閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

23
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY3 : Native Instruments

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

img-ce-full-reaktor_6_blocks_blocks-1-3-f4bbf0b71ec3649c946e1e9331abbad8-d

前回のSUPERBOOTHで全世界待望のReaktor 6 Blockを電撃公開し、長年のアップデートを待ちわびたファンを喜ばせたNative Instrumentsブース。今年はBlocks1.3のアップデート発表と共に新しいKodiakという5つのblockモジュールからなるシリーズが登場しました。Kodiakシリーズはアップデート時に無償提供されますよ!
今回もNative Instruments Product Design+Developerを務めるDave Forrestor氏にデモンストレーションをしてもらいました!



まずはDuality OSC。ウェイブ・シェイピングに長けたオシレータモジュール。Dave氏曰くソフトなサウンドからエクストリームなサウンドまで網羅。ティンバーモジュレーションのサウンドが非常に強力でダブステップやドラムベースのシンセベースに最適なサウンド!

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

そして次はFLIP GEN 。少し変わったトーンジェネレーターで、二つの周波数設定をスイッチすることで波形を偏重し、オリジナルなサウンドテクスチャーが生成できます。スイッチのスピードを上げればオシレーターの周波数をクロスモジュレーションした時に近いサウンドなり、面白いのがそこに「instability(不安定性)」なるパラメータを動かすことで一気に予想外のサウンドへ。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

シーケンサーモジュールも二つ登場。Shift SequencerとCurve Sequencer。Shift SequencerはPitch、オクターブ、ベロシティ、ホールド、ゲートの5つのパラメータを持ち、それらの値をステップ毎に入力します。ステップレングスや走行方向は個別に自由にアサインできるため、非常にオーガニックなシーケンスが簡単に組めますね。
そしてCurve SequencerはMASSIVEのPerformerから着想を得たもので、複雑なステップモジュレーションに対応。Shift Sequencerと組み合わせることでafx analordみたいなサウンドがいけていました。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

最後の一つはMorph Sequencer。母音、コード、高音のパーカッションのモーフィングができるかなりユニークなフィルターモジュール。なぜそのモーフィング!?と思いましたが、サウンドを聞いてオリジナリティに圧倒されました。

モーフィングさせたいパラメーターを自由にアサインしてXY軸でモーフィングします。母音のモーフィングは完全にdaft punk!すぐあの声になります。そしてコードモーフィングはドラマチックで美しく、その手があったかと思わせるサウンド。

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

どれも個性的で非常に楽しみです!

SUPERBOOTH17 Rock oN Native Instruments

Writer:Shibuya

Native Instruments:https://www.native-instruments.com/jp/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月23日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company