閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

06
Apr.2016
REPORT

YAMAHA

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Soundをターゲットに精力的に新製品を発表しているのがYAMAHA。NuendoのATMOS対応は度肝を抜かれましたが、PA関連製品も負けていません。CL/QLシリーズのVer UPと、近年のトレンドであるPower AmpへのDSP搭載をローレンジにまで拡大するという驚きの製品が登場しています。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ



先ずはこちら、CL/QLシリーズの最新バージョンとなるV4で搭載された新しいEQ。ジュライのEQが”LEGACY”、そして鋭い効きを持つ”Agressive”、ビンテージを髣髴とさせる”Smooth”の3種類のEQが使い分けられるということ。デジタルコンソールならではの機能の追加といえるのではないでしょうか。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


こちらは、地味な更新かもしれませんが、ユーザーにとっては非常に嬉しい機能追加、2つ目のCUE BUSが使えるようになりました。Matrix 7/8との排他はなりますが、インイヤー用、ウェッジ用に別々のCueが使えたりと非常に使い勝手の上がる更新となっています。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


そしてもう一つの目玉がこちらのPXシリーズ。10万円を切る価格帯からスタートするYAMAHAのPower Ampの新製品ですが、なんと昨今のトレンドであるDSPを搭載!!AMCRONがBSSのプロセッサーを搭載し、Lab.GruppenがLakeのプロセッサーをと、ハイエンドのイメージの強いアンプへのDSPの搭載ですが、YAMAHAはこのエントリークラスへのDSP搭載を発表!!その機能は、PEQ、クロスオーバー、フィルター、ディレイ、リミッターと必要十分。DSPでプロセスされた信号はDigitalのまま高効率なClass-Dで増幅され出力されます。DSPはフロントパネルの液晶画面から設定が可能です。そのデータはUSBメモリに保存することが出来、他のPXシリーズへのデータの以降などが行えます。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


もちろんDSPのプロセスを使わなければ従来通りのパワーアンプとしての利用も可能。PROTECH機能も持っているため、不用意にパラメーターを変更することが無いようSafe機能も持っています。そしてClass-Dを採用しているということも有り出力の一番大きいPX10(1200W@4Ω)で7.4Kgと軽量なのも特徴。重量だけではなく価格の方もPX10で10万円前後と相当に軽量なのも特徴です。非常に野心的なこの製品、小中規模の現場のヒット作となるのではないでしょうか。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


他にも忘れてはいけないPM10 REVAGE、Dante用のEthernet Switch SWPシリーズ等も展示されていました。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート ヤマハ

YAMAHA >>

Writer : Yosuke

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年4月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Antelope 10MX が期間限定 15%OFFキャンペーン中! 4/30ま…
通常価格に比べ ¥117,936 もお得で、さらに10025ポイントをゲット!4/30まで
NAB2019 DAY4 : Avid
MTRX Digilink Moduleのプロトタイプを使ったシステムアップが行われていました。
NAB2019 DAY4 : soundwhale
遠隔地を映像と音声で結んでリモートレコーディングや、ディレクティングを実現するソフトウェアを展示。
NAB2019 DAY4 : iZotope
NAB2019 会場でのiZotopeは やはりRX7中心の展開!
NAB2019 DAY4 : Western Digital
G-TechnologiesからはSSDの新製品、SanDiskからもポータブルSSDが登場!
NAB2019 DAY4 : Decimator Design
スケーラーとフレームレートコンバーション搭載のHDMI-SDI 4Kコンバーター「12G-CROSS」新製品登場!
NAB2019 DAY3 : APOGEE
WAVES/DiGiGridのブースでなんとAPOGEEの新製品を発見。おなじみSymphony I/O mk2のSoundGrid Option搭載モデルがありました。 見た目は、普通のAPOGEE Symphony [……
NAB2019 DAY3 : LAOWA
中国のレンズメーカーLAOWAは、非常にユニークなプローブレンズを中心に展示!
NAB2019 DAY3 : Fraunhofer
従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。
NAB2019 DAY3 : NEUTRIK
従来のアナログコネクターだけではなくUSB-Cが登場!
NAB2019 DAY3 : DYNAMOUNT
DYNAMOUNTはPCからのリモートシステムでマイクの向きを自由に変化できる製品が展示!
NAB2019 DAY3 : Z CAM
Z CAMというカメラメーカーが今年はなんとシネマカメラのリリース!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート