閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : Polivoks

2018050320180503SB_1Day_1_29_

スクリーンショット 2018-05-04 12.14.09

と書いてポリボックスと読むPolivoksは、知る人ぞ知るロシアのシンセサイザー(製品名でありメーカー名でもあります)。

Polivoks(画像はWikipediaより転載)

その名を世界に知らしめたのは1982年から1990年のソビエト連邦時代に生産されたこのPolivoksシンセ(メーカー名=製品名なので少々わかりづらいですが)。当時の西欧で非常に知名度があったということです。

Polivoksシンセはデュオフォニックのアナログシンセ。ソ連の無線通信技術を応用してRoland、KORG、Moogなどに近いアナログシンセサウンドを目指して開発され一部のファンの間では「ソ連製MOOG」と呼ばれることも。しかしPolivoksシンセは当時としては珍しいローパス/バンドパスを切り替えできるフィルターやADをループできるエンヴェロープなどを持っているなど個性的な機能も持っています。

Polivoksシンセはこれまでに出荷台数は10万台を超えているとの資料があります。ノスタルジックな西欧文化にインスパイアされたバンドやアーティストに人気で、現在はヴィンテージ市場で$1000前後で取引されています。

Polivoksについて日本語の資料としてはもっとも詳しいと思われる記事をRock oN メールマガジンでモーリー・ロバートソンさんが書き下ろしてくれています。興味を持った方はぜひチェックしてみてください。当時の時代背景の勉強にもなりますよ。


mailman_morley1こちらをクリック

2018050320180503SB_1Day_1_31_

さて、そんなPolivokシンセをラック筐体にして現代に蘇らせたのがこのPolivoks Reissue。2016年に100台のみ限定生産され価格は$1850。PolivoksのHPから通販でのみ購入することができます。当時と同じくパラメーターなどは全てロシア語。

2018050320180503SB_1Day_1_32_

でも安心(なのか?)。底部に翻訳が載っています。

2018050320180503SB_1Day_1_30_

見慣れないロシア語のフォントやQRコードが美しい模様に思えてワクワクするシンセですね。

Polivoks
http://polivoks.pro/

Writer. Tomita

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company