閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : PERCUSSA

2018050620180504SB_3Day_1_106_
PERCUSSAがユーロラックの世界に結合!ユーロラック界隈では他に類を見ないハイスペックモジュールPERCUSSA SSPが登場しました。
要となるのはやはりDSPプロセッサー(Quad core Cortex A17 @1.8GHz ARM DSP power with 2GB RAM)と192kHz/32bitを実現したハイエンドADC/DACコンバータの搭載でしょう。ポリフォニック・ウェーブテーブルシンセのサウンド聴いてみると、ハイエンド単体機が持っている解像度と空間表現で他のデジタルモジュールとは一線を画していることが感じられます。またSSPはCVもオーディオも同列に扱うためオーディオレートのモジュレーションが可能です。実際SSP上ではオシレーターもLFOも同じ扱いになっています。

2018050620180504SB_3Day_1_97_

これだけの処理スペックを持っていると複雑なマシンに思えますが操作は意外と簡単です。メニューページは4種類ありそれぞれGlobal、Network、Processor、Recorderとなっています。Globalページでは外部MIDIキボードなどの接続系を設定します。Networkページではモジュール(PERCUSSA内部の)の関係性を設定します。PERCUSSAを端的に表現すると、内部に例えばLFOやOUTPUTといったモジュールが存在し、それを組み合わせて音を作る、いわば一台完結のモジュールボックスという感じです。モジュールごとにモジュレーションソースやディスティネーションを設定してパッチングしていく、巨大なモジュレーションマトリックスを言っても良いかもしれません。

2018050620180504SB_3Day_1_104_

今回SSPはそこからさらに外のモジュラーとつながることによってより幅広いモジュレーションの可能性を手にしたと言えます。こう言うと難しく感じるかもしれませんが、逆に外部モジュラーからのCVシグナルでいじれる方が操作や考え方はよりシンプルになったと感じました。動画でも紹介されていますが、例えばウェーブテーブルのパラーメーターをXYジョイスティックでコントロールしたり、ノイズ量をMATHなどのファンクションジェネレーターで変えたりしてみると一つの高機能シンセモジュールとしてすんなり理解できると思います。
2018050620180504SB_3Day_1_100_
2018050620180504SB_3Day_1_91_

強大なDSPパワーのおかげでアナログマシン同様のリアルタイムなレスポンスがあり、またサンプリングして波形を鳴らすのも全くのタイムロスなしに一連の動作を行えるので、そのためのハイスペックなんだと感じます。またMPEプロトロコルにも対応しました。ROLI SEABOARDやLinnstrumentsでの表現力豊かな演奏方法に対応します。

またUSBポートを使ってMac/Winでダイレクトレコーディングもできます。またさらに今後はサードパーティのVSTプラグインなどをモジュールとしてPERCUSSA SSP内に統合するプランもあるとのこと。モンスターマシンになるポテンシャルを秘めています!

2018050620180504SB_3Day_1_111_

Writer:Shibuya
Percusssa:https://www.percussa.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company