閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : dreadbox × Polyend

2018050320180503SB_1Day_2_45_

芳醇なアナログサウンドでファンの多いdreadboxがpolyendとコラボレーションした強力なハイブリッドシンセ「Medusa」を発表しました。

2018050320180503SB_1Day_2_48_

何がハイブリッドかというとMIXERセクションを見るとわかります。アナログオシレーター3つとデジタルオシレーター3つを備えているからです。WAVE TABLEが使えるのは嬉しいですね。ただ音はデジタルっぽさよりもいわゆるdreadboxの力強いアナログサウンドが際立っている印象です。それでもかなりソリッドなサウンドでした。

2018050320180503SB_1Day_2_47_

特筆すべきは左側のPolyendのパッドコントーラーセクションです。64個のパッドはもちろんステップシーケンサーになるのですが、ノート以外に3つのパラメーターを同時にコントロールすることができます。パッド一つ一つにX(横)/Y(縦)/Z(押し込む)に対応するセンサーが付いていて三次元の動きに合わせて滑らかにパラメーターが変化します。

2018050320180503SB_1Day_2_51_
2018050320180503SB_1Day_2_52_

設定方法は簡単で、X/Y/Zそれぞれのターゲットを設定して、(モジュレーションマトリクスのディスティネーションと同じ考え方です。)アマウントを設定するだけです。あとは指でグリグリすると音が変わる変わる!さらに嬉しいことにそれらのパラーメータはステップシーケンサーに記録できます。つまりパラメーターロックですね。

2018050320180503SB_1Day_2_49_
2018050320180503SB_1Day_2_50_

またパッドはスケール演奏にも対応しています。VOICE メニューからSCALEを選んで、好みのスケールを設定します。サウンドがギャンギャン系で個性的なだけに、しっかりとしたメロディが作れるのは非常に嬉しいポイントですね。

アウトプットはモノフォニックで、ヘッドホンアウトはステレオになっています。USB端子はオーディオに対応していなく、あくまでMIDI/USBとして使用します。全体的に高級感があり、触った質感もとても良いマシンでした。
価格は1,000€で発売は6月を予定しているとの事。楽しみですね!

Writer:Shibuya
dreadbox:https://www.dreadbox-fx.com/medusa/

2018050320180503SB_1Day_2_58_

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company