閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

15
May.2020
Rock oN

Audiomoversを使ったリモートレコーディング方法 by 米津裕二郎

20200515_Audiomovers_WEB_TOP_1390-856

「録ろう、配信しよう、つながろう」のテーマの元にプロフェッショナルなクリエイターやエンジニアの方々にご協力頂き、彼らが今実際に行なっているワークフローやテクニックをご紹介頂く新企画が登場です。

ご本人の執筆によるリアルなワークフローの数々は、皆様が自宅やそれぞれの環境で生かせる実践的なノウハウとして参考になるでしょう。スタンダードなものから、配信、リモートレコーディングなど現在多くの方が興味を抱き、そして必要としているトピックを幅広く取り上げ紹介していきます。

こんな時期だからこそ新しい領域に踏み出したり、また基礎的な部分を固めたり。是非ピンチをチャンスに変えていきましょう!

第一回目はMix / Recording Engineerの米津裕二郎さんによる「Audiomoversを使ったリモートレコーディングの方法」です。

それでは、どうぞ。


こんにちは、レコーディングエンジニアの米津です。

コロナウィルスによる影響で、ミュージシャン、エンジニア、ディレクターが一同に会してレコーディングをすることが難しくなっています。

これを機に2020年代、よりフレキシブルに良い音楽を作っていける環境作りを整えるべきではないか?と思い、リモートレコーディングに関しての研究をしております。

今回は一つのパターンとして、A地点のレコーディングスタジオにエンジニアがいて、B地点の自宅に歌手がいる、という場合のリモートレコーディングを想定しました。

リモートレコーディングに必要なものは?

今回のリモートレコーディングに必要なものは

Audiomovers

だけです。あとはAB両側に一般的な宅録環境があれば実現できます。

今回両者ともPro Toolsですが、ある程度のDAWであればどれでも同じことができるでしょう。

Audiomoversの特徴として、
LR間でのズレは発生しない(ほぼ?)
以降のバスではズレることはままある

という点が実験によってわかってます。

詳細はこちら

この点をクリアした方法を作りました。

A側(レコーディングスタジオのエンジニア)の準備

1

A側のセッションです。

このようにオケデータが並んでいて、これをまとめて送出するトラックを作ります。

2

そのトラックに送出用にAudiomovers Listentoをインサートします。

3

このフェーダーは聞く必要がないので、ミュートします。

4

一般的なスタジオであればトークバックスイッチがありますので、それを活用して、トークバック回線のみが上記のトラックにinputするようにすればいいでしょう。

A側でのトークバックも用意しましょう。

ここにもListen toを挿して、さきほどのto Bトラックとは別に送ります。  

トークバックシステムがない場合

何か簡単なマイクを立てて
Soundradix Muteomatic
をインサートしておくことで、DAW停止時は常にオープン、走らせるとミュートとすることができます。

もっとオススメは
source elements source talkback
をインサートしておくことで、実際のトークバックスイッチのように操作することができます。

もしくはCURRENT TB966のような、単体でトークバックの働きをするスイッチを導入するのがいいでしょう。

最悪何も使用せずともマイクをインプットするだけでも会話はできますが、
録音時にはミュートしないとスピーカーから鳴らしている音が回ってしまうのでオススメできません。
喋るときだけmuteボタンを手動でオンオフするのも非常に手間です(大抵ミスします)

さてこれでA側からはオケのミックス(L+R)とトークバック(mono)の合計3chが送出されています。

B側(ボーカリスト)の準備 その1

B側のセッションに移ります。

5

B側はこの状態にしましょう。

“VO to A”(α回線)と ”INST to A”(β回線)は、Aへ送出するトラックです。

“Mic”

このトラックはマイクの回線を立ち上げます。
当然ですがレベルオーバーしないようBが調整する必要があります。

”VO to A”のLへsend
1−2へOut(B本人モニター用)

“from A INST”

トラックにはListento Receiverをインサートし、Aのオケミックスを受信します。

”VO to A”のRへsend
”INST to A”へsend
1−2へOut(B本人モニター用)

“from A TB”

