閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

19
Jan.2019
REPORT

Teenage EngineeringからPocket Operator Modularが登場!!

ocket

NAMM 2019

Teenage Engineering Pocket Operatorシリーズにモジュラーが登場。


キーボードやスピーカーを含むオリジナルモジュールを組み込んだ、3つのDIYキットが発売されました。Teenage Enginieeringらしく抜群にセンスの良いデザインと高度な設計が組み合わさり、さらに低価格という驚異的なシリーズです。基盤ほぼ剥き出しのイメージがあるPocket Operatorシリーズですが、今回のPocket Operator Modularは自分で折って組み立てる金属製のシャーシにモジュールを組み込むため、堅牢性がありそうです。それでは3つのキットとモジュールをサクッと見ていきましょう。

スクリーンショット 2019-01-19 17.56.45

16(149USD)

5c4217b2fd3eda00048a355a_original

こちらは16という名前の単三電池4本で駆動する16ステップのキーボード/シーケンサーシステム。170/400シリーズをコントロールするのに最適です。オールドスクールな雰囲気のメンブレンキーボードはクロマチックキーボードとしてリアルタイム演奏したり、任意のCVとGateをプログラムすることも出来ます。もちろん休符も入力出来ます。クロックはインターナルでもエクスターナルでも走らせることができ、汎用性が高そうです。電池駆動なのでパッチケーブル以外にケーブルが出ないところが地味に嬉しいですね。

170(349USD)

5c4217c8fd3eda00048a355c_original

9つのモジュールからなるアナログモノフォニックシンセと、前述のキーボード/シーケンサーモジュールの16、そしてビルトインスピーカーユニットが一体となったシステム。オシレータモジュールはPWM可能なスクウェア波で、リッチな奇数倍音でベースに最適。フィルターは24db/octのローパスフィルター。エンベロープジェネレーターはシンプルなADSRタイプ、そしてLFOはスクウェアとトライアングルになっています。モノシンセマシンに必要十分なベーシックな構成になています。後ろから見ると非常にかっこいいです。そしてバッテリーパックが良いですね。

400(499USD)

5c421814fd3eda00048a3560_original

こちらは最上位ののフルセット。充実の3つのオシレーターモジュール(スクウェア、ノコギリ、サイン)とノイズ・ジェネレーターと嬉しいランダム・ジェネレーター、そして1つのエンベロープとVCA、フィルターとミキサー、スピーカー、16ステップシーケンサー、さらにバッテリーパックを網羅。16ステップシーケンサーは外部クロックに同期したり逆走やジャンプが可能。

スクリーンショット 2019-01-19 18.04.33
ちなみにマニュアルにはNo.13 won tonというな謎のモジュールも記載されており、「一般販売の予定はなく、特別な野外パーティで配られるらしい」というような謎めいた文言も。う〜ん、この遊び心!大容量のリッチなマニュアルを片手にこのハイセンスなモジュラーキットを組み立てるだけでもクリエイティブな気持ちになれそうですね。

おそらく世界中で熱狂的に受け入られるであろうこのシリーズ、とりあえずはTeenage EngineeringのWEBショップのみでの販売とのこと。NAMM2019で現物を取材する予定ですので、ぜひレポートをお楽しみに!!

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company