閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Holonic Systems

SUPERBOOTH18

国の境界を越えてヘルシンキ、ブリュッセル、バルセロナを拠点にするHolonic Systemsは生物学を応用し電子音楽の制作やライブパフォーマンスに新しい楽しさを提供するメーカーです。

SUPERBOOTH18

SUPERBOOTH18のブースではモーションセンサーの動きを読み取って様々な信号へ変換するコントローラーApp Holonが展示されていました。

ウェアラブルなコントローラーということで「よくあるやつかな」と思っていたのですが、Holonはそういう簡単なものではないようです。HolonはHolonic Systemsが提唱する、人の生体情報を数値化して電子楽器のパラメーターとして使う「BIO MUSIC」のインターフェースとして機能するということです。

とはいってもここでは難しい話は抜き。コントローラーをヨーヨーにつけてブン回してみたり靴に付けて走り回ったりする動画を観ていただきましょう。

SUPERBOOTH18
SUPERBOOTH18

まずモーションセンサーは、Bluetooth対応の3rdパーティー製のもの利用します。ここではmovesense社のセンサーが使われています。こういったものはランニングや自転車競技などでログを残す為に用いられるものです。

SUPERBOOTH18

ということでApple WatchでもOKなのですが、こういった多機能のセンサーを使うと心拍数や体温、血圧、姿勢などの情報も使うことができるということ。人間の生体情報までも電子楽器のパラメーターの一つとして使う「BIO MUSIC」はメーカー曰く没入型の音楽制作だということです。

これらセンサーから受け取った動的情報はHolon Appでデータ化され、電子楽器をコントロールする様々なデータに変換されます。

SUPERBOOTH18

Appからシンセ側へ出力する仕組みはまだ試作段階のようですが、コンシューマー版のAppが間も無くリリース予定ということです。完成形はどのようなものになるのか。機材を拡張することで可能性を増すモジュラーシンセが賑わうSUPERBOOTH18だからこそ様々な想像が尽きません。

Holonic Systems
https://www.holonic.systems/

Writer.Tomtia

SUPERBOOTH18

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company