本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

15
Apr.2022
製品情報

いよいよ発売!Antelope AudioのDiscrete 8 Pro Synergy Coreを触ってみた!

20220415_Antelope_1390_856

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?今年度も始まりこれからの新製品などなど期待が膨らみますね!

そんな中、音質面で大好評のAntelope Audioから、Discreteシリーズが第3世代のDiscrete 4/8 Pro Synergy Coreとなって新しく登場します!

早速ですがPD安田は音質面、機能などをバッチリとレビューをしていきたいと思います。それではいざ!

Antelope Audio
Discrete 8 Pro Synergy Core ★6ヶ月のSynergy Core NativeメンバーシップとBitwig Studio Essentialsがもらえる!
¥181,280
本体価格:¥164,800
9063ポイント還元
Antelope Audio
Discrete 4 Pro Synergy Core ★6ヶ月のSynergy Core NativeメンバーシップとBitwig Studio Essentialsがもらえる!
¥148,000
本体価格:¥134,545
7400ポイント還元

まずは開封!そして接続してみる!

01

早速ワクワクしながらDiscrete 8 Pro Synergy Coreを開封していきます!(下にプライオボックスが見えておりますが気にしないでください)

なお、すでにスペック表を見て気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、ThunderBolt 3の仕様にアップグレードされております。ただThunderBolt 3ケーブルは付属しておりませんので(USBケーブルは付属しておりますが)、必要な方は別途お求めいただく必要がございます。

02-2

さて中身を開けてみますと、なんと新しいモデルでは軽く鏡面のような筐体になっており、非常に高級感あふれる仕様でビックリ!自宅にて常設ならケースに入れなくてもいいような質感になっているのがポイントです。一応わかりやすく後ろの壁の反射具合が見て取れるかと思います。ちゃんと天板のみならず背面も同じ質感になっております。(そういえば何気につまみが黒くなっているのも変更点ですね)

02-1

一応その他の端子部分などの仕様は、特別大きな変更点はないかなと思います。

続いてMacの接続準備をしていきます!

03

電源を投入してつまみを回して見て気になったのが、マイクプリのつまみを回すとディスプレイの表示で、今までは0dbのてっぺんの表示でしたが、なんとDiscrete 8 Pro Synergy Coreでは途中の段階も目盛が表示されています!これでより一層見やすくなりましたね。(渋いですが、こちらもなかなか注目でございます)

マイクもモニターアウトのつまみ、ヘッドフォンのつまみはクリックのあるつまみになっていますので、基本的には本体の制御+PC/Mac上でのコントロールも同期する仕組みなのが、他のインターフェースとは少し違った特徴です。ここら辺の使い勝手はDiscrete 8 Synergy Coreとは特に大きな変化はありません。

そしていよいよMacに接続をしていきます。

04

ここも特別大きな変更はありませんが、ちゃんと名称にDiscrete 8 Proと認識されておりますね!既存のユーザーも特に困る事なく、馴染み深いランチャーから起動が可能です。開封だけでテンション上がっておりますが、次はAntelopeお馴染みのコントロールパネルの進化について見ていきたいと思います!

見やすく、さらに使いやすくなったコントロールパネル!

Antelopeのインターフェースといえば、理解すれば非常にフレキシブルなコントロールパネルが魅力的です。これまでのDiscrete 8は比較的Orionシリーズなどと比べてもシンプルな設計で、モニター、ヘッドフォンの出したいソースを選びつつ、ミキサーでボリュームをあげると言った使い方が主でした。ほぼ固定の方はこれぐらいシンプルな方が使いやすいかと思いますが、今回のDiscrete 8 Pro Synergy Coreは一味違った表示になってました。

まずメインの画面を表示していきますと、あれ?微妙に違う?という感じで、Discreteのいいところを残しつつ、レイアウトがOrionシリーズ寄りになっておりました。

(ご存知ない方には何言っているの?という感じかと思いますが)以前のDiscreteでは左脇にアウトプット(モニター、HP1,2)の選択があり、右側のミキサーで出したいソースとレベルの調整が可能でしたが、新しいバージョンでは左側にはなくなり、基本的には上下の項目で表示と出力先を選ぶ形になっています。

以前のバージョン

05

新しいバージョン

05
06
05
こちらの画像の新しいバージョンではMIXER表示のHEADPHONE1がアウトの表示がされています。以前のバージョンは各アウトに対しては固定でしたが、今回からは指定のソースを選ぶことができるので、Orionの様になんでも自由に選べます。普通のインターフェースのように使用したいならば、COMPUTER PLAYのソースを選べばいいかと思います。もちろんミキサーを駆使すれば、HEADPHONE1には演奏するプレイヤーにクリック音とカラオケと自分の返し(リバーブも合わせて)を聞きつつ、HEADPHONE 2ではカラオケと返しとベースだけとか、メインモニターには全てまとまっているものを聞くとか、とにかく4パターンのミキサー設定が作ることができて、さらに各アウトにアサインが可能になりました。

ちなみに上記の画面は8ch表示モードにしておりますが、デフォルト表示という表現になっており、デフォルト表示の右側にCompactボタンを押すことで32ch一気に表示されます。あれ?デフォルト?コンパクト?と思ったら、よくよく見るとデフォルト表示でもミキサーの下側に左右のスクロールバーがあるので、見た目は8chまでの表示ですが、32chはすでに立ち上がっているという、そんな仕様になっておりました。したがって、先ほどのHP1、HP2、MONITOR1,MONITOR2はMIXER 1-4を駆使すれば、それぞれに32chのソースを自由に音量レベル設定ができ、なんでもありです。

