閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : eowave 速報

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

QS_1

*本製品のレポート画像は後ほど公開します。

フランスのシンセサイザーブランド eowaveの新製品 Quadrantid Swarm がSUPERBOOTH17で登場!

Quadrantid Swarmは漂うドローンから過激なノイズの嵐までを奏でるタッチ鍵盤付きデジタルシンセサイザーです。

2poleのマルチモードフィルターを搭載し、8種類もの波形を持つLFOとディープなスプリングリバーブのおかげで非常にドリーミーかつドープなサウンドを奏でます。オシレーターにはパーカッシブエレメントと言われる打楽器的なサウンドもあるため、単なるドローンだけではない、リズミカルなフレーズも作ることができます。

Quadrantid SwarmはLFOを含む一部機能がセミパッチング式になっています。パッチはただ繋ぎかえるだけではなく、信号を分岐したり他機器をつないだりできるため、楽器の可能性を広げてくれます。特に8種類用意されたLFOをそれぞれアサインすることで、複雑な動きのあるサウンドが奏でられます。

電極式のタッチ鍵盤は

・mono
・poly
・8ステップシーケンサー

の3モードを切り替えて使用可能。鍵盤にかぶさるように付いたノブもステップシーケンサー時にパラメーターをアサインして使えます。

同期関連はMIDI in, CV/Trig in, Clock inを装備。せっかくシーケンサーがついているのでoutも欲しかったな、というところですが、それは次回作に期待しましょう。

いわゆる音階を演奏するタイプではないシンセサイザーは使いどころが難しいのですが、Quadrantid Swarmはパーカッシブエレメントによるリズミカルなフレーズが心地よいのであれこれ試してみたくなります。

発売日は近日公開。価格は499ユーロ(約¥59,000)。ちょうどイイお値段ですね。日本でも発売してほしいです。

スペック

  • triangle wave osc with spread fold
  • perc element with freq
  • 2 pole filter, filter one high/low pass 12db, filter 2 low pass 12db
  • AD envelope
  • 1 x LFO with 8 waveforms
  • slew limiter
  • spring reverb
  • 8 touch keys with 3 modes – mono, poly and sequencer
  • MIDI in, CV/Trig in, Clock in/Reset in to communicate with other devices
  • VCA

Writer. Tomita

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company