閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : Novation

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170420superbooth_1day_54_

ついにこの時が来た! NovationがSUPERBOOTH17で2つの新製品を発表です。迷路のようになったブースを奥へ進むと…

PEAK

20170420superbooth_1day_64_

新製品の一つ PEAK がお出迎え。PEAKは3オシレータ、8ボイス・デスクトップ・ポリフォニックシンセです。

気になるのはオシレーターに採用された「Oxfordオシレーター」。これはNoavtionのNova/Super Nova IIの開発者であるChris Huggett 氏が立ち上げたOSC (Oxford Synthesizer Company)をうかがわせるネーミングです。どういったものなのかは続報でお伝えしますが、これは2つの方式を持ったデジタルオシレーターです。

一つはメーカー曰く「高品質のNCO(数値的に制御されるオシレータ)により完全なアナログサウンドになる」。というアナログシンセスタイル。そしてもう一つは17のウェーブテーブルを持ったウェーブテーブル方式となります。

アナログライクなNCOとウェーブテーブルはクロスモジュレーションによりさらに複雑なサウンドに変化させることができます。

8ボイスのPEAKはボイスごとにレゾナント・マルチモード・アナログフィルタを搭載。さらにボイスごとにプリフィルタ、ポストフィルタ、グローバルの3ポジションにディストーションを配備するという徹底ぶり。ソフトシンセとプラグインによるディストーションテクニックをそのままハードウェアシンセで活かせますね。

他にはアルペジエーター、コーラス、リバーブでサウンドをよりゴージャスにエディット。

20170420superbooth_1day_62_

PEAKは背面にMIDI In/Outと、他のモジュラーシステムとの統合を可能とするCVモジュレーション入力を装備。またUSB端子はパッチエディットのためのComponentsソフトウェアをインストールしたPC/Macと接続の為に使われます。

強力なウェーブテーブルオシレーターとボイスごとに置かれたフィルターとディストーションがPEAKの特徴でしょう。上記しましたが、PEAKはソフトシンセとプラグインを使ったテクニックがそのまま使える、ソフトシンセと張り合うハードウェアシンセだと思います。

Circuit Mono Station

20170420superbooth_1day_60_

こちらはマトリクスタイプのシーケンサー付き2ボイスモノシンセCircuit Mono Station。先に発売されている単体グルーブマシンCircuitとは似て異なるものです。

Circuit Mono Stationはインパクト大の32ベロシティ対応RGBパッドが合計32個並んだシンセサイザーとは思えないルックス。リズムマシンみたいでしょ?違うんです。シンセなんです!

Circuit Mono Stationはモノシンセサイザーを2基搭載。3つのモードを持つディストーションと、ハイパス、ローパスの12dB/24dBフィルター。

シーケンサーは3トラックあり、2つがモノシンセそれぞれ。もう一つがモジュレーションの為だけに使われます。このモジュレーショントラックはCV outを経由して外部機器へモジュレーションソースを届けます。

20170420superbooth_1day_61_

Circuit Mono StationにはAUDIO IN/OUT 、MIDI In/Out、USB、CV、GATEの入出力が備わっています。これでDAW、デジタル機器、アナログリズムマシン、モジュラーシンセ、エレキギターほかありとあらゆる楽器をつなぎ拡張することが可能です。メーカーもそういった使い方を推奨しているようで、その証拠にCircuit Mono StationにはなんとLive liteがバンドルされます。

まるでableton live9の専用コントローラーPUSHのようにマトリクスで入力するシーケンサーは、鍵盤を使ったそれとは違いDAWとソフトシンセを使った作曲に似ているかもしれません。Circuit Mono Stationはこれまでの枠からはみ出るライブスタイルのシンセサイザーと言えるでしょう。

20170420superbooth_1day_55_

20170420superbooth_1day_56_

20170420superbooth_1day_57_

新製品のPEAKとCircuit Mono Stationにたどりつくまで、歴代の有名シンセサイザーを時代順で展示していたNovationブース。

20170420superbooth_1day_58_

言葉は無くとも歴史の重みを感じさせる展示が印象的でした。

Writer.Tomtia

Novation
https://us.novationmusic.com/

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company