閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

19
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH2017 直前情報 : Endorphin.es

es_shuttle_startseite_wo_patch_170307

ウェーブシェイパーやキャリアオシレーターの変調による音生成をする、西海岸系モジュラーシンセメーカー Endorphin.esがSUPERBOOTH17で新製品『SHUTTLE』を発表します!

julia_szc_web_starter_151221ゴールドのトップパネルにかわいいパラメーターアイコンが散りばめられたルックスは、開発者のGiulia Bondar女史のセンス。美しさも兼ね備えた彼女はEndorphin.esのモデルとしても活躍しています。爪を短く整えた(例えば上の画像でSHUTTLEを抱いているのは彼女です。よく見ると、爪をきれいに整えた開発者の手であることがわかるでしょう。)

endorphin

さてこのSHUTTLEの特徴はオールインワンということ。これまでeuro rackのモジュールをメインに開発していたEndorphin.esでしたが、SHUTTLEは新しい試みです。

SHUTTLEはこのサイズに5つのモジュール相当の機能が詰め込まれています。

Shuttle Control (SC)

sc

16 channel USB->MIDI->CV interface with almost infinite possibilities interpreting MIDI events into
analogue control voltages—including CV/Gate, random or noise generators, MIDI or tap-clocks, utility LFOs and envelopes

Furthrrrrr Generator (FG)

fg

dual triangle-core VCO with a waveshaper

Grand Terminal (GT)

gt
dual voltage controlled gate with 8 resonant filter modes (ladder, diode, lpg, state variable, comb)
・dual envelope generators (voltage controlled) with looping/AD/ASR with arbitrary voltage to control slope shapes:from EXP to LIN to LOG without stretching the length of a certain slope (GT)
・Cabin Pressure audio FX processor with 8 selected effects (GT)

Cockpit

cockpit

4 stereo channel mixer with sidechain ducking

Gateway (GW)

gw

dual 1+1 utility mixer and auto-tuners to scale, offset and invert voltages


西海岸系シンセでオールインワンというと、似たコンセプトでMAKE NOISEの0-Coastがありますが、SHUTTLEにはUSB<>MIDI<>CVコンバーターが付いているのが特徴ですね。DAWや外部音源との同期もこれなら楽チンでしょう。

SUPERBOOTH会場では、レポーターが開発者のGiuliaさんに会ってくるでしょう。たのしみです!

Writer.Tomita
Endorphin.es
http://www.endorphin.es/endorphin.es–shuttle.html

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company