閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

18
Jun.2019
Rock oN

Ableton Live10でvolca drumの可能性を解き放て!

20190618_korg_1390_856-2

6パート x 2レイヤー構成のDSPアナログ・モデリング・シンセサイザー

volca drumはDSPによるアナログ・モデリングによってドラム・サウンドを作り出します。オシレーター波形はサイン波、のこぎり波、ノイズなどで、それらに様々な変化を加えることでリアルなものから独特なものまで、幅広いバリエーションのパーカッション・サウンドに対応します。 「デジタル・パーカッション・シンセ」 というキャラクターではありますが、実際はDSPアナログ・モデリング・シンセサイザーであり、ドラムというカテゴリーには収まり切らない高性能シンセです。

MIDIコントロールチェンジ信号で volca drum をコントロール!

20190618_korg_control_no
MIDIコントロールチェンジ(以下CC)といえば CC#7がボリューム、CC#10がパンなど様々ありますが、ソフト音源のMIDI Learn機能などでよく登場します。volca drumは上図の左側にあるCC番号と右側のパラメーターが対応しており、DAWやMIDIコントローラーからCCを送ると対応したパラメーターが変化するので、Ableton Live10を使用してvolca drumをコントロールしてみましょう!

Ableton Live10 で CCデータを作成する

※動画の画質が悪く文字が判別出来ない場合は動画右下のギアマークをクリックして画質1080を選択して下さい。

この動画はCC作成方法の説明用ですので音は出ません。
volca drumは音源が6パートあり、MIDIチャンネルはそれぞれ1から6まで対応しています。CCデータを作成したクリップの出力先チャンネルを選んで、パート毎に独立してコントロールする事が可能です。CCデータ対応表はこちらでダウンロードして下さい。
メーカーサイトhttps://www.korg.com/jp/support/download/manual/0/809/4258/

volca drumにMIDIを送って鳴らしてみよう!

今回は1パートのみで試しましたが、これが6パート同時に可能という事はピッチを6パート合わせた和音演奏も可能になります。Ableton Liveのクリップ毎にCCコントロールを作って、気に入った組み合わせが出来たらシーン毎に並べて曲の展開を作っていくというのもお勧めです。

volca drum と Ableton Live10の組み合わせで無限の可能性を試す!

volca drumが受信可能なCCは1パートにつき31種類。なんと31個のパラメーターで音色をリアルタイム変化させる事が出来ます。そして更に音源が6パートあるという事は 31×6= 186個のパラメーターを操ってトラック制作を行う事も可能です。その膨大なパラメーターの作成・管理はLive10のクリップが簡単で使いやすいので、volca drumとセットで使えばもう無敵ですね。volca drumはアナログ的な太いサウンドからデジタルの突き抜ける高音まで、これが最先端な音なのだと納得の行くサウンドです。ドラムとしてはもちろん、シンセパートも同時に鳴らせるグルーヴマシンとして活用してみてはいかがでしょうか?

Writer:SCFED IBE

KORG
volca drum ★RockoN限定 UDG製ハードケースをプレゼント!
¥17,280
本体価格:¥16,000
1ポイント還元
Ableton KK
Live 10 Standard (ダウンロード版) ★増税前Rock oN Demand SALE!
¥51,400
本体価格:¥47,593
0ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2019年6月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Steven Slateの人気製品が最大67%オフ!End of Summer …
    9月27日まで期間延長!ドラム音源SSD5をはじめ人気製品が最大67%オフ!
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Future Zone
    新技術に関する展示が集まるFuture Zoneには多くのメーカーが出展!
    IBC 2019:Sanken
    日本が誇る国産マイクメーカーSanken。国内では派手な印象はありませんが、あのAl Schmittが愛用するモデルもあり海外では評価の高いメーカーです。発売前の試作機が3機種も展示されていました。 来たーーー!!ついに [……
    ibc2019直前情報!SOUND DEVICESから新製品833発表!
    世界の放送局、映画製作現場から高い信頼を得ている SOUND DEVICES社 からポータブルコンパクトミキサー&レコーダー 833 が発表されました。
    期間限定!夢のポータブルシンセサイザーOP-Zが特別価格に!
    ポータブル・シンセサイザー/シーケンサーOP-Zが特別価格68,364円に!9月30日まで!
    Blackmagic Fairlight Console が Rock oN渋谷…
    オーディオポストプロダクションに最適化されたそのワークフローをぜひ体験してください!!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company