閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

05
Apr.2016
REPORT

Trinnov Audio

Prolight+Sound2016 RockoN Trinnov Audio


InterBEEでのROCK ON PROブース、そしてRock oN Shibuyaの店頭でも展示をしている音響補正プロセッサーTrinnov Audio。その高い補正効果は世界中のスタジオで数多くの導入実績が上がっています。Pro Light & Sound 2016ではモニターコントローラー内臓のDMONシリーズのNew Face “DMON12″が登場しています。”DMON12″という名前の通り、最大12chの補正が可能となり、DOLBY ATMOS HOMEの7.1.4chに対応することが出来るようになっているということ。Nuendoに続きここヨーロッパでもDOLBY ATMOSの制作環境に対して製品がゾクゾクと登場していますね。InterBEE2015にも来日をしていたCHRIS氏にその解説をしてもらいました。


Trinnovは特徴的な4本のマイクを使用しての3Dアナライズが特徴的。そして、f特だけではなく、Phase,Group Delayなど様々な音響要素の補正を行うことが可能な強力なプロセッサー。解析技術と補正のアルゴリズムはブラックボックス化されているため不覚を知ることは出来ませんが、その効果はどのような環境でも最適な音場を作り出せると言っても過言ではないでしょう。動画の中でもCHRIS氏がTrinnovの顧客は「100% Happy」と言っていたのが印象的ですね。

Prolight+Sound2016 RockoN Trinnov Audio

Prolight+Sound2016 RockoN Trinnov Audio


Trinnovの過去記事はこちら >>

NAMM 2015 >>

Musikmesse 2015 >>

NAMM 2016 >>

Trinnov Audio >>

Writer : Yosuke

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company