本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

31
May.2024
HOW TO

BUILD UP YOUR STUDIO 2024!murozoプライベートスタジオ・インタビュー

20240531-buildup-1390-856

ーーー 簡単な自己紹介をお願い致します。

オーディオエンジニアのmurozoです。レコーディング・ミックス・マスタリングやDolby Atmos・360Reality Audioによるイマーシブ作品にも携わらせて頂いています。

murozo_w1400

自身のアーティスト活動を経て、2019年Crystal Soundに在籍しオーディオエンジニアとしてのキャリアをスタートさせ2024年より独立し、現在はフリーで活動しています。

ジャンルはTrapなどの先進的な音楽に携わることが多く得意ですが、近年はJPOPアーティストの楽曲も多くやらせて頂いてます。

ーーー スタジオのこだわっているポイントを教えてください。

まずはステレオだけじゃなくDolby Atmos7.1.4chにもシームレスに対応できるということです。昨年この部屋にも思い切ってシステムを導入しました。

0520DSC01399改_w1400

あとはこの防音室ですかね。実は防音施工をしている先輩と自分の2人でこの部屋を作ったんです。

DSC01461改1_w1400

そこから徐々に吸音材を増やしたりして行ったんですが、低域のブーミングだったり、フラッターエコーをどうしても抑えきれず、去年7.1.4chを導入するにあたってBUSHMAN ACOUSTICSに協力してもらってルームアコースティックを改善していきました。なのでこの部屋の拡散材や吸音材の配置とかにも結構こだわっています。

DSC01473改1_w1400
DSC01478改1_w1400

中域から高域にかけてはだいぶ理想的な鳴りになってきたので、あとはどれだけ低域の鳴りを制御出来るかを次の課題として考えているところです。防音室作りから自分の手でやってきたこともあって、愛着がありますし、この部屋のモニター特性は自分が1番理解しています。

エンジニアとして活動する上で自分のリスニング環境をより良くするということが1番大事にしているこだわりポイントです。

ーーー 自分にとって欠かせない機材たちとその理由を教えてください。

DSC01470改1_w1400

モニタースピーカーですかね。システム的には GENELEC 8320A7350A で7.1.4chを組んでいてステレオは GENELEC 8341A7350A で2.1chなんですが、特にステレオのメインモニターについては自分の中で少しずつグレードアップして行った感じで、YAMAHA MSP5 → YAMAHA HS8 → PIONEER RM07 → ADAM A7X → GENELEC 8330AGENELEC 8341A とこんな感じで今は8341Aがメインモニターになっています。

DSC01459改1_w1400
DSC01450改2_w1400

8341Aを購入するにあたって幾つも異なるモニターを試したので、本当に吟味して選びました。

DSC01430改_w1400

やはり小さい防音室では構造的にどうしても改善できない部屋の特性があるので、GLMを使って多くの統計を元に補正をできるメリットがとても大きいですね。

DSC06155_w1400

あとは最近購入したPrism Sound TitanRupert Neve Designs MBT です。MBTはマスターバスや際立たせたい上ネタなどに通すことがオススメですが、特にマスタリングで使用します。

DSC01445改1_w1400

マスタリング前の状態と比べてシルキーでリッチな音に仕上げやすく重心の低さや自然なステレオイメージ、奥行きも非常に作りやすいので自分の提示するサウンドには欠かせないですね。

DSC01483改4_w1400

あとはマイクも自分好みではありますが、Manley Reference Silver や Blue Kiwi、 AKG C414 XLS があり、アーティストの声に合わせてチョイスしています。

ーーー スタジオでの普段のワークフローを教えてください。

DSC01514改1 _w1400

大体1日の1番最初に新譜をチェックします。そこからその日に行う業務に応じてGLMでスピーカーレイアウトを変更し、プロジェクトを開きます。僕はPro ToolsをメインDAWとして作業しています。

大体午前中はまずプロジェクトの整理をし、ビートのミキシングやボーカルのエディットなど細かい作業を念入りに行います。

午後は全体的な調整をし、空間的なアレンジや自分の納得のいく状態まで持っていきます。

一旦書き出してヘッドホンや車などでもリスニングチェックをして、クライアントに聴いてもらいリクエストがあれば修正をしていって完成。という流れが通常のワークフローです。

最近では担当するアーティストに応じてDAWを変えるという手法を取っています。

というのも最近ではアーティスト自身でレコーディングをして、ある程度のミキシングをするところまで担う人が増えているので、僕はその後をプロジェクトごと引き継いでミックス以降をするようなスタンスを取っています。

メリットとして、時間をかけてアーティストやプロデューサーが作り上げた状態を出来るだけ保った状態でより良くミックスすることが出来るということ。

ーーー 創作意欲を高める工夫や煮詰まった時の対処法などを教えてください。

その日の気分によって香りを変えてアロマディフューザーを使用したり、視覚的にリラックスしやすい照明にするとかですかね。最近は森をイメージした色にしていることが多いです。

あとは極力日々のルーティーンを安定させたり食生活とかにも気を遣っています。最近は朝一番に必ず白湯を飲んだり、週1、2回必ずホットヨガに通っていて常に自分をニュートラルな状態に保つということを大事にしています。

実際本当に煮詰まってしまった場合は一回離れて他の作業をしたり、全く別のことをしたりします。僕のスタジオから箱根まで車で1時間ちょっとで行けるのでサクッと日帰り温泉に行ったり、最近だとDolby Cinemaで面白そうな映画が上映されてると見に行くことが多いですね。自然に触れたり、違った視点に目を向けるとふとした時にインスピレーションが湧いてきて煮詰まっている原因に気づけたり、解決への糸口が見つかることがあります。こうやって出来るだけ自分をベストな状態に保つようにしてる感じですかね。

ーーー スタジオの現在の課題、将来的にグレードアップしたい事や導入したい機材など があれば教えてください。

こだわりポイントでもお話ししたように、部屋のリスニング環境を向上させるということは引き続きして行きたいと思っています。

DSC01477改3_w1400

今の課題は低域の制御なので、100Hz以下を調整するために必要な施工をしたいと考えています。ですが、将来的にはもっと大きなスタジオを作りたいですね。夢でもありますが目標としてしっかりと実現できるように今この場で伝えておきます笑

導入したい機材は言い出したらキリがないですが笑 今思いつく欲しい機材は夏頃発売するかもと言われているGenelecの新しいモニターコントローラーを導入したいです。GLMがより使いやすくなると思うので発売したら導入したいと考えてます。

あとはマスタリング用にBetterMaker Mastering Limiter 2.0が気になってます。プラグインでもいろんなリミッターを毎回使い分けているので、ハードウェアのリミッターの力がどんなものか試してみたいですね。今のところはMBTを使い倒して行けたらなと思っています。

ーーー 最後に、告知などあれば教えてください。

自身のInstagramでworksは常に更新していますので見に来て頂けたら幸いです。今年はDolby Atmos作品も沢山作って極力リリースできるよう努めていきますので今後も宜しくお願い致します!!

Instagram murozo_jp
X murozo @MRZ_85

BUILD UP YOUR STUDIO 2024の記事をもっと読む

    記事内に掲載されている価格は 2024年5月31日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    LIVE映像をリアルタイム編集しよう!〜Blackmagic CloudとBla…
    皆さんは最近、LIVEやってますか?LIVEを沢山やっていると、知人やファンと共有するために映像に残したいなぁ…と思ったりするんじゃないでしょうか?最近他のスタッフに教えてもらったLIVE映像だと4年前のVulfpeck [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.242』Stein…
    田辺さんお勧めのソフトシンセ Steinberg HALion7.1 をいじっちゃいました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.241』世界のスタ…
    実際のレコーディングスタジオを再現するプラグイン8製品を試しました!
    ZOOMが誇るコスパ最強のエフェクターペダル、MS-50G+、MS-70CDR+…
    ZoomのマルチエフェクターMultiStompシリーズは、コンパクトなストンプボックス1台に多彩なエフェクトを凝縮した“マルチなストンプボックス”という製品コンセプトで、発売以来「コスパ最強エフェクターペダル」として世 [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.240』Waves…
    Waves V15 をいじっちゃいました!
    Loupedeck自作パッチでAbleton Live 12をオペレーション b…
    ★話題のLoupedeckが、 今なら10%OFFクーポン発行中! 期間:6/21-7/12 機種:Loupedeck CT、Loupedeck Live、Loupedeck Live S クーポンコード:Loupede [……
    【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .4 by PD安田 Loupede…
    みなさんごきげんよう。前回の記事にてAbleton Liveと左手デバイスを駆使したらどんなことができるかを具現化したモジュラーシンセコーナーを展開してみました。そこで左手デバイスがあれば、ショートカットを組み込んで、左 [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.239』UAD S…
    UAD Sound City Studios Plug-In をいじっちゃいました!
    究極のソフト音源3選☆☆☆第3回:初心者にお勧めのギター音源編
    初心者にお勧めのギター音源を3つに超厳選!
    【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .3 by PD安田 モジュラーシン…
    みなさんこんにちはPD安田です!暑い日が来るかと思いきや、まだ涼しいような暑くなりそうななんとも言えずな状況で、何気に花粉が飛んでいる、そんな毎日ですね。いかがお過ごしでしょうか。 さて、安田企画「時短化計画」ということ [……
    Studio Oneとは?人気上昇中の新世代DAW、Studio Oneの魅力を…
    最新バージョン6.6のアップデートの解説も!
    【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .2 by PD安田 Native …
    みなさんこんにちは!PD安田です。さて、安田企画の「時短化計画」ですが、早速打ち込みをベースとし、Native Instrumentsの音源とStudio Oneを駆使したワークフローと機材・設定方法などを紹介します。 [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company