閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : Analogue Solutions

2018050520180504SB_3Day_1_48_

アナログサウンドを追求し続ける孤高のブランドAnalogue Solutionsブースには昨年の発売から大きな話題を呼んでいるフラッグシップ機のFUSEBOX、そして先月発売されたばかりのTREADSTONE、さらに開発中のユニークなシーケンサーや、TREADSTONEのモジュール版が展示されていました!

FUSEBOXの特徴をざっと紹介します。形は同社のTELEMARKに似ていますが、こちらはフレーズを作成してどんどんプログレスさせていくための個性的な機能がたくさん盛り込まれています。3VCOの芳醇すぎるアナログサウンドは動画で確認してもらうとして、面白いのは本体中央下の「INTERVAL GENERATOR」右下の「PATTERNATOR」です。

2018050520180504SB_3Day_1_50_

FUSEBOXには4ステップの超シンプルなステップシーケンサーが付いていてゲート、ピッチ、スキップなどを置いてフレーズを回しながら作っていくのですが、「BEAT」というパラメーターがありこれをツマミで操作するとゲートを置いている位置が複雑に変化していきます。ランダムではないのですが頭で考える感じではなくコロコロ変えて見て良い感じになる場所を探すというイメージです。そして良い感じのシーケンスができたら今度は「INTERVAL GENERATOR」の出番です。これはボタンを押すとその上のツマミのピッチにシーケンスが転調されるというもので、ボタンを色々押してトランスポーズを試しまくれる機能です。ではFUSEBOXのサウンドを動画で確認して見てください!


ちなみにサイドの木枠の向きを変える事で角度を変えられます。
2018050520180504SB_3Day_1_58_
2018050520180504SB_3Day_1_59_

そしてお次は小さな巨人TREADSTONE。欲しい〜!
2018050520180504SB_3Day_1_56_

1VCOですが1オクターブ下のサブOSCがあり、太さはバッチリ。そしてVCFは24dB/octでジウジウ〜っと鳴るANALOGUE SOLUTINOSのシグネチャーサウンドです。さらにアナログサウンドを美味しくまとめるエコーのインターナルエフェクトが搭載されており、これ一台でかなり凝ったザ・アナログという音作りができます。そしてこの筐体ながら16ノートのMIDIシーケンサー内蔵です。動画では新しいシーケンサーのプロトタイプで鳴らしています。またTREADSTONEはモジュール版も開発中との事でした。
2018050520180504SB_3Day_1_62_

このシーケンサーはまだ開発中との事ですが、メモリーなどの機能は一切なくFUSEBOXについていたシーケンサーのようにつまみを回すとトリガー情報がコロコロと代わり新しいフレーズがどんどん出ていくるという代物です。16STEPのCVトラック3CH分なのでシンセの他にリズム系を鳴らしてもポリリズムが簡単に作れそうで良いですね。さらにCVキーボードもついていてノートトリガーによるトランスポーズも可能。発売が楽しみですね!650ポンドくらいのプライスポイントを狙っているそうです。

2018050520180504SB_3Day_1_52_
2018050520180504SB_3Day_1_54_

価格は下記の通り
FUSEBOXは1140ポンド
Treadstoneは499ポンド

Writer:Shibuya
Analogue Solutions:http://analoguesolutions.com/

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company