閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

09
May.2019
製品情報

SUPERBOOTH19 ARRIVAL:Ableton CV TOOLS 発表イベント

20190508SB19_arrival_ableton_12_

superbooth19_index_bannar

ベルリンの中心部にあるAbleton本社に2年ぶりに訪問。モジュラーシンセユーザー待望のCV Toolsの発表会に行ってきました!

CV ToolsとはDCカップリング対応のオーディオインターフェースを使い、外部モジュラーシンセとAbleton Liveで相互にCVやGate、そしてクロック情報を送受信できるM4Lデバイスです。まずはLive10.1のベータ版で使用できます。

20190508SB19_arrival_ableton_3_

AbletonのMatt氏の解説動画をご覧ください!

これによって例えば定番ファンクションジェネレーターMake Noise Mathで生成したコントロールシグナルを使ってAbleton Wavetableの特定のパラメータをモジュレーションしたり、またAbleton LiveのセッションBPMに合わせて外部のモジュラーシーケンサーを同期走行させたりといったことが可能になります。

 

外部から入力したコントロールシグナルはもちろんLive内に立ち上げたサードパーティプラグインにも掛けることができるので、例えば使い慣れたNI MASSIVEの違った表情が見れたり、これまで内部だけでは難しかったユニークで有機的な変調操作をかけられるようになりました。

20190508SB19_arrival_ableton_4_

20190508SB19_arrival_ableton_5_

個人的に面白いと感じのが、Ableton Liveでドラムのループ素材を再生してグルーブをMIDIクリップに、そのMIDIクリップで外部モジュールをトリガーして演奏し、さらにクロックで同期した別のモジュールからランダムCVを取り出してAbletonに戻しドラムループにかけたローパスフィルターのカットオフをモジュレーションするというもの。このようなオーディオを基調としたモジュレーションが違和感なくできるのでアイディアが湧いてきそうな感じがしました。

20190509SB19_arrival_ableton_18_

20190509SB19_arrival_ableton_19_

なお、今回デモで使用されていたオーディオインターフェースはExpert SleepersのESシリーズが目立っていました。良いところはADATで拡張できるところです。すでに使っているお気に入りのオーディオインターフェースがある場合、それがDCカプリングに対応していなくてもADATが付いていれば、Expert SleepersのオーディオI/OをADATでのin/out拡張として繋げればコントロール用として最適だと思います。DAW場で認識するのはあくまでも元のオーディオI/Oになります。デモではRME Babyfaceと組み合わせて使っていました。

なおやりとりされるコントロールシグナルはクロックも含めて全てオーディオとして扱われるためレコーディングすればモジュレーションの再現も可能です。オーディオとして録音しておいたCVに何かしらのダイナミクス系エフェクトをかけて再現させるのなども予測不可能で面白いかもしれません。

今後の展開が楽しみですね!

20190508SB19_arrival_ableton_10_

CV Toolsの収録内容

CV Toolsの収録内容はこちらです。

インストゥルメント

    CV Instrument

  • CV Instrument
  • MIDIを備えたモジュラー機材を操作する。 柔軟なモジュレーションとボイシングのオプションのほか、使っているオシレーターをセント単位の精度でチューニングする機能も搭載している。

    CVtriggers

  • CV Triggers
  • Live内からモジュラードラムシンセのシーケンスを行う。

    ユーティリティ

    CVutility

  • CV Utility
  • オートメーションを使ってLiveからモジュラー機材を操作する。 複数のオートメーションの形状を追加/融合/変形できるほか、音声のようにCV信号の処理を行う。

    同期

    CVxlockin

  • CV Clock In
  • モジュラー機材からLiveのテンポを操作する。

    CVclockout

  • CV Clock Out
  • CVクロックをモジュラー機材に送信してLiveと同期させる。

    モジュレーション

    CVin

  • CV In
  • モジュラー機材を使って、Liveのパラメータにモジュレーションを適用する。

    CVshaper

  • CV Shaper
  • 柔軟に変形可能なCV信号の形状を作成して、モジュラー機材へ送信する。

    CV envelope filter

  • CV Envelope Follower
  • Live内から音声信号でモジュラー機材を操作する。

    CV LFO

  • CV LFO
  • モジュラー機材にすばやくLFOを追加する。

    MIDIエフェクト

    Rotating Rhythm Generator

  • Rotating Rhythm Generator
  • モジュラースタイルのビートやポリリズムを生成して、有機的なリズムの作成や実験的な制作を行う。 MIDI信号の送信も行うため、ドラムラックや、MIDI入力を備えた外部機材にも使用できる。

Ableton
https://www.ableton.com/

Writer.ACID渋谷

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年5月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Antelope AudioのSynergy Coreに、新しく5つのボーカルエ…
    Antelope Audio本国サイトでSynergy Coreに、新しいエフェクト追加を発表!
    Nektar TechnologyのPanorama Tシリーズに、主要DAWユ…
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Cutting Edge 2020:SSL SSL 2+ / Audient e…
    新世代の定番候補のオーディオインターフェースを1on1で比較! コンソールメーカーの放つオーディオインターフェースを試してわかった事 この1年間、オーディオインターフェースは非常に実り豊かな時期を迎えています。RME/S [……
    Cutting Edge 2020:AVID S1
    動画で解説!Avid / S1の真髄に迫る!ROCK ON PRO清水の ”実際どうなんでShow!
    Cutting Edge 2020 : AUDIAIRE / ZENITHでジャ…
    ジャズのクロスオーバーとニューエイジミュージックをZENITHに演奏させてみました!!
    ACCUSONUS社 ERA 4 BUNDLEを使って動画のノイズを除去してみた…
    ERA 4シリーズの実力を実際に聞いて、ぜひご参考にしてください。
    KORG SV-2Sが発売!ステージ・ビンテージ・ピアノの新定義。
    優れた機能を追加!Rock oN限定の購入特典あり!
    Behringerが「MS-1-BK」「MS-1-BU」を発売!
    Rolandの名機SH-101をモデルにしたアナログ・シンセサイザーが発売!
    Moog Musicが25鍵盤のパラフォニック・アナログ・シンセサイザー「Sub…
    コンパクトなSubsequent 37のバリエーション・モデルが登場!
    ウイルス対策の強い味方!JASSCのMRC-ZEROでマイクロフォンの除菌消臭を…
    ウイルス対策にマイクロフォンの除菌消臭を!
    RMEの最新テクノロジーを凝縮したオーディオ・インターフェイス「Babyface…
    様々な機能が向上し、RMEの集大成とも呼べるオーディオ・インターフェイスに進化!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company