閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : Verbos Electronics

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

20170420superbooth_1day_34_
最近拠点をニューヨークからベルリンに移したVerbos Electronics。新製品はすでに話題のBark Filter Processor。同社のHarmonic Oscillatorに似ていて、すぐにVerbosとわかるデザインですが、各帯域ごとに独立したアウトプットとエンベロープフォロワーを備える12バンドのフィルターバンクです。
20170420superbooth_1day_35_
ここで皆さん、Bark Scaleって知ってますか?これは音響心理学に用いられる尺度のことです。1~24の尺度範囲を持ち、今回Bark Filter Processorに採用されている周波数帯域は100Hz, 300Hz, 510Hz, 770Hz, 1.08kHz, 1.48kHz, 2kHz, 2.7kHz, 3.7kHz, 5.3kHz, 7.7kHz 10,5 kHz.の12個です。

各帯域のレベルは12本のフェーダー及び外部CV入力でコントロールすることができますが、そのほかにHarmonic Oscillatorでも搭載されていたSCANファンクションにより、フェーダーとは独立してダイナミックに制御することができます。

※電波干渉によりAノートに近いノイズが入ります。

2つのオーディオ入力はそれぞれが奇数/偶数のフィルターの帯域用に分かれていて、デュアル6バンドフィルタバンクとして使用することもできます。
20170420superbooth_1day_32_

752ユーロで発売中。

Verbos Electronics:http://www.verboselectronics.com/

Writer:Shibuya

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report

SUPERBOOTH17 Rock oN Show Report01_04
SUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show ReportSUPERBOOTH17 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company