閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : PERCUSSA

2018050620180504SB_3Day_1_106_
PERCUSSAがユーロラックの世界に結合!ユーロラック界隈では他に類を見ないハイスペックモジュールPERCUSSA SSPが登場しました。
要となるのはやはりDSPプロセッサー(Quad core Cortex A17 @1.8GHz ARM DSP power with 2GB RAM)と192kHz/32bitを実現したハイエンドADC/DACコンバータの搭載でしょう。ポリフォニック・ウェーブテーブルシンセのサウンド聴いてみると、ハイエンド単体機が持っている解像度と空間表現で他のデジタルモジュールとは一線を画していることが感じられます。またSSPはCVもオーディオも同列に扱うためオーディオレートのモジュレーションが可能です。実際SSP上ではオシレーターもLFOも同じ扱いになっています。

2018050620180504SB_3Day_1_97_

これだけの処理スペックを持っていると複雑なマシンに思えますが操作は意外と簡単です。メニューページは4種類ありそれぞれGlobal、Network、Processor、Recorderとなっています。Globalページでは外部MIDIキボードなどの接続系を設定します。Networkページではモジュール(PERCUSSA内部の)の関係性を設定します。PERCUSSAを端的に表現すると、内部に例えばLFOやOUTPUTといったモジュールが存在し、それを組み合わせて音を作る、いわば一台完結のモジュールボックスという感じです。モジュールごとにモジュレーションソースやディスティネーションを設定してパッチングしていく、巨大なモジュレーションマトリックスを言っても良いかもしれません。

2018050620180504SB_3Day_1_104_

今回SSPはそこからさらに外のモジュラーとつながることによってより幅広いモジュレーションの可能性を手にしたと言えます。こう言うと難しく感じるかもしれませんが、逆に外部モジュラーからのCVシグナルでいじれる方が操作や考え方はよりシンプルになったと感じました。動画でも紹介されていますが、例えばウェーブテーブルのパラーメーターをXYジョイスティックでコントロールしたり、ノイズ量をMATHなどのファンクションジェネレーターで変えたりしてみると一つの高機能シンセモジュールとしてすんなり理解できると思います。
2018050620180504SB_3Day_1_100_
2018050620180504SB_3Day_1_91_

強大なDSPパワーのおかげでアナログマシン同様のリアルタイムなレスポンスがあり、またサンプリングして波形を鳴らすのも全くのタイムロスなしに一連の動作を行えるので、そのためのハイスペックなんだと感じます。またMPEプロトロコルにも対応しました。ROLI SEABOARDやLinnstrumentsでの表現力豊かな演奏方法に対応します。

またUSBポートを使ってMac/Winでダイレクトレコーディングもできます。またさらに今後はサードパーティのVSTプラグインなどをモジュールとしてPERCUSSA SSP内に統合するプランもあるとのこと。モンスターマシンになるポテンシャルを秘めています!

2018050620180504SB_3Day_1_111_

Writer:Shibuya
Percusssa:https://www.percussa.com/

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート