閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : XAOC DEVICES

2018050620180504SB_3Day_1_124_

XAOC DEVICESのブースはネオン管がかっこいい!そして強力な新製品が2つ出ていましたよ!複数のサイン波を合成して複雑なハーモニクスを生み出すODESSA(1975 VARIABLE SPECTRUM HARMONIC CLUSTER OSCILLATOR)と、300以上のエンベロープ波形を持ちそれをエディットしていくユニークなエンベロープジェネレーターZADAR(1973 QUADRUPLE ENVELOPE GENERATOR)です。動画では二つ続けて紹介してもらってます!



2018050620180504SB_3Day_1_121_
ODESSAはサイン派合成ができるマルチボイスオシレーター。複数のサイン派を重ねて波形の疎密をコントロールしたり、傾斜を変えたりして複雑なハーモニクスを生成します。またアウトプットはファンダメンタルの加え、奇数倍音、偶数倍音をそれぞれ取り出すことができます。動画ではAphex Twinのwindowlickerの最後の音みたいなサウンドが披露されていますね。また同社のLIPSKをODESSAのハーモニクスバンクのON/OFF切り替えとして使うこともできます。

2018050620180504SB_3Day_1_120_
XADARはABCDの4つのCHを持つエンベロープジェネレータ。ただ、エンベロープジェネレーターと言いつつも一般的なADSRで作るようなタイプではなく既にユニークな波形(SHAPE)が大量にセットされていてそれをツマミでエディットしていくタイプです。ウェーブテーブルを想像するとわかりやすいと思います。実際にウェーブテーブルオシレーターとしても使えます。

赤いツマミでSHAPEを選び他の三つのつまみでLENGTH、RESPONSE、LEVELなどを調整します。もちろんCVでの調整も可能なのでやりたい放題モジュレーションできそうです。
さらに面白いのが4CHに設定した様々な波形をチャンネルを超えてループさせたりモーフィングさせたりもでき、相当複雑はSHAPEを生み出せますね。設定が保存できるのも嬉しいポイント。

2018050620180504SB_3Day_1_118_

XAOCはブースの場所もエントランスホールのど真ん中で、常に人で賑わっていました!

Writer:Shibuya
Xaoc Devices:http://xaocdevices.com/main/products/

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート