閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : JOMOX

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170420superbooth_1day_68_

個性的なアナログシンセドラム音源でダンスフロアを揺らす、ご当地ドイツの『JOMOX』ブースに新製品!

アナログキックやサンプリング金物を含む11のドラムインストゥルメンツ、サンプラー、4オペFMシンセサイザー、シーケンサーを搭載したフラッグシップ機『ALPHA BASE』の登場にJOMOXファンは大興奮です!

SBDay1_TMA_10_1

このALPHA BASEは1996年にリリースされた909インスパイアのリズムマシンXBase09 から20年以上に渡って培われた技術の結晶です。キックは専用音源MBase11から。ハイハットはXBase 999から。パーカッションは専用音源MBrane11から技術を引き継ぎ、それを進化させてバランス良く融合。

これまでRoland TR-808や909を意識したアナログのドラム音源は数多くありますが、JOMOXのサウンドは特に個性的でXBase09からその個性を貫き続けています。ぎゅっと詰まった中域とクセのある倍音に、その音を聞いただけでJOMOXと分かる人も多いのではないでしょうか。

とはいえこのALPHA BASEのサウンドはメーカーが「過去最高のドラムサウンド」というだけあって説得力があります。太さと荒々しさがあり、はじめはアナログレコードがかかっているのかと勘違いしたほどの完成されたテクノサウンド。搭載したリバーブとの相性が良くて、テクノレーベルBASIC CHANNEL系のドラムがこれ1台で完結できます。

従来のデザインを踏襲したデスクトップタイプで、ひと目でJOMOXと分かる色使いもクールです。

20170420superbooth_1day_68_

ALPHA BASEはアナログ音源の他に4オペレーター/6ボイスのFMシンセサイザーを搭載。いわゆる一般的なシンセサウンドやベースはもちろん、FMシンセのメタリックな音を利用したパーカッション音も作れます。そして更に最大4秒のメモリができるサンプラーも搭載。サンプルは本体で直接録音可能ですがSDカードを介してインポートも可能。フォーマットはWAV/AIFF mono 16bit / 48kHzとなっており、サンプルは本体内で編集可能。ピッチ、音量、Loop Phaseをモジュレーション可能です。

シンセサイザー音源の歴史を紐解くと、まずアナログ音源から始まり、次にアナログ音源では不得意な奇数倍音を生成できるFMシンセが脚光を浴び、次にリアルな音源再生を求めてPCM音源が台頭した歴史がありますが、このALPHA BASEにはその歴史が凝縮されていると感じました。

20170420superbooth_1day_69_

お次は、11トラックの16ステップシーケンサー。トラックごとにシャッフルやステップ解像度を変更可能。そして ALPHA BASEの各パラメーターの値をシーケンサーのステップごとに記録させるパラメーターロック機能付き。この機能は複雑な音変化をプログラム可能にし、トラックの作り込みの幅がぐっと広がりました。

そして本体上部16個のツマミは音色作りに集中出来るだけでなく、ライブパフォーマンスの際にも両手でパラメーターを同時エディット出来ます。ツマミ間のスペースがゆったり取られているのはエディットしやすいですね。

20170420superbooth_1day_70_

本体背面に横長の溝を確認。これはサンプルデータを本体に読み込むためのSDカードスロットです。Midi入出力はもちろん、USB端子が付いているのでパソコンにUSBケーブル直結で使用可能。(MIDI送受信のみでオーディオインターフェース機能はありません)

これまでと変わらないアナログの「JOMOX」サウンドを主張しつつ、FMやPCM音源方式を融合進化したこのALPHA BASEで、新しいジャーマンテクノが産声を上げる事でしょう!

Writer.Ibe

JOMOX
http://www.jomox.de/product_details.php?lang=1&category=1&product_id=21

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company