閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

05
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY2 : SyntoNOVO

SyntoNOVO

知る人ぞ知るシンセブランドSyntoNOVOのブースがありました。SyntoNOVOはフィルムコンポーザーだったFelix Visser氏が立ち上げたシンセブランド。その前身は1973に設立されたSyntonでした。そして1973年にアナログシンセ初代Syrinxを製作します。初代SyrinxはキーボードでVCOをスプレッドできたり、ステイトバリアブルフィルターを備えた攻めたシンセがリリースされることはありませんでした。そして約10年の歳月が流れ、82年に新しいデザインのSyrinxを遂にリリースします。カーティスのチップの登場がSyrinxの開発に大きく貢献したようです。激レアシンセでPerfect Circuit Audioさんに動画があるのでぜひ検索して見てください。

2018050420180504SB_2Day_1_65_

さぁそして時は流れて2017年、SUPERBOOTH17でなんと新製品POPを発表。こちらはシンセのサウンド表現を徹底的に追求し、キーボードが3Dコントロールに対応した意欲的な製品でした。そしてそれをさらに改良したのが今回発表されていたPANなのです。ちなみにSyrinxもPANモギリシャ神話に登場します。PANはパーンパイプから取っているとのこと。

SyntoNOVO

デザインめちゃくちゃかっこいいですね。。。。。スペックを見てみましょう。かなりキテます。まずPOPから受け継がれているXYZの3Dコントロールというのは最近だとROLIの5Dタッチを想像してもらえるとわかりやすいのですが、鍵盤を打鍵してノートを発音させるだけでなく鍵盤をそこからX(横)Y(縦)Z(押し込み)に動かすことによってコントロール情報を送れるというのものです。XYZにはPANに搭載されているあらゆるパラメーターを任意にアサインできます。パラメータのアサインや設定値の確認は中央の大型グラフィックディスプレイで見やすいです。

SyntoNOVO

・XYZ full 3D Keyboard control
・velocity、AT、Z-impact
・3 multi function analog oscillators
・4 sine wave analog oscillators
・1 analog state variable filter
・14band formant analog filter bank
・4 band additive synthesis
・umpteen analog amplifiers
・umpteen ADSRs
・umpteen ADs
・umpteen LFOs
・analog & digital noise source
・ring modulators
・FX inserts
・analog keyboard cv
・MIDI in/thru/out/USB
・duophoni/poly over MIDI

SyntoNOVO
SyntoNOVO

Felixさんに解説動画を撮らせてもらいましたのでぜひサウンドを確認してください!

2019年頃の発売を見込んでおり、完全限定の受注生産。価格は3500ユーロより高くはしないつもりとのこと。音源系はノイズ以外全てアナログ。隠れモンスターマシンですね!

Writer:Shibuya
SyntoNOVO:

Writer:Shibuya

SyntoNOVO
http://syntonovo.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company