閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2016

03
Oct.2016
Rock oN

AES 2016 : Apogee’s 30th Anniversary Party


AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES


1985年創業のApogeeが、今年30周年を迎えるということで、パーティーが開催されました。光栄なことに我々Media Integration も日本代理店ということで、輸入事業部のスタッフとともに御招き頂き参加してまいりました。
Day3Apogee-1

煉瓦造りの素敵な外観に光るApogeeのロゴ。こちらがサンタモニカにあるApogeeの本社。素敵な作りですね。本日のパーティー会場となります。

Day3Apogee-3

入り口はレッドカーペットならぬパープルカーペット。カンパニーカラーに揃えられていて素敵です。

Day3Apogee-5

Day3Apogee-6

中に入ると、綺麗に活けられた花と、エコバック。やはり、テーマカラーはパープル。花もパープル系で統一されていて綺麗です。そして、壁に飾られたゴールドディスク。もしかしてなんだか、ものすごいかしこまったパーティなのかとドキドキしながら入っていくと、そこはApogee Museumと化していました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

紫の照明で各スペースに配置されたのは歴代のApogee製品と、それぞれの世代の代表的な製品たち。

Day3Apogee-10

Apogeeの全てはここから始まりました。1985年にDigital Filter である944-Sと944-Gを完成。翌年の1986年にアップグレードされ、Sonyやオタリ、三菱などのデジタルレコーダーへ搭載されました。当時はSony PCM3324が$130,000。それに対して944は$5,445。944 FilterはSony OCM 3324のためにアップグレードされたモデルだそうです。そして、944-Gおよび944Sは1988年にTech Awardを受賞しています。

そして、同じブースに展示されてるのがこちらのオープンリールテープと、SSLのフロッピーディスク。オープンリールはSonyの3324で使用されていたテープですね。そして、SSLのフロッピーディスクは名機であるSSL 4000EのCPU用ドライブ。オートメーションを書き込むためのフロップーディスクです。現在スタジオなどで使用されているSSL 4000シリーズはこの次のモデルのGシリーズですが、コンソールデザインは4000EからG Plusまで受け継がれることとなります。

Day3Apogee-15

Day3Apogee-16

そして、時代は1990年代に移ります。1991年、Apogeeは自身初のスタンドアロン機であるAD/DAコンバーターのAD-500、DA-1000を発表します。そして、見事に翌年の1992年にAD-500がTech Awardを受賞。DA-1000は遅れること2年、1996年にTech Awardを受賞しています。

Day3Apogee-37

ラックの上から2番目にラッキングされている一番左のつまみが5つ付いているのが、AD-500。真ん中のはDA-1000です。
この頃、録音メディはオープンリールのほか、DATが出て来始めた頃ですね。

Day3Apogee-32

Day3Apogee-33

Day3Apogee-35

そして、1994年、CDエンハンサーであるUV1000を発売し、Tech Award受賞。この頃音楽市場ではミリオンセラー、ダブルミリオン、トリプルミリオンなんて単語が聞こえていた頃ですね。Michael JacksonのBlack or Whiteがこのリリースされています。機材的には、Apple ComputerからはPower Book G3が発売されました。

Day3Apogee-42

そして、次に発売されたのがAD-8000。1997年にTech Awardを受賞しています。この頃、マルチ録音が一般的になってきた頃で、ハードウェアではTASCAM DA-88が出て来た頃です。AD-8000はこの頃からマルチレコーダー向けの商品を徐々に出してきています。

Day3Apogee-46

こちらの写真では、DA-88と組み併せた広告となっていますね。注目すべきは、もう1台展示されていたAD-8000の広告。「The Perfect compation for Pro Tools.」実は1998年にPro Toosに対応したDigiLinkポートを搭載したボードをリリースしました。

Day3Apogee-48

Day3Apogee-53

そして時代はいよいよ2000年に移り、怒涛のハードウェアリリースが始まります。まず2000年にApogeeからはTrack2がリリース。翌年の2001年にTech Awardを受賞します。さらに翌年には2001年にリリースされたBig BenがTech Awardを受賞。

Day3Apogee-51

そして同じ年の2002年、The Mini SeriesがBlue Ribbon Awardを受賞。

Day3Apogee-52

2005にはRosetta 200がTech Awardを受賞。

Day3Apogee-60

そして、Apogeeの代名詞とも言えるEnsembleがリリースされたのが2006年。翌年にはTechAwardを受賞。

Day3Apogee-59

翌年の2007年にduetがリリースされ、2008年にTech Awardを受賞しています。

2000年前半頃の機材といえば、Apple Composerからは持ち運べるiMacというコンセプトで作られたiBook (クラムシェル)が流行しました。今までのパソコンからは一線を博したデザインで大人気だったiMac。30代後半であれば、懐かしいモデルではないでしょうか?このデザインで、Appleコンピューターを使い始めたという人も多かったはず。

Day3Apogee-58

そして、いよいよインターフェイスのフラグシップモデルであるSymphonyが2010年登場いたします。

Day3Apogee-62

その後、MicやJAMを経て、2010年代のハードウェアリリースラッシュへと突入します。

Day3Apogee-64

Day3Apogee-65

ONE for iPad & Macを掲げて、One、duet、QualtetがiPad対応しました。

そして、時代は今、Ensemble はThunderbolt対応、Symphony I/OはMK2となりました。

Day3Apogee-104

みなさん、どうでしょう?立派なApogee Museumが1日限定でオープンしていたんです。機材を見ながら、懐かしいなと思いつつ、ついつい「あぁ、懐かしいなぁ。あの頃こんな機材使ってたなー。」なんて思い出にふけってしまいました。極め付けだったのは、この写真。
Day3Apogee-57

新旧Symphonyが並べらています。なぜかこの写真を見た瞬間、「世代交代」の4文字が浮かんでしまいました。たった5年しか経っていないのですが、なんでしょう。哀愁を感じてなりません。

Day3Apogee-70
こんな展示もありました。「G4 グラファイトが起動してる!!しかも、Pro Tools動いてる!!」と驚きを隠せませんでした。先ほど展示にあったiBookもそうですが、Apogeeの方々の機材に対する愛情を感じられる展示で、無性に嬉しくなりました。
余談ですが、このPro Toolsのアイコンを見て、時代の流れを感じてしまいました・・・。

museumコーナーを抜けると、そこはAmerica’n Party!!な会場が広がっていました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

壁面には、80年代から2000年代までのタイトルのポスターが貼られており、まるでその時代にトリップしたかのようでした。実はここ、普段は倉庫として利用されているそうです。先ほどのミュージアムは、営業フロアだそうです。デスクの間のパーテーションをうまく利用した展示でした。

Day3Apogee-109

Day3Apogee-103

そして、野外のスペースもとても華やかでした。100インチはあろうかというLEDスクリーンには、2000年代の音楽がエンドレスで流れており、とても楽しい雰囲気になっていました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

実は、Apogeeは会社の中にスタジオを所有しています。ブースはステージスペースまであり、そこでは往年の名曲をカバーしたライブが行われておりました。

Day3Apogee-120

もちろん、音楽スタジオですから、コンソールもあればPro Toolsもある。ということで、このライブを収録していました。

Day3Apogee-122

手前のMacBook ProはLogicですかね。Altiverbも見えます。

Day3Apogee-78

Console上にはiPadが置かれており、PT | Controlが起動していました。モニタ代わりに使うとは、工夫されていますね。想像外の使用法でびっくりです。しかも、Old Neveのコンソールの上に置いてしまう感覚、好きです。
そして、そのOld Neveコンソールのフェーダーを握るのが、なんとあの有名なBob Crearmountain氏!!

Day3Apogee-119

とっても気さくな方で、カメラを向けると表情を作ってくれました!!実は、Bob氏の奥様はApogeeの創設者でCEOでもある、Betty Bennett氏だそうです!
さらにコンソール横で、見たことのある人物を発見しました。

Day3Apogee-84

そう、CHris Lord-Alge氏です!!Green DayやU2、NickelBackなどAlternative Rockのエンジニアですね。WavesのSignature Seriesで顔写真が載ってますので、「あれ、このキャップをかぶっている人、見たことある。」そう思った方も多いはず。

Day3Apogee-94

スタジオのロビーにはBon Joviの名曲「It’s My Life」やBryan Adamsの「Everything I Do I DO It for You」などで使用されたSony のPCM3348が鎮座していました。しかも、電源が入っているのがお分かりいただけますでしょうか?ミュージアムでの機材の保管状況の良さから推測するに、きっとこのPCM3348は完動品であることは間違いないでしょう!!リモコンも綺麗な状態を保っています。

ライブもパーティーも楽しく、これが本当の「パーリーピーポー」だ、と思いながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。この場をお借りしてApogee社の30周年をお祝いするとともに、お招きいただいたことを感謝いたします。今後もより良い製品をリリースして、世界の音楽シーンを牽引くれることを期待します。

Apogee
http://www.apogeedigital.com/




AES 2016 Rock oN Show Report

AES 2016 Rock oN Show Report topAES 2016 Rock oN Show Report AdvanceAES 2016 Rock oN Show Report Day1
AES 2016 Rock oN Show Report Day2AES 2016 Rock oN Show Report Day3AES 2016 Rock oN Show Report AES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年10月3日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AKGの血統を受け継ぐ新ブランド Austrian Audioから2本のマイク発…
    AKGの技術と文化を継承して2017年に立ち上げたブランドから2本のマイク発売!
    Metric Halo 3d Card Upgrade ついに国内の予約を開始!
    圧倒的サウンドクオリティ、根強いユーザー人気のMetric Haloから3d Early Access発売!
    AKG ヘッドフォン「K371-Y3」、「K361-Y3」発売開始
    AKGよりポータビリティーと再現性能を両立したモニターヘッドホンが登場!
    KEMPER「PROFILER STAGE」9月28日発売!予約受付中!
    デジタルギターアンプKEMPERに、待望のフロアタイプ仕様がついに登場!予約受付中!
    今がオススメ!Townsend Labs Sphere L22をRock oNが…
    増税前の今、お得な製品をレコメンド!今回はTownsend Labs Sphere L22をご紹介!
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実…
    FATAR ハイグレード鍵盤 Studiologic SL88 GRAND の実力を動画と記事でダブルチェック
    今がオススメ!RME Babyface ProをRock oNがオススメする3つ…
    今回はリスニングオンリーの方にもおすすめ!小規模の制作環境に最適なモバイル・インターフェースをご紹介!
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    Thunderbolt 3接続モデルであるUniversal Audio UAD…
    Thunderbolt 3接続モデルであるUAD-2 Satellite TB3が登場!
    今がオススメ!Antelope Audio Orion32 HD Gen3 をR…
    高機能I/FのAntelope Audio Orion32 HD Gen3の3つのポイントをご紹介!
    UVI Toy Suite の 8-Bit Synth で ピコピコアレンジをし…
    ピコピコアレンジの実践と、8-Bit Synth のプリセットを時短で紹介!
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company