閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

05
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY2 : Soundmachines

Soundmachines DS1drumstation

IK MULTIMEDIAとの共同開発UNO SYNTHでも話題のSoundmachinesのブースです。ピンポンゲームもできるモジュラーデスクトップモジュラータイプのリズムマシン、DS1drumstationがナイスでした。LS1lightstrip とSD1simpledrum とDC1drumcomputer を組み合わせたモジュールで、シーケンサーをベースに80音色のドラムサウンドとエフェクト、さらにシンセサウンドを足した小型グルーブマシンです。

Davade Manciniさんの解説動画をご覧ください!

Soundmachines DS1drumstation

ステップの打ち込みはグリッド画面を見ながら行うから、LS1lightstripを指で触ってゲートシグナルを入力していきます。グリッド入力はプッシュ機能付きロータリーエンコダーでステップを縦横に動かし、ノートを置きたいところでプッシュするのでかなりスムーズにできて新鮮です。またLS1lightstripを使う場合はリアルタイムレコーディングにも対応するのでトリッキーな打ち込みができます。

Soundmachines DS1drumstation

そして遊び心に溢れた演出もあるボタンを長押しするとPONGと表示され突如一人ピンポンゲームができるようになります。ちなみにこのコマンドを実行注もシーケンスは止まりません!

Soundmachines DS1drumstation

そしてこちらは現在Kick Starterで募集中のコントローラー(arches)。

Soundmachines DS1drumstation

タッチ部分はLS1lightstrip and LP1lightplaneの技術が応用されています。ノート情報、モジュレーション情報をシームレスにかなりあーてぃすてぃっくかん感覚で操作できます。CVだけでなくMIDIやUSBにも対応しており、ストリップに任意のMIDICC番号を割り当てることもできます。またアルペジエイターも搭載しており、ゲート、ピッチ、プレッシャー情報とともに出力できるのでとても感情表現が多彩なフレーズを生み出せそうです。

Soundmachines DS1drumstation
Soundmachines DS1drumstation

DS1drumstationは800€で6月発売予定。(arches)は間も無く目標達成で価格は900€くらいを見込んでいるようです。

こちらはオールインワンシンセモジュールMODULOR114のブラックバージョン。黒もなかなか良いですね!

Soundmachines MODULOR114

Writer:Shibuya

Soundmachines
https://www.sound-machines.it/

Soundmachines

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company