閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

05
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY2 : Erica Synths

SUPERBOOTH18のErica Synthsブース

大人気のErica Synthsのブースは今回も大盛況!お馴染みのEricaメンバーは皆革ジャンに身を包み、漆黒のモジュールがフルラインナップでずらりと展示されハードな世界観で統一されていました。drum systemからgraphic series、そしてblack seriesと壮観でした。

Erica Synths
Erica Synths

今回デモをお願いしたのは個人的に大好きなDrum Series。pico drumも好きなのですがフランスのE-LICKTRONICとコラボレーションした909スタイルのdrum systemのサウンドがかなり好みです。

Erica Synths

E-LICKTRONICは人気DIYキットノYOCTO(TR-808)とNAVA(TR-909)のデベロッパーです。またサンプルの読み込みやスライス、スライスしたサンプルを個別にトリガーしたりできる多機能サンプルドラムモジュールsample drum(画像左上)があったり、ericaの誇るデスクトップACIDマシン、ACIDBOXのフィルターにインスパイアされた強力なVCFを持つモノシンセモジュールbassline、そしてダイナミックリズムサウンドに欠かせないオーバードライブモジュールdual driveなど、リズムマシンに必要な全てのモジュールがラインナップされているのがこのdrum seriesです。

Erica Synths

そしてそれらを束ねる高機能シーケンサーがこのdrum sequencer。完全に909&303スタイルに照準を合わせた仕様になっていて16のトリガーアウト、リズムを組む際に超重要なアクセント(drum seriesの音源モジュールは皆アクセントを受けられます!)が12アウト、そしてドラムにベースラインを絡ませるためのCV/Gateも備わっています。これは前述のbasslineをぜひ使っていただきたいところ。

Erica Synths

そしてトラックごとにパターンレングス、タイムシグネチャー、シャッフルが自由に設定できるのでポリリズムが簡単に作れます。さらにステップごとにリトリガーやプロパビリティ(発音させる確率の設定)が設定できるのでさらにユニークでオーガニックなパターンが組めます。

ではそのサウンドと打ち込みを動画で確認してください!

Writer:Shibuya

Erica Synth

http://www.ericasynths.lv/en/home/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company