閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Holonic Systems

SUPERBOOTH18

国の境界を越えてヘルシンキ、ブリュッセル、バルセロナを拠点にするHolonic Systemsは生物学を応用し電子音楽の制作やライブパフォーマンスに新しい楽しさを提供するメーカーです。

SUPERBOOTH18

SUPERBOOTH18のブースではモーションセンサーの動きを読み取って様々な信号へ変換するコントローラーApp Holonが展示されていました。

ウェアラブルなコントローラーということで「よくあるやつかな」と思っていたのですが、Holonはそういう簡単なものではないようです。HolonはHolonic Systemsが提唱する、人の生体情報を数値化して電子楽器のパラメーターとして使う「BIO MUSIC」のインターフェースとして機能するということです。

とはいってもここでは難しい話は抜き。コントローラーをヨーヨーにつけてブン回してみたり靴に付けて走り回ったりする動画を観ていただきましょう。

SUPERBOOTH18
SUPERBOOTH18

まずモーションセンサーは、Bluetooth対応の3rdパーティー製のもの利用します。ここではmovesense社のセンサーが使われています。こういったものはランニングや自転車競技などでログを残す為に用いられるものです。

SUPERBOOTH18

ということでApple WatchでもOKなのですが、こういった多機能のセンサーを使うと心拍数や体温、血圧、姿勢などの情報も使うことができるということ。人間の生体情報までも電子楽器のパラメーターの一つとして使う「BIO MUSIC」はメーカー曰く没入型の音楽制作だということです。

これらセンサーから受け取った動的情報はHolon Appでデータ化され、電子楽器をコントロールする様々なデータに変換されます。

SUPERBOOTH18

Appからシンセ側へ出力する仕組みはまだ試作段階のようですが、コンシューマー版のAppが間も無くリリース予定ということです。完成形はどのようなものになるのか。機材を拡張することで可能性を増すモジュラーシンセが賑わうSUPERBOOTH18だからこそ様々な想像が尽きません。

Holonic Systems
https://www.holonic.systems/

Writer.Tomtia

SUPERBOOTH18

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company