンプルレートなどを外部CVでガンガンに変更することができ、サウンドを自由自在に破壊できます。

サンプルの発音はパーカシッブなワンショットからロングディケイサウンド、そしてループもできます。デモンストレーションを聞いていて一番興味を惹かれたのはビットデプスをリアルタイムに変えた時。単純なビットリダクションとも違う素晴らしいサウンドでした。またフェイズモジュレーションで原音からかなりかけ離れたサウンドも生成可能。年内の発売を目指しているとのこと。

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

そしてこちらも新製品SATELITE。同社の強力なファンクション・ジェネレーターControl Forgeからプリセットやシーケンスデーターをロードしてスタンドアロンで使えるCVジェネレーターです。一つのControl Forgeから複数台のSATELLITEを同期させることができかなり複雑なパターン生成ができそうです。

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum


同社の大ヒットモジュールMORPHEUS。モンスター的なマルチモード・フィルターといえば良いでしょうか。E-mu MORPHEUSに搭載されていたデジタルフィルターを抜き出して改良したもの。デジタルならでは14ポールのフィルターです。
このMORPHEUSは画面に立方体はCubeと呼ばれその8つの頂角に異なる周波数特性のフィルターがアサインされており、その中のポイントを三次元で彷徨うことでフィルターモーフィングができるというもの。ちなみにオリジナルのMORPHEUSのフィルターはリアルタイムには一次元でしか動かせませんでしたが、このMORPHEUSはリアルタイムに3次元で動かせます。大人気は衰えず、3週間待ちとのこと!

SUPERBOOTH17 Rock oN Rossum

Writer:Shibuya


Rossum Electro-Music
http://www.rossum-electro.com/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月22日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート