閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Dave Smith Instruments

2018050320180503SB_1Day_2_10_

SUPERBOOTH18のDave Smith Instrumentsブースは新製品 Sequential Prophet Xを堂々展示!

2018050320180503SB_1Day_2_4_

これまでDave Smith InstrumentsはSequentialのブランドロゴが付いたProphetシリーズをリリースしてきましたが、Prophet-6 (Desktop)、Prophet Rev2 (Desktop)に続くProphet Xはサンプルベースの音源とウェーブシェイプ・モジュレーション高解像度オシレーター。そして定評あるアナログフィルターを装備した8ボイスポリフォニックシンセサイザーです。(ステレオ8ボイスもしくはモノラル16ボイスを任意で選べます)発売時期は2018年の6月。約4,000USドル!

2018050320180503SB_1Day_1_54_

Prophet Xの最大の特徴であるサンプルエンジンは16Bit 48kHz。そこに収録された150GBの珠玉サウンドはアコースティック楽器、電子楽器、そしてアンビエンスやシネマティックなサウンドなど多岐にわたります。これは世界的に知られるサウンドデベロッパー8Dioの手によるもの。公式HP上にて、8Dioは「楽器の持つニュアンスと奏法の全てを捉えることを目的としたサンプリングのアプローチ”ディープ・サンプリング”のパイオニア」と表現されています。

サウンドライブラリはProphet Xが発売されてから8DioのHPからダウンロードできるようになるということです。

DcRFRhRW4AEG0Rf

サンプルスタートポイントのエディットできるのでクワイアの頭を削ってシンセパッドに混ぜたりなど自在な音作りに対応。肝はこのミキサー。ある意味Tempestに近いコンセプトも感じます。

2018050320180503SB_1Day_2_6_

またProphet Xはユーザーオリジナルのサウンドもインポート可能!そのために50GBのストレージが用意されています。(2018年12月ごろに対応予定)

2018050320180503SB_1Day_1_51_
2018050320180503SB_1Day_1_52_

2018050320180503SB_1Day_1_58_
その他Prophet Xは、sine、sawtooth、pulseの幅を可変可能なウェーブシェイプ・モジュレーションの高解像度オシレーター。4つのLFO、数十ものパラメーターにつながるモジュレーションマトリクス16スロット。最大64ステップのpolyステップシーケンサー、スタジオ品質の2基のエフェクト、純アナログ −24dB/oct ローパスフィルターなどProphet Rev2の機能を継承。シリーズ中もっとも多機能なシンセサイザーで世界中のシンセファンからエールを浴びることでしょう。

Dave Smith Instruments
https://www.davesmithinstruments.com/product/prophet-x/

Writer. Tomita

2018050320180503SB_1Day_1_48_

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company