このトラックにはListento Receiverをインサートし、Aのトークバックを受信します。

1−2へOut(B本人モニター用)

“Shot”

このトラックにはワンショットのクリック音を入れておきます。
αβ間のズレを測定するために用意します。

”VO to A”へsend
”INST to A”へsend

といった内容です。

これでB側は完成です、歌唱時のリバーブなど、適宜B側で調整してください。

さて、B側で重要なのは、単純に歌の回線だけAへ送るのではなく、
AからもらったInstをさらに送り返すという点です。

A地点(レコーディングスタジオのエンジニア側)の準備 その2

さてAに戻りましょう。

Aには新しく下のようなハイライトされた4トラックを作ります。

6

“Receive α”

にはAからのα回線を受信

“Receive β”

にはAからのβ回線を受信

それらをおのおのオーディオトラックに録音できるようにルーティングしています。さてこれで準備は完了ですので、歌を録りましょう。

と、その前に!

Aで録音をかけて、Bに用意した”Shot”を鳴らしてもらってください。

7

ズレてますね。これ調子がいいとズレないんですけどズレてしまうことが多いです。Audiomovers側のラグによる問題です。

このズレを波形で見て合わせて、必要な側に必要なだけのディレイをかけましょう。

そして再度Shotを確認します。

9

揃いました。

さて、ここまで整ったらあとは簡単です。A側はいつものように録音を進めます。

録音

重要なポイントはA側でモニターするインストはBから戻されたものということです。

それとこのままだと”Vo”のRからもインストが鳴ってしまうので、“Vo”トラックにはTrimをマルチモノでインサートしてRをmuteしておきます。

8

録音する際は”Vo”と”Inst”トラックを同時に!テイクでプレイリストをめくる時も同時です。

10

こういった状況で録られていきます。

11

この際、録音中に何かのタイミングで、このようにVoのRとInstの波形がズレてしまう場合があります。

そうなってしまった時には既にAのモニターは歌とオケがずれて聞こえているので違和感で気づくはずです。
止めて、再度Bにショットを鳴らしてもらい、ディレイを入力し直しましょう。

注:ただし、B側のモニターには問題は起きていません。もしも良いテイクそうであれば急いで止める必要はありません。

あまりに頻繁にこの「ラグの変化」が起きてしまう場合はListentoのLatencyとQualityを調整してください。


録音したテイクをBへプレイバックすることもあるでしょう。その場合は”to B”回線に乗るトラックを作り、そこで鳴らします。
R chにあるインストの波形を見てズレを合わせてください。

12

こうして録音を進めていけば完成です。

A側ではすべてのテイクのデータを波形を見てズレを修正します。
それができてしまえば、テイクを重ねた”Inst”トラックは必要ないので捨てましょう。
“Vo”のR chもいらないのでL側だけ別のchに移せば良いでしょう。

これで出来上がりです。


さて、プロのレコーディングにおいて最も気にかけなくてはいけない点は

「齟齬を生まないこと」

だと思います。

・弱く歌ったのに、聞き手には強く聞こえている
・もたって歌っているのに聞き手には走って聞こえている
・とても良いテイクなのに聞き手には良くないように聞こえている。

これらの現象は、ディレクションの失敗を生みますし、良いテイクを遠ざけます。ひいてはそれによりプレイヤーの技量が誤認されてしまうことで、プレイヤーの仕事を奪ってしまうかもしれません。

ですので、プレイヤーとディレクターをつなぐエンジニアは、齟齬が起き得ないセッティングをすることが義務と考えます。
「あれー、なんかズレてるかな?」
「ちょっとさっきと変わったかも!」
というのは許されないわけですね。

その点をクリアするために複雑なルーティングになってしまいました。

ですがこの手法、一見複雑に見えますが、作業が始まると案外スムーズです。

B側はセットできれば何もする必要がなく、歌唱、演奏に集中できます。マイクのレベルに気をつければいいだけ。

Bで使うセッションはAにいるエンジニアが事前に作って送ってあげればいいでしょう。

A側も録音中にこまごまとしたことは必要なく、普段の感覚で録り進めれば問題ありません。録り終わった後に編集の手間が少し増えますが、さほど問題ではない難易度です。

各社提供しているリモートレコーディングツールありますが、どれもそのリモートアプリとの切替が頻繁に必要になることが多く、録音中のスピーディーなオペレートができないことが多いです。その点この方法はPro toolsだけ触ってればいいので楽です。


さて私は実際の現場で、この方法を使用し48kHz32bitで歌を何度かレコーディングしました。

最初にZoomをつないで、B側の画面を共有して画面操作もしてしまうと非常にスムーズに録音開始できます。

録音開始したら必要なければ、A側のカメラはオフにしたほうが回線状況にはベターでしょう。歌を重ねる際などには相応の手間がかかるのと、ネット環境によっては、ラグの変化が多すぎて如何ともし難い状況になりえます。事前の確認、無理そうであればB側にオケミックスを渡して、そちらでダビングを進めてもらい、そのモニターのみをAに返してもらう、などの臨機応変な対応が必要です。

現状ではα回線とβ回線のズレをケアする今のセッティングが現実的な限界ですが、Audiomoversがヴァージョンアップして3ch以上の通信の確度が上がれば、歌のような1chだけでなく、マルチでの録音もすることができるようになるでしょう。

Audiomoversについてはこちら
https://audiomovers.com/

9860 2

★米津裕二郎 プロフィール★
Mix / Recording Engineer
BS&T Studio, prime sound studio formを経て、現在フリーランスエンジニア。
音楽作品、映画、CM、インスタレーションと幅広く活動。
リモートレコーディングなどに関しての新しい情報を
https://note.com/yujiroyonetsu
にて更新中

https://www.instagram.com/yujiroyonetsu/
https://twitter.com/yujiroyonetsu

    記事内に掲載されている価格は 2020年5月15日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Native Instrumentsが4chDJコントローラーTRAKTOR K…
    Native Instrumentsが、4chDJコントローラーTRAKTOR KONTROL S3を期間限定で税込42,800円(通常税込価格¥69,801)で販売するキャンペーンをスタートしました! 「TRAKTOR [……
    iZotope Ozone 9 Elementsの使いこなし術!マスタリングの未…
    登録はお済みですか?
    3代目レジェンド SEQUENTIAL PRO 3 発売。新たなるクラシック・モ…
    伝統の名跡を受け継ぐ第3世代目の機種となる「PRO3」誕生
    Voyage Audioが2次Ambisonics VRマイクロフォンSpati…
    台数限定で初回導入キャンペーンを実施!最大96kHzでポータブル環境にも対応!
    Rolandから進化するプラグイン・シンセ『ZENOLOGY』が登場!
    ビンテージから最先端まで多彩な音色を新プラットフォーム「Roland Cloud」から継続的に提供!
    Steinbergが楽譜作成ソフトウェアDoricoのVer. 3.5 をリリー…
    音符を音高と音価のどちらからでも入力できる柔軟な記譜手順、また通奏低音や高度なギター譜への対応など、最新技術を導入!
    UVIがインテリジェントドラムトリガーツールDrum Replacerをリリース…
    リアルタイムでドラムリプレイス処理を行うユーティリティプラグインが登場!
    「リアルを追求する」ドラム音源の決定版FXpansion BFD3が50%OFF…
    ドラムトラック制作を加速させる!BFD3が50%OFFとなるプロモーションがスタート!
    初心者のためのオーディオインターフェース 接続 & 活用術!!
    接続方法や活用方法をご紹介!!オーディオインターフェース選びの参考にお楽しみください!
    多彩な楽器やソースに対応するEarthworksのマイクロフォンが20%お得な『…
    いまお使いのマイクのメーカー名、モデル名を伝えるだけで20%お得に!
    Ozone、Neutron初のアーティスト・スポンサー・プリセットパック登場!お…
    Ozone、Neutronのプリセットが追加!今だけのお得な買い方をご紹介!
    Logic Pro X 発表以来 最大規模のアップデート!Logic Pro X…
    最大の追加トピック Quick Sampler と Drum Machine Designer をご紹介!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company