閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : XOR Electronics

SUPERBOOTH18

こちらは昨年のSUPERBOOTH17でベータ版を取材したNERDSEQのトラッカースタイルのシーケンサーモジュール「Hybrid Tracker Sequencer」の完成版です。

★SUPERBOOTH17の記事はこちら

すでに発売もしていて価格は470€。12のCVアウトプットと6つのTrigger/Gateアウトプットを持ち、さらにサンプラー用の2つの独立したオーディオアウトプットも備えます。12のCVアウトプットはCV6にMOD6という分け方がされており、つまり1トラックにつき1CV/1Trigger/1Modアウトという構成になっています。またサンプラーも備えており、6Trackシーケンサー+2サンプルシーケンサーとなっています。サンプルの読み込みやOSのアップデートはSDカードで行います。

SUPERBOOTH18

シーケンサーは64ステップまで組めてトラッカータイプならではの素早い打ち込みやライブにも使えますね。面白いのがノート情報をエディットするときに、ノートとオクターブを別で変更できるところです。これのおかげでオクターブをいじった別バージョンのフレーズみたいなものが簡単に作れます。またシーケンサーはグライドやクオンタイズはもちろん、グルーヴや面白いところではPropabilityも操作することができます。偶発サウンドの面白さはシーケンサーにも必要ですよね!

SUPERBOOTH18

また、モジュレーションマトリックスのような機能もあり、ソースのLFOなども波形の選択からオフセット、インバートなど細かく設定できます。インターナルコントロールだけでなく、MODアウトからソース波形を出力できます。さらに複数のLFOをマージしてMODアウトから出力することもできるので、複雑な波形を作り出すこともできます。

SUPERBOOTH18

またこのNERDSEQはエキスパンダーが非常に充実しています。I/O EXPANDERを使えばMIDIのIN/OUTが拡張され、外部MIDIからのシーケンスレコーディングや、外部機器の演奏が可能になります。

SUPERBOOTH18

さらにゲーム機のコントローラーでTrakerをコントロールしたりもできるとのこと。これは面白いですね。どうしてこの機能をつけたんですか?ときたら「僕がナードだから!」と仰っていました!

SUPERBOOTH18

そしてTriggerとCVを拡張する「More Triggers 16」「More CV 16」が開発中で、これを付ければ非常にハイスペックなゲートシーケンサーとしてシステムの中核を担うようになりそうです。

SUPERBOOTH18

また注目なのが「MATRIX INPUT」です。これはシーケンサーへのデータ入力に用に使うとの事。カーソル操作から離れて直感的に打ち込むことができるようになるみたいです。展示していたのはプロトタイプでまだできませんでした。
本当に作者の情熱が溢れている面白いブランドです!

SUPERBOOTH18

XOR Electronics
https://xor-electronics.com/

Writer:Shibuya

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company