閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

06
Apr.2016
REPORT

YAMAHA

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Soundをターゲットに精力的に新製品を発表しているのがYAMAHA。NuendoのATMOS対応は度肝を抜かれましたが、PA関連製品も負けていません。CL/QLシリーズのVer UPと、近年のトレンドであるPower AmpへのDSP搭載をローレンジにまで拡大するという驚きの製品が登場しています。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ



先ずはこちら、CL/QLシリーズの最新バージョンとなるV4で搭載された新しいEQ。ジュライのEQが”LEGACY”、そして鋭い効きを持つ”Agressive”、ビンテージを髣髴とさせる”Smooth”の3種類のEQが使い分けられるということ。デジタルコンソールならではの機能の追加といえるのではないでしょうか。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


こちらは、地味な更新かもしれませんが、ユーザーにとっては非常に嬉しい機能追加、2つ目のCUE BUSが使えるようになりました。Matrix 7/8との排他はなりますが、インイヤー用、ウェッジ用に別々のCueが使えたりと非常に使い勝手の上がる更新となっています。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


そしてもう一つの目玉がこちらのPXシリーズ。10万円を切る価格帯からスタートするYAMAHAのPower Ampの新製品ですが、なんと昨今のトレンドであるDSPを搭載!!AMCRONがBSSのプロセッサーを搭載し、Lab.GruppenがLakeのプロセッサーをと、ハイエンドのイメージの強いアンプへのDSPの搭載ですが、YAMAHAはこのエントリークラスへのDSP搭載を発表!!その機能は、PEQ、クロスオーバー、フィルター、ディレイ、リミッターと必要十分。DSPでプロセスされた信号はDigitalのまま高効率なClass-Dで増幅され出力されます。DSPはフロントパネルの液晶画面から設定が可能です。そのデータはUSBメモリに保存することが出来、他のPXシリーズへのデータの以降などが行えます。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


もちろんDSPのプロセスを使わなければ従来通りのパワーアンプとしての利用も可能。PROTECH機能も持っているため、不用意にパラメーターを変更することが無いようSafe機能も持っています。そしてClass-Dを採用しているということも有り出力の一番大きいPX10(1200W@4Ω)で7.4Kgと軽量なのも特徴。重量だけではなく価格の方もPX10で10万円前後と相当に軽量なのも特徴です。非常に野心的なこの製品、小中規模の現場のヒット作となるのではないでしょうか。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


他にも忘れてはいけないPM10 REVAGE、Dante用のEthernet Switch SWPシリーズ等も展示されていました。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ

YAMAHA >>

Writer : Yosuke

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年4月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company