閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

22
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Twisted-Electrons

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

黒いアルミ筐体が一貫した世界観を作り上げているTwisted-Electronsブース!

IMG_0254.JPG

新製品Crazy8は MIDIとCV両対応のハイブリッド8トラックシーケンサー。4つのCV/Gateアウト、2つのMIDIアウト(MIDIトラックは8)、1つのMIDIインプット搭載。MIDIトラックは5つのノートのコードまで入力できるので、周りでモノシンセをひたすら走らせるシーケンサーというよりはもうちょっとパッド演奏などが得意そうでした。また、ステップレングスが調整できたり、シーケンス走行方向も4つから選べるのでポリリズミックなフレーズもありでした。

IMG_0255.JPG

こちらはMOS Technology 6581/8580 SIDチップによるハッシュなサウンドが魅力の3ボイス・パラフォニックシンセ therapsid MKII。書き換え可能な99種類のプリセットがあり、9種類のジャンルに分けられています(BASS、LEAD、CHORDなど)。各ボイスの搭載波形は矩形波、三角波、ノコギリ波、そしてノイズです。ノイズはコンプレックスノイズと言われており普通のホワイト/ピンクノイズよりざわざわしたサウンド。
面白いと思ったのはフィルターがアナログのマルチモードであることです。SID特有のサウンドをマイルドなアナログ回路に通すことで非常に良い感じに汚れた感じのキャラクターでした。そのほか3つのLFOによる幅広いモジュレーションやアルペジエイターによるフレーズ作りなど、一台で楽しめる内容でした。個人的な印象ではVERMONA PerFourMerがデジタルっぽい尖ったサウンドになった感じでした!

IMG_0256.JPG

acid8 MKIIはSID、303、Prophet系など16種類の波形とアナログフィルター、そして強力なDSPエフェクトを搭載したビッキビキなグルーブマシン。PWMができたりアルペジエイターが搭載されていたりとニヤリとさせられる仕様。エディターソフトを使ったパターンエディットも可能。これは欲しい。。

IMG_0253.JPG

AY-3-8912サウンドチップを搭載した6ポリデジタルシンセモジュールのAY3。かなり小さな筐体にシーケンサーやアルペジエイターを詰め込んだ、こちらも単なる8-bitサウンド枠では収まりきらない魅惑の一台。コンセプトやルックスが定まっているブランドは見ていて楽しいですね!

IMG_0251.JPG

Writer:Shibuya


Twisted-Electrons
http://twisted-electrons.com/


SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月22日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート