閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

20
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH2017 直前情報 : Novation

Novationから新製品が2つも登場!画期的なニュー・オックスフォード・オシレータを搭載したデスクトップシンセサイザー『Peak』。4×8マトリクスシーケンサーを搭載したBass Station II譲りの本格的なシンセ『Ciucuit Mono Station』!

Peak

PEAK
3オシレータ、8ボイス・デスクトップ・ポリフォニックシンセ
Peakは各々のボイスのために3つの新しいオックスフォードオシレータを装備する8ボイス・デスクトップシンセサイザーです。オシレータは高品質のNCO(数値的に制御されるオシレータ)により完全なアナログサウンドとなり、17のデジタルウェーブテーブルによってデジタル領域の柔軟性も得ることができます。これらはアナログサウンドのNCOかデジタルウェーブテーブルを使うか、どちらかによってリニアのFMソースになる、反復するループ内でクロスモジュレーションが可能となります。

Peakには、各々のボイスのためにレゾナント・マルチモード・アナログフィルタがあり、また、3つのディストーションポイントが各ボイスのために存在します。ぷりフィルタ、ポストフィルタ、グローバル、これらはアナログ信号チェーンに装備されています。

Peak-3Peakはポリフォニックのアフタータッチに対応しており、指先のタッチをも正確に表現します。リバーとディレイとコーラス効果は自由にプロセス可能で、オンボード・アルペジエータも搭載されています。

メインコントロールのモジュレーション・システムには、16スロット・モジュレーション・マトリクスと16のダイレクト・アサインメントがあり、分かりやすい直感的なパッチデザインとサウンドデザインのためにアレンジされました。

PeakはリアパネルにCVモデジュレーション入力が設けられており、これによりモジュラー・システムに接続され、また同じくリアパネルの5ピンDINポートのMIDI I/Oを使用してたのMIDI危機に接続することも可能です。PeakはUSB経由でMacまたはPCに接続され、Componentsソフトウェアを使用することによって無制限のパッチを継続して使用できます。

主な特徴

  • 革新的なニュー・オックスフォード・オシレータは2つの波形精製技術を使用:NCO(数値的に制御されるオシレータ)と17のデジタルウェーブテーブル
  • プリ・フィルタとポスト・フィルタ・ディストーションが各ボイス毎に搭載され、さらにグローバル・ディストーションを追加。ポリフォニック・アフタータッチとリニアFM。高品質のリバーブ、ディレイ、コーラスエフェクトと、アルペジエータを搭載
  • 広範囲なモジュレーション・システム(フロントパネル上でコントロールされる16スロットのモジュレーション・マトリクスと16のダイレクト・アサインメント)。3つのADSRエンベロープとボイスにつき2つのLFO(アニメート・ボタンをプラス)
  • モジュラー・システムで統合するためのCVモジュレーション入力
  • コンパクトなデスクトップ・モジュールデザイン。オプションのダイキャスト・アルミニウム・スタンド(別売り)

Circuit Mono Station

Circuit-MS

3つのシーケンストラックを持つパラフォニック・シンセサイザー

Circuit Mono StationはBass Station IIから始まる次世代のシーケンスド・モノシンセで、オリジナルのCircuitに搭載される32ベロシティ対応RGBパッドの恩恵を受けつつ、さらに3つのシーケンサー・トラックを装備します。

このSynthには、2つのオシレーター、3つのディストーション・モード、プラス1つのマルチモード・フィルタがあり、ハイパス、ローパス、バンドパスギルターを装備します。加えてCircuit Mono Stationには強力なデイストーションをも演出します。

Circuit-Mono-Station-64×8のモジュレーションマトリクスはLFOカラ4つの波形、エンベロープ、シーケンサーあるいはベロシティを伴ってルーティングさせることが可能で、ピッチ、パルス幅、アンプ、フィルタ、ディストーションまたはCVのために複雑なモジュレーションの作成を可能にします。

Circuit Mono StationはCVやゲート、モジュレーション・アウトを通して別のハードウェアをコントロールします。MIDI in, OutとThruが装備されているので、他のMIDI危機を接続することができます。音声シグナルをオーディオインプットに入力するとアナログフィルターとディストーションの新たな世界を切り開きます。オーディオインプットとModシーケンサーを使うと、音声ソースは全く新しいサウンドととして進化し、処理を施すことも可能です。

USBによって、Circuit Mono StationはMacまたはPCに接続され、無制限のパッチをはComponentsを使って管理することができます。

主な特長

  • 同期とチューニング・パラメータの個々の制御による2つのオシレータ
  • ハイパス、ローパスト12dBと24dBのスロープによる帯域フィルター
  • 3つのデイストーションモード
  • 個々のコントロールでモノフォニックかパラフォニックを選択
  • 複雑な変更とルーティングを可能にする4×8モジュレーションマトリクス
  • デバイス上で最大64までのパッチをリコール&保存可能
  • 3つのシーケンサートラック(2つのオシレータ・シーケンサー、1つのモジュレーション・シーケンサ)
  • 32のベロシティ対応RGBパッド
  • 16のスケールタイプ
  • 可変可能なシンクレート
  • CV/Gate、CV ModプラスMIDI In(別のハードウェアをつないで制御するためのOutとThru)
  • オーディオインプットを使い音声ソースを進化させて処理
  • Componentsによるパッチとセッションのバックアップ
  • Ableton Live Liteライセンスと4GBに及ぶLoopmastersサウンド

各社からアナログシンセが出尽くした感があるシーンに、老舗のNovationは新しいオシレーターのPeakと、新旧タイプのコントロール方式をミックスしたライブシンセのCiucuit Mono Stationを投入してきました。何と言っても気になるのはそのサウンド。会場からリアルなレポートでお伝えしますね!あと数時間。どうぞお楽しみに!

Writer.Tomita
Novationhttps://us.novationmusic.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company