閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

04
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY1 : XOR Electronics

SUPERBOOTH18

こちらは昨年のSUPERBOOTH17でベータ版を取材したNERDSEQのトラッカースタイルのシーケンサーモジュール「Hybrid Tracker Sequencer」の完成版です。

★SUPERBOOTH17の記事はこちら

すでに発売もしていて価格は470€。12のCVアウトプットと6つのTrigger/Gateアウトプットを持ち、さらにサンプラー用の2つの独立したオーディオアウトプットも備えます。12のCVアウトプットはCV6にMOD6という分け方がされており、つまり1トラックにつき1CV/1Trigger/1Modアウトという構成になっています。またサンプラーも備えており、6Trackシーケンサー+2サンプルシーケンサーとなっています。サンプルの読み込みやOSのアップデートはSDカードで行います。

SUPERBOOTH18

シーケンサーは64ステップまで組めてトラッカータイプならではの素早い打ち込みやライブにも使えますね。面白いのがノート情報をエディットするときに、ノートとオクターブを別で変更できるところです。これのおかげでオクターブをいじった別バージョンのフレーズみたいなものが簡単に作れます。またシーケンサーはグライドやクオンタイズはもちろん、グルーヴや面白いところではPropabilityも操作することができます。偶発サウンドの面白さはシーケンサーにも必要ですよね!

SUPERBOOTH18

また、モジュレーションマトリックスのような機能もあり、ソースのLFOなども波形の選択からオフセット、インバートなど細かく設定できます。インターナルコントロールだけでなく、MODアウトからソース波形を出力できます。さらに複数のLFOをマージしてMODアウトから出力することもできるので、複雑な波形を作り出すこともできます。

SUPERBOOTH18

またこのNERDSEQはエキスパンダーが非常に充実しています。I/O EXPANDERを使えばMIDIのIN/OUTが拡張され、外部MIDIからのシーケンスレコーディングや、外部機器の演奏が可能になります。

SUPERBOOTH18

さらにゲーム機のコントローラーでTrakerをコントロールしたりもできるとのこと。これは面白いですね。どうしてこの機能をつけたんですか?ときたら「僕がナードだから!」と仰っていました!

SUPERBOOTH18

そしてTriggerとCVを拡張する「More Triggers 16」「More CV 16」が開発中で、これを付ければ非常にハイスペックなゲートシーケンサーとしてシステムの中核を担うようになりそうです。

SUPERBOOTH18

また注目なのが「MATRIX INPUT」です。これはシーケンサーへのデータ入力に用に使うとの事。カーソル操作から離れて直感的に打ち込むことができるようになるみたいです。展示していたのはプロトタイプでまだできませんでした。
本当に作者の情熱が溢れている面白いブランドです!

SUPERBOOTH18

XOR Electronics
https://xor-electronics.com/

Writer:Shibuya

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company