閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH17

21
Apr.2017
REPORT

SUPERBOOTH 2017 DAY2 : ZVex

20170420superbooth_1day_27_

Super Hard OnやFuzz Factoryなどのペダルエフェクターで2005年以降のブティックエフェクターブームを作ったZVex。そのギターエフェクターで評判を得た技術をEurorackサイズに詰め込んだZVEX Modulerシリーズ。残念ながら新製品はないのですが、Zvexお得意のハンドペイントは目を引きますね。

20170420superbooth_1day_28_

カラフルで様々な種類のモジュールが…と言いたいところですが、よく見るとこれはイラスト違いで同じ製品がたくさん並んでいます。

上段最左の10HP幅でノブ4つのモジュールはInstant Lo-Fi Junky。同名のペダルエフェクターからの機能移植+α。DepthとSpeedを持つビブラートなのですが、Lo-fi/Compノブを回すことで味わいあるサウンドが付加されます。各パラメーターをCVで外部からコントロールできるところがEurorack版のメリット。

その横、14HP幅 ノブ5つのモジュールは泣く子も黙るFuzz Factory。開発者のZachary Vex氏がFuzzfaceの回路を研究中、定数を変えるため複数の可変抵抗をつけたところ、思いもしなかったサウンドメイクができるようになり製品化された経緯を持つ変幻自在のノイズマシン。こちらも5つあるノブのすべてのパラメーターをCVでコントロール可能です。

そしてイラスト違いのInstant Lo-Fi Junky、Fuzz Factory、Instant Lo-Fi Junky、Fuzz Factory (以下繰り返し…)。

上段最右は他社製品。Black Market ModularのCOLOUR PALETTEです。これはDIY API-500/モジュラーで使われるフォーマット”Color 500 Series Palette”のモジュールを3枚使用可能なVCA。

Color 500 Series Paletteとは

API-500モジュールやモジュラーシンセをDIYするマニアの中では知られた規格。サチュレーション、フィルター、トランス、など音声を特徴的に変える回路を同規格の基盤に搭載した、交換可能な電子回路。ファミコンのカセットのように基盤を抜き差しすることで、そのモジュール自体に様々なサウンドカラーを持たせることができる。

NAMM2015ではろうそくの炎を動力にしたストンプエフェクターを発表するなど、チャレンジ精神にあふれたZvex。モジュラーもオリジナリティあふれた新作を期待しています!

Writer. Tomita
Zvex
http://zvexmodular.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company