閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

22
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Twisted-Electrons

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

黒いアルミ筐体が一貫した世界観を作り上げているTwisted-Electronsブース!

IMG_0254.JPG

新製品Crazy8は MIDIとCV両対応のハイブリッド8トラックシーケンサー。4つのCV/Gateアウト、2つのMIDIアウト(MIDIトラックは8)、1つのMIDIインプット搭載。MIDIトラックは5つのノートのコードまで入力できるので、周りでモノシンセをひたすら走らせるシーケンサーというよりはもうちょっとパッド演奏などが得意そうでした。また、ステップレングスが調整できたり、シーケンス走行方向も4つから選べるのでポリリズミックなフレーズもありでした。

IMG_0255.JPG

こちらはMOS Technology 6581/8580 SIDチップによるハッシュなサウンドが魅力の3ボイス・パラフォニックシンセ therapsid MKII。書き換え可能な99種類のプリセットがあり、9種類のジャンルに分けられています(BASS、LEAD、CHORDなど)。各ボイスの搭載波形は矩形波、三角波、ノコギリ波、そしてノイズです。ノイズはコンプレックスノイズと言われており普通のホワイト/ピンクノイズよりざわざわしたサウンド。
面白いと思ったのはフィルターがアナログのマルチモードであることです。SID特有のサウンドをマイルドなアナログ回路に通すことで非常に良い感じに汚れた感じのキャラクターでした。そのほか3つのLFOによる幅広いモジュレーションやアルペジエイターによるフレーズ作りなど、一台で楽しめる内容でした。個人的な印象ではVERMONA PerFourMerがデジタルっぽい尖ったサウンドになった感じでした!

IMG_0256.JPG

acid8 MKIIはSID、303、Prophet系など16種類の波形とアナログフィルター、そして強力なDSPエフェクトを搭載したビッキビキなグルーブマシン。PWMができたりアルペジエイターが搭載されていたりとニヤリとさせられる仕様。エディターソフトを使ったパターンエディットも可能。これは欲しい。。

IMG_0253.JPG

AY-3-8912サウンドチップを搭載した6ポリデジタルシンセモジュールのAY3。かなり小さな筐体にシーケンサーやアルペジエイターを詰め込んだ、こちらも単なる8-bitサウンド枠では収まりきらない魅惑の一台。コンセプトやルックスが定まっているブランドは見ていて楽しいですね!

IMG_0251.JPG

Writer:Shibuya


Twisted-Electrons
http://twisted-electrons.com/


SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月22日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company