閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

15
Jun.2021
Rock oN
  • HOME
  • Rock oN
  • 制作ノウハウ
  • 大須賀淳の!ATEM Miniシリーズ音声機能を徹底解剖!第1回:ATEM Miniで使えるマイクと、便利な接続方法

大須賀淳の!ATEM Miniシリーズ音声機能を徹底解剖!第1回:ATEM Miniで使えるマイクと、便利な接続方法

20210615_bmd_1390_856

ATEM Miniユーザーに多い「オーディオの悩み」

配信需要の急速な高まりにより、一般の方から専門家まで幅広いユーザーに利用されているBlackmagic Design ATEM Miniシリーズ。4〜8個のHDMIに入力したカメラ映像をスイッチングして、凝った配信を簡単に行えるのが魅力ですが、意外と悩み、苦労されている方が多いのが「音声」の部分です。


mi_atemmini_01_01

ATEM Miniシリーズはどの機種も、ミニジャック仕様の「Mic1」と「Mic2」、合計2つのオーディオ入力を持っています。しかし「ここにどんなマイクをつなげられるのか?」「マイクが2本で足りない場合、他にミキサーなどが必要?」といったご質問をよくいただきます。


mi_atemmini_01_01

そこで、今回から3回に渡って、ATEM Miniのもつオーディオ系の機能をフルに活用するための様々なポイントやノウハウをご紹介して参ります。配信における音声クオリティの重要さがますます重要視されている昨今ですので、ぜひお役立て頂ければ幸いです!

入力の設定を行う

オーディオの設定部は、Atem Software Controlの画面左下にある歯車のアイコンをクリックしてアクセスします。


mi_atemmini_01_01

「オーディオ」のタブを開くと、さらにその中に「オーディオ分割」と「一般設定」があります。まずは一般設定で「アナログオーディオ入力」部分の選択肢を「マイク」にすることで、オーディオ入力がマイクレベル対応の状態になります。


mi_atemmini_01_01

ステレオ仕様マイクの接続

mi_atemmini_01_05

ATEM Miniシリーズのオーディオ入力は、1、2共にステレオ仕様となっています。ここにステレオ仕様のマイクを接続すれば、1本のケーブルでステレオ音声での入力が行えます。まずは、電池を入れて駆動するタイプのステレオマイク、audio-technica AT9943を接続してみます。


mi_atemmini_01_01

接続後、マイクのスイッチが入った状態で、入力のノブ(画像上方の円内)を操作して入力音量を設定すると、音声に反応して下方の円内にあるメーターが反応します。メーターをよく見ると、左と右で違う値を示すので、ステレオで入力されていることがわかります。

ATEM Miniシリーズは、一眼カメラなどミニジャック仕様のマイク入力から「プラグインパワー」の供給を受けて電池なしで動作できるタイプのマイクも利用可能です。上と同じaudio-technicaのプラグインパワー対応ステレオマイクAT9840を接続しチェックした所、十分な音量で録音できるのを確認しました。

mi_atemmini_01_07
audio-technica AT9840

プラグインパワー対応モノラルマイクの接続


mi_atemmini_01_01

プラグインパワー対応のマイクは、ピンマイク型、ハンドマイク型など様々なタイプが存在します。手元にあった、SONY ECM-PCV40(ハンドマイク)とZOOM LMF-1(ピンマイク)その他数機種で確認した所、どれも使用可能でした。プラグインパワーのマイクは相性による不具合が出る場合もあると言われますが、手元にある範囲では大丈夫でした。


mi_atemmini_01_01

一方、別の形での問題が一点あります。上記に挙げたマイクはどれもモノラル仕様で(1人分の声を集中して録音するマイクはほとんどがモノラルです)、初期状態のままだとステレオの左側からしか音が聴こえません。


