閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : XAOC DEVICES

2018050620180504SB_3Day_1_124_

XAOC DEVICESのブースはネオン管がかっこいい!そして強力な新製品が2つ出ていましたよ!複数のサイン波を合成して複雑なハーモニクスを生み出すODESSA(1975 VARIABLE SPECTRUM HARMONIC CLUSTER OSCILLATOR)と、300以上のエンベロープ波形を持ちそれをエディットしていくユニークなエンベロープジェネレーターZADAR(1973 QUADRUPLE ENVELOPE GENERATOR)です。動画では二つ続けて紹介してもらってます!



2018050620180504SB_3Day_1_121_
ODESSAはサイン派合成ができるマルチボイスオシレーター。複数のサイン派を重ねて波形の疎密をコントロールしたり、傾斜を変えたりして複雑なハーモニクスを生成します。またアウトプットはファンダメンタルの加え、奇数倍音、偶数倍音をそれぞれ取り出すことができます。動画ではAphex Twinのwindowlickerの最後の音みたいなサウンドが披露されていますね。また同社のLIPSKをODESSAのハーモニクスバンクのON/OFF切り替えとして使うこともできます。

2018050620180504SB_3Day_1_120_
XADARはABCDの4つのCHを持つエンベロープジェネレータ。ただ、エンベロープジェネレーターと言いつつも一般的なADSRで作るようなタイプではなく既にユニークな波形(SHAPE)が大量にセットされていてそれをツマミでエディットしていくタイプです。ウェーブテーブルを想像するとわかりやすいと思います。実際にウェーブテーブルオシレーターとしても使えます。

赤いツマミでSHAPEを選び他の三つのつまみでLENGTH、RESPONSE、LEVELなどを調整します。もちろんCVでの調整も可能なのでやりたい放題モジュレーションできそうです。
さらに面白いのが4CHに設定した様々な波形をチャンネルを超えてループさせたりモーフィングさせたりもでき、相当複雑はSHAPEを生み出せますね。設定が保存できるのも嬉しいポイント。

2018050620180504SB_3Day_1_118_

XAOCはブースの場所もエントランスホールのど真ん中で、常に人で賑わっていました!

Writer:Shibuya
Xaoc Devices:http://xaocdevices.com/main/products/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company