補足しますと、32chのソース自体はMIXERごとに選択可能ですので、本当になんでもありです。

07

ちなみに、MONITOR 2のアウトはREAMPの端子でアサインがされており、スイッチで切り替えが可能です(上記画像の赤枠部分です)

ふと思ったのですが、MONITORの切り替えは手動でMUTEにする必要がありますので、ここまでOrionの様な自由度があれば、フットスイッチの切り替えでモニターセレクトできるといいかなと思います。なおフットスイッチはTalkBackのON/OFFが可能です。Discrete 8 Proの表側赤いボタンにも同様のスイッチがあります。さらに申すとコントロールパネルのセッティングにてTalkbackの音声もHP1かHP2か選ぶことが可能でございます。

ここまでの自由度があれば、持ち回りのインターフェース兼マイクプリとして、音質面も返しモニターなどの使い勝手も困ることはないのではないかなと思います。ADAT inもありますのでお手持ちの何かしらのADできるマイクプリがあればXLR入力の数も現実的に24chまで増やせれるなという感じです。だいぶパワフルになりました。

チェックを終えてみて

中身は激アツな感じで、これまでのDiscreteヘビーユーザーにもアップグレードするにも申し分ない仕様になっているかと思います。

コントロール部分においてはこのように変わっておりますが、音質面においてはAD/DAの質も向上しております。すでにDiscrete 8 Synergy Coreでも高い評価を得ておりましたので、このアップグレードも非常に嬉しいところですね。発売開始まで待ち遠しいところです!

4月18日より渋谷店にて実機を展示中です!是非にサウンドチェック、操作性などお試しいただければ幸いです!

Writer.PD安田

★4月26日発売予定。ただいまご予約受付中です!

Antelope Audio
Discrete 4 Pro Synergy Core ★6ヶ月のSynergy Core NativeメンバーシップとBitwig Studio Essentialsがもらえる!
¥148,000
本体価格:¥134,545
7400ポイント還元

関連記事

20220401_antelope_732_540
最新オーディオインターフェイス Discrete Proシリーズ発表!

記事内に掲載されている価格は 2022年4月15日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

話題の左手デバイスLoupedeckが、期間限定で特別価格になるサマーセールがス…
話題の左手デバイスLoupedeckが、最大¥11,000OFFの特別価格になるサマーセールがスタートしました! Loupedeckはプロにも初心者にも最適なコンソールで、OS操作や写真動画編集以外に、Live(Able [……
Focal SHAPEシリーズのリアルな音を聴く!実際のリスニングに近い状態でス…
Media Integration35周年を記念した数量限定モデルが登場し、話題沸騰のFocalのSHAPEシリーズ。 根強い人気を誇るSHAPEシリーズのサウンドをぜひフラットに聴いていただきたいと、日本音響さんの音響 [……
FocalのSHAPEシリーズに、Media Integration35周年を記…
楽器の魅力を最大限に引き出すために作られたピュア・ナチュラル・モニターFocalのSHAPEシリーズに、Media Integration35周年を記念した数量限定モデルが発売しました! この35th記念モデルでは、製品 [……
いま手に入れるべきレコメンド!Focal SHAPE シリーズ MI 35th記…
FocalのSHAPEシリーズに、Media Integration35周年を記念した数量限定モデルが登場! 発売当初と同じ特別価格で手に入るSHAPEシリーズ。いま手に入れるべき理由をご紹介します。 Shapeシリーズ [……
最大50%OFF!「Synchro Artsサマーセール」第1弾スタート!Rev…
最大50%OFF!全2回にわたる「Synchro Artsサマーセール」第1弾がスタートしました! 第1弾はRevoice Proをはじめ、今回新たに取り扱いを開始したRevoice/Repitchのクロスグレードが含ま [……
150台限定!APOGEEのオーディオインターフェイスDuet 3に 「MI 3…
APOGEEのオーディオインターフェイスDuet 3が、オリジナルステッカーが付属した150台限定モデル「MI 35th Anniversaryモデル」が登場! 制作環境を大きく変えたゲームチェンジャーDuetシリーズ。 [……
SSL JAPANが米国HarrisonAudio社製品の取り扱い・販売を開始!…
SSL JAPANが米国Harrison Audio製品の取り扱い・販売を開始しました! 取り扱い開始製品は同社から初めての500シリーズモジュール3種(マイクプリ/EQ/コンプ)で、Jensen JT-MB-CPCAト [……
Positive Gridが6日間限定で「Sparkシリーズ大特価サマーセール」…
Positive Gridの大人気ギターアンプSpark、Spark MINI、Spark GO、Spark LINK、Spark CAB、Spark Controlが、6日間限定でお得な「Sparkシリーズ大特価サマー [……
UJAMがカテゴリを超えてコレクションをコンプリート可能な「UJAMクロスグレー…
Usynthシリーズが追加ラインナップ!
「iZotope Creative Effects Sale」がスタート!Neo…
iZotopeを代表するCreative Toolがお得になる「iZotope Creative Effects Sale」がスタートしました! リバーブアシスタント搭載のNeoverbに加え、ボコーダーを含めあらゆるボ [……
IK Multimediaが5つのプロモーション展開中!T-RackS、Ampl…
IK Multimediaが5つのプロモーションを展開中! T-RackS、AmpliTube や MODOシリーズ、Pianoverse などの人気ソフトウェア製品がお得に手に入るプロモーションが開催されています! 各 [……
VGP 2024 Summer受賞記念!Austrian AudioのHi-X6…
Austrian AudioがVGP 2024 Summer各賞受賞の感謝を込めて(Hi-X65は通算6度目、Hi-X60は5度目の受賞)、Austrian AudioのHi-X60とHi-X65の2製品に関して、受賞記 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company