mi_atemmini_01_01

そこで、モノラル仕様のマイクを使う際は、設定の「オーディオ分割」でマイクをつないだ入力名にチェックを入れます。


mi_atemmini_01_01

すると、ミキサー上で該当する入力が「ステレオ」から「モノラルx2」に表示変更され、音声が入力されているチャンネルのパンが中央になっていれば、ちゃんとステレオの真ん中から聴こえるようになります。ただ、このままだと片方のチャンネルが全く使用されずちょっと勿体ないですね。

mi_atemmini_01_12

そんな時は、ミニプラグ出力のステレオ左右を分岐するケーブルを使います(⬅️写真はHosa YMM-261)。よく似た形状で、ステレオの出力を2つに増やすケーブルも(どちらかと言えばこちらの方が)多いので、間違わないようご注意ください!

左右分岐した所に各々のマイクをつなぐと、
ちゃんとそれぞれ個別に動作します。

mi_atemmini_01_14

ATEM Miniシリーズのマイク入力は、端子自体は2つですが、モノラルのマイクであればこの方法で4本までつなぐことができます。

mi_atemmini_01_13

ダイナミックマイクの接続


mi_atemmini_01_01

ライブハウスやイベントのステージ、レポーターのハンドマイクなどで多用される「ダイナミックマイク」も、XLR(キャノン)とミニプラグの変換ケーブルを使うことで、特に問題なく使うことができます。

ダイナミックマイクは周囲の雑音を拾いにくいため、マイクの近くで話す必要はあるものの、余計な音が入りすぎない安定した配信音声を得るのにとても有効です。

コンデンサーマイクの接続


mi_atemmini_01_01

一方、ATEM Miniシリーズだけでは使えないのが、48Vの「ファンタム電源」を共有する必要がある「コンデンサーマイク(写真はaudio-technica AT4040。この機種の問題ということではなく、ほとんどのコンデンサーマイクで同様です)。

mi_atemmini_01_17
mi_atemmini_01_18

コンデンサーマイクは繊細なサウンドが録れるので、ヴォーカルやナレーション等の収録では非常に多用されます。ATEM Miniで使うには、48Vファンタム電源の供給に対応したミキサーやマイクプリアンプなどを通して、ラインレベルの音声としてATEM Miniに入力します。


mi_atemmini_01_01

この形態をとる際は、オーディオ>一般設定」で、外用する入力の設定を「ライン」に切り替えておきます。音楽プレイヤーやパソコン・ゲーム機の音声出力などを使う際も同様です。


mi_atemmini_01_01

テレビや映画の収録でよく使われる「ガンマイク」もほとんどがファンタム電源を必要とするコンデンサーマイクですが、写真のSennheiser MKE600のように電池駆動できるタイプであれば、ATEM Miniに直結して使うことも可能です。

ワイヤレスマイクの接続

mi_atemmini_01-18

ワイヤレスマイクは、レシーバー(受信機)の音声出力からATEM Miniの音声入力につなぐだけで結構です。レシーバーからの出力音量は、設定や機種によりマイクレベル、ラインレベル両方の場合があるので、接続時に音量を確認して適切な方を選びましょう。

カメラの音声入力を活用する

mi_atemmini_01_21
mi_atemmini_01_22

ATEM Miniの音声専用入力は2つだけですが、カメラを接続するHDMIポートは、各々がステレオ音声を受信し、ミキサー内で混ぜることができます。カメラ本体のマイクの音が漫然と入るだけではほとんどの場合全く使えませんが、カメラのマイク入力にマイクを繋げば、ATEM Miniで同じようにミックスが可能です。


mi_atemmini_01_01

カメラの機種によりますが、カメラのマイク入力がステレオの場合は、先述の方法で2本のマイクをつなぐことも可能です。検証に使ったPanasonic GH4は、ATEM Miniと同じようにプラグインパワーのマイクを2つ接続しての動作が可能でした。

mi_atemmini_01_24

全てのチャンネルを分割してつかえば、ATEM Miniはなんと最大14チャンネルのオーディオミキサーとして使うことができます。この規模の単体ミキサーはほとんどがATEM Mini以上の本体サイズなので、上手く使うことで非常にコンパクト、かつ柔軟な音声システムを組むことが可能なのです。

