閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY1 : WAVES 速報

sending-headphone-mixes-multiple-nx-head-trackers3

*本製品のブースレポートは後ほど公開いたします。

ハイエンド・スタジオのような自然な奥行きと広がり、音響空間をヘッドフォンで再現する、バーチャル・モニタリング・プラグインNxは最大6台までの専用Head Trackerを同時認識に対応する驚異のアップデートを発表!

接続図のように複数のミュージシャンに対してもも同時にスウィートスポットを提供することが可能になりました。設定もシンプルで、各ミュージシャンがセットアップしたAUX BUSにNxをインサートしHeadTrackerアプリを起動。あとは各Head Trackerを起動すればMac環境であれば全て自動認識します。

sending-headphone-mixes-multiple-nx-head-trackers1

あとはソフトウェア上の各チェックボックスで起動するだけ。もちろん台数相応のDAW側出力アサイン、及びインターフェース側の出力端子は必要となりますがHead Trackerが持つセンシング機能ならではの発想ですね。ヘッドフォンミックスにおける新しいスタイルの可能性を感じさせてくれます。

Writer. Takemoto

Waves Nx
http://www.minet.jp/brand/waves/nx/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company