閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

19
Jan.2019
REPORT

Teenage EngineeringからPocket Operator Modularが登場!!

ocket

NAMM 2019

Teenage Engineering Pocket Operatorシリーズにモジュラーが登場。


キーボードやスピーカーを含むオリジナルモジュールを組み込んだ、3つのDIYキットが発売されました。Teenage Enginieeringらしく抜群にセンスの良いデザインと高度な設計が組み合わさり、さらに低価格という驚異的なシリーズです。基盤ほぼ剥き出しのイメージがあるPocket Operatorシリーズですが、今回のPocket Operator Modularは自分で折って組み立てる金属製のシャーシにモジュールを組み込むため、堅牢性がありそうです。それでは3つのキットとモジュールをサクッと見ていきましょう。

スクリーンショット 2019-01-19 17.56.45

16(149USD)

5c4217b2fd3eda00048a355a_original

こちらは16という名前の単三電池4本で駆動する16ステップのキーボード/シーケンサーシステム。170/400シリーズをコントロールするのに最適です。オールドスクールな雰囲気のメンブレンキーボードはクロマチックキーボードとしてリアルタイム演奏したり、任意のCVとGateをプログラムすることも出来ます。もちろん休符も入力出来ます。クロックはインターナルでもエクスターナルでも走らせることができ、汎用性が高そうです。電池駆動なのでパッチケーブル以外にケーブルが出ないところが地味に嬉しいですね。

170(349USD)

5c4217c8fd3eda00048a355c_original

9つのモジュールからなるアナログモノフォニックシンセと、前述のキーボード/シーケンサーモジュールの16、そしてビルトインスピーカーユニットが一体となったシステム。オシレータモジュールはPWM可能なスクウェア波で、リッチな奇数倍音でベースに最適。フィルターは24db/octのローパスフィルター。エンベロープジェネレーターはシンプルなADSRタイプ、そしてLFOはスクウェアとトライアングルになっています。モノシンセマシンに必要十分なベーシックな構成になています。後ろから見ると非常にかっこいいです。そしてバッテリーパックが良いですね。

400(499USD)

5c421814fd3eda00048a3560_original

こちらは最上位ののフルセット。充実の3つのオシレーターモジュール(スクウェア、ノコギリ、サイン)とノイズ・ジェネレーターと嬉しいランダム・ジェネレーター、そして1つのエンベロープとVCA、フィルターとミキサー、スピーカー、16ステップシーケンサー、さらにバッテリーパックを網羅。16ステップシーケンサーは外部クロックに同期したり逆走やジャンプが可能。

スクリーンショット 2019-01-19 18.04.33
ちなみにマニュアルにはNo.13 won tonというな謎のモジュールも記載されており、「一般販売の予定はなく、特別な野外パーティで配られるらしい」というような謎めいた文言も。う〜ん、この遊び心!大容量のリッチなマニュアルを片手にこのハイセンスなモジュラーキットを組み立てるだけでもクリエイティブな気持ちになれそうですね。

おそらく世界中で熱狂的に受け入られるであろうこのシリーズ、とりあえずはTeenage EngineeringのWEBショップのみでの販売とのこと。NAMM2019で現物を取材する予定ですので、ぜひレポートをお楽しみに!!

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company