次回は、各チャンネルに設けられたイコライザーやダイナミクスを使っての音質調整についてご紹介します。

unnamed大須賀淳 プロフィール

映像作家・音楽家

1975年生まれ、福島県出身
企業ビデオ等様々な映像・音楽コンテンツを制作すると同時に、書籍や雑誌での執筆、大学やeラーニング等での講師、製品デモなども数多く務める。
2014年、日本初のシンセサイザードキュメント映画「ナニワのシンセ界」を監督。近著は「ネット時代の動画活用講座」(玄光社)ほか。

Twitter:
https://twitter.com/jun_oosuga

YouTube:
https://www.youtube.com/c/studionekoyanagi

Blackmagic Design
ATEM Mini ★5%ポイント還元!
¥39,578
本体価格:¥35,980
1979ポイント還元
Blackmagic Design
ATEM Mini Pro ★5%ポイント還元!
¥61,424
本体価格:¥55,840
3071ポイント還元
Blackmagic Design
ATEM Mini Pro ISO ★5%ポイント還元!
¥96,998
本体価格:¥88,180
4850ポイント還元
Blackmagic Design
ATEM Mini Extreme ★5%ポイント還元!
¥122,650
本体価格:¥111,500
6133ポイント還元
Blackmagic Design
ATEM Mini Extreme ISO ★5%ポイント還元!
¥159,302
本体価格:¥144,820
7965ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2021年6月15日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Sennheiserが手軽に使えるワイヤレスマイクXS Wireless 1を発…
Sennheiserが手軽に使えるワイヤレスマイクXS Wireless 1を発売しました! XS Wireless 1は、シンガーやスピーチなどで手軽に使えるアナログワイヤレスマイクロフォンです。 セッティングに手を煩 [……
Behringer 2600BLUE MARVIN、TC Electronic、…
販売開始は8月26日より、現在ご予約受付中です!
Rob Papen『Predator 2』34%OFF!
ファットなサウンドと豊富なプリセットを備えたキラー・シンセ『Predator 2』が8月31日まで34%オフ!
e-instruments サマーセール!
e-instruments のSession Keys シリーズが8月15日まで40%OFFに!
EASTWEST シングルライセンスが最大60%オフ!8/16まで
EASTWESTシングルライセンスが8/16までの期間限定特別価格!
Antelope AudioのSynergy Coreインターフェイス購入で、9…
Discrete 4 Synergy Core購入で、Edge Soloもプレゼント!
Bitwig Studio バージョン4発売!DAWの枠を越えた、音楽制作とパフ…
次世代の音楽制作とパフォーマンスを可能にする新しいクリエイティブツール!
シネマティック音源のカリスマ Eduardo Tarilonte 最新ライブラリ…
ファンタジー系作品の楽曲/サウンドスケープの創造を得意とするシネマティック音源!
ノエル・ギャラガーによるV COLLECTION 8のレビューが公開!数量限定特…
ビンテージシンセファンにはたまらない28機種のキーボード・コレクションが限定特価!
Pro Tools | Ultimateが無償付属!Pro Tools | Ca…
Avidから驚愕のプロモーション情報!対象期間中にPro Tools | Carbonをご購入&製品登録することで、なんとPro Tools | Ultimate永続ライセンス、および、Antares Auto-Tune Hybridが無償…
Wavesが「Power Your Creativity Sale」をスタート!…
Wavesが「Power Your Creativity Sale」をスタートしました! Abbey Road CollectionやSSL 4000 Collection、CLA Classic Compressors [……
7/28 (水)LUSH HUB LIVE :大野雄介 feat.モリシー(Aw…
●LUSH HUB LIVE :大野雄介 feat.モリシー(Awesome City Club) ●日時:7/28(水) 20:00~ – – – – – & [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company