閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

23
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Native Instruments

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

img-ce-full-reaktor_6_blocks_blocks-1-3-f4bbf0b71ec3649c946e1e9331abbad8-d

前回のSUPERBOOTHで全世界待望のReaktor 6 Blockを電撃公開し、長年のアップデートを待ちわびたファンを喜ばせたNative Instrumentsブース。今年はBlocks1.3のアップデート発表と共に新しいKodiakという5つのblockモジュールからなるシリーズが登場しました。Kodiakシリーズはアップデート時に無償提供されますよ!
今回もNative Instruments Product Design+Developerを務めるDave Forrestor氏にデモンストレーションをしてもらいました!



まずはDuality OSC。ウェイブ・シェイピングに長けたオシレータモジュール。Dave氏曰くソフトなサウンドからエクストリームなサウンドまで網羅。ティンバーモジュレーションのサウンドが非常に強力でダブステップやドラムベースのシンセベースに最適なサウンド!

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

そして次はFLIP GEN 。少し変わったトーンジェネレーターで、二つの周波数設定をスイッチすることで波形を偏重し、オリジナルなサウンドテクスチャーが生成できます。スイッチのスピードを上げればオシレーターの周波数をクロスモジュレーションした時に近いサウンドなり、面白いのがそこに「instability(不安定性)」なるパラメータを動かすことで一気に予想外のサウンドへ。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

シーケンサーモジュールも二つ登場。Shift SequencerとCurve Sequencer。Shift SequencerはPitch、オクターブ、ベロシティ、ホールド、ゲートの5つのパラメータを持ち、それらの値をステップ毎に入力します。ステップレングスや走行方向は個別に自由にアサインできるため、非常にオーガニックなシーケンスが簡単に組めますね。
そしてCurve SequencerはMASSIVEのPerformerから着想を得たもので、複雑なステップモジュレーションに対応。Shift Sequencerと組み合わせることでafx analordみたいなサウンドがいけていました。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

最後の一つはMorph Sequencer。母音、コード、高音のパーカッションのモーフィングができるかなりユニークなフィルターモジュール。なぜそのモーフィング!?と思いましたが、サウンドを聞いてオリジナリティに圧倒されました。

モーフィングさせたいパラメーターを自由にアサインしてXY軸でモーフィングします。母音のモーフィングは完全にdaft punk!すぐあの声になります。そしてコードモーフィングはドラマチックで美しく、その手があったかと思わせるサウンド。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

どれも個性的で非常に楽しみです!

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

Writer:Shibuya

Native Instruments:https://www.native-instruments.com/jp/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月23日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート