本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

12
Mar.2024
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • 制作ノウハウ
  • 春のサウンド開花宣言スタッフレビュー!宅録デビュー向けのコンビ?!LEWITT LCT 240 とAudient evo4を組み合わせてみた第1弾 by Cooper天野

春のサウンド開花宣言スタッフレビュー!宅録デビュー向けのコンビ?!LEWITT LCT 240 とAudient evo4を組み合わせてみた第1弾 by Cooper天野

20240312-amano-1390-856

みなさまこんにちは、ロックオン渋谷店頭スタッフのCooper天野です。

以前、ご試聴の片付け中にふと思い至り、こんなツイートを残しました。

amano-x

違うメーカーなのにこのデザインのマッチング感!さながら近未来というか映画「マトリックス」的な印象を覚えます。あとはやっぱり某エナジードリンクでしょうか。

01_w1400※画像のLCT 240 PROに装着されているショックマウント、evo4に刺さっているUSBケーブルは別売りです。

…というわけで、見た目にもGood!音的にもバッチリ!な組み合わせという事でそれぞれの製品をレビューして行こうと思います。

Lewitt LCT 240 PRO:ヴォーカルから楽器までマルチに使用可能

ノイズレスかつ、強いクセは無い音。
それでいて程よく味はあるので配信〜歌までちゃっかりこなしてくれる万能選手なマイクです。

周波数特性や歪みやすさ等のキャラクターによって、「歌には合うけど、喋り声にはキンキンしちゃうな〜」という場合や「喋り声にはちょうどいいけど、歌だと地味な気がする…」という事があるのですが、LCT 240は、スペック的にフラットというよりも、キャラクター的に懐が広い、、そんないいマイクです。

歌にメインで使いながら、アコースティックギターなどにも違和感なく使えるのが嬉しいですね。強いて言えばクリアな反面、低音中心の素材にはやや苦手な傾向がある気がしますので、そう言った素材には(同じLewittなら)LCT 440 Pureがオススメです。

02_w1400

画像は惜しまれつつも生産完了したホワイトモデル。少なくなってきましたがまだ在庫あります!(2024年3月現在)

LEWITT
LCT240PRO Black ★4/25まで!制作環境アップグレードSALE第二弾!
¥9,980
本体価格:¥9,073
0ポイント還元
LEWITT
LCT240PRO White ★4/25まで!制作環境アップグレードSALE第二弾!
¥9,980
本体価格:¥9,073
0ポイント還元

iZotope VEAが付属!!録音後の処理まで

03_w1400

LCT 240 PRO にはプラグインである iZotope VEAが付属します。2024年に1月に発売されたばかりのiZotope最新プラグインです。(2024年3月現在)ノイズ除去から、難しい操作無しに声を聞きやすく存在感のある音に調整してくれます。(LCT240自体のノイズレスな特徴も相まって、掛かりが良いです!)

audient evo4:高音質なパフォーマンス

audientのエントリーラインのevoシリーズは
*簡単
*高品質
*便利

の3つを兼ね備えた優れたオーディオインターフェースです。

録音、再生音、共に同社のiDシリーズと比較するとaudientの特色でもある「太さ、マッチョなイメージの低音域」こそ鳴りを潜めていますが、それでもさすがのaudientクオリティ。

ヘッドホンを繋げると自動的にスピーカーアウトがミュートされるのも、マイク録音がメインのミニマムな宅録環境では便利です。スピーカーとヘッドホンを行き来するような環境の方には不便に感じるかも?なポイントです。

スマートゲイン機能で失敗のないレコーディングが可能

audientの中でもevoシリーズのみに搭載されているスマートゲイン機能についてご紹介しましょう。
マイクをオーディオインターフェース等に接続し、音割れしないように入力ゲインを設定する…デジタルレコーディングでは特に重要な手順の一つですが、意外と「どの辺りに設定したらいいのかわからない!」という方も多いと思います。

基本的には信号がデジタルピークに達しなければOK!ではありますが、ピークを恐れるあまりゲインを下げすぎると今度はノイズの割合が増えてきます。

曲中、セリフ中の最大音量に対してどれくらいのマージンが良いかな〜というのは慣れている方には問題無いのですが、ビギナーの方だとそうも行かないでしょう。

本機のスマートゲイン機能を使えば、そのような「音割れ」「ノイズだらけ」の心配とはおさらば!

04_w1400

スマートゲイン機能の使い方は非常に簡単です!

  • 1 : マイクが描かれた緑色のボタンを押す。

  • 2 : 入力しているチャンネルのボタンを押し、もう一度緑色のボタンを押す。

  • 3 : そうするとevo4は入力される音量を10秒ほど測定します。この時にレコーディングする音量でマイクにパフォーマンス!*歌の場合はサビ等の一番声を張るセクションがいいでしょう。

  • 4 : 測定が完了すると、自動で最適なゲインに設定完了!

ループバック機能も搭載!

配信者には必須なループバック機能。もはや珍しい機能でもなくなってきましたが、本機にも抜かりなく搭載しています。ループバックとは、パソコンの再生音(BGMやカラオケなど)を録音、配信するために必要な機能です。

録音ソフト、あるいは配信ソフトは、音声を取り込む際、「オーディオインターフェースの入力端子」を参照すると思います。したがって、「オーディオインターフェースの出力端子」を参照しているであろうパソコンからの再生音などはそのままでは録音、配信に取り込めません。

05_w1400

そこでループバック機能を使うと「出力端子に流れる音声を、仮想の入力端子に流す」事が可能になります。

evoにはループバック用のミキサーも用意されており、マイクの音との音量バランスも自由に変更可能です。

また、本体のボタン(入力ボタンいずれか + 音量ボタン)を長押しで入力と出力を手軽にミュート出来る機能もあり、配信に便利ですね。

audient
evo4 ★4/30まで!制作環境アップグレードSALEファイナル!
¥15,800
本体価格:¥14,364
0ポイント還元

おまけ:組み合わせるとしたら…?

という訳でビギナー向けおすすめ2機種をご紹介させていただきましたが、せっかくなので組み合わせで映えそうなマイクスタンドとケーブルを探してみました!

OYAIDE
QAC-222 XLR/5.0 m
¥6,353
本体価格:¥5,775
0ポイント還元
K&M
21020(BLACK)
¥8,800
本体価格:¥8,000
0ポイント還元
OYAIDE
d+USB Type-C to C classB/1.0
¥4,400
本体価格:¥4,000
278ポイント還元

第2弾では、実際に使用した音声をご紹介します! それではみなさま良い宅録ライフを!!

記事内に掲載されている価格は 2024年3月12日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.236』Nativ…
ユーザーライブラリが、なんと6,000以上無料で手に入り、 さらにそれらを自作できてしまうReaktorの底力を教えて頂きました!
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Soratoプライベートスタ…
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Soratoプライベートスタジオ・インタビュー
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Sound Factory …
今回のBuild Up Your Studioでは、数々の映像作品に参加するSound Factoryへお邪魔させて頂き、クリエイティブとエンジニアリングの二刀流で活躍されているNick Clegg氏にお話を伺いました。 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.235』自宅の録音…
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第235回、今回はプラグインではなく、自宅の録音環境を考える編! [……
Blackmagic Design製品の愛用者に訊く!最新映像制作ツールの活用術…
世界中の映像クリエイターに愛用されている動画編集ソフト、Blackmagic Design DaVinci Resolve。その使い勝手の良さと機能の豊富さで、映像専門ではないミュージシャンからも支持を集めています。 プ [……
Pro ToolsとDropbox Replayの統合 ーファイル共有と収集を実…
AVIDが、NAB 2024にて発表した動画で、Pro ToolsプロジェクトにDropbox Replayを導入することで、オーディオ制作のワークフローが大幅にアップグレードされる新機能の紹介動画が公開されています。 [……
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!宮川 麿 (Miyakawa…
ーーー 簡単な自己紹介をお願い致します。 コンポーザーの宮川麿です。普段はフリーの作曲、編曲家として楽曲提供を中心に活動しております。 またミキシングエンジニア、サウンドプロデュース、ディレクション業務等も行なっておりま [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.234』Unite…
作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第234回目は、UnitedPlugins RANDOMACHI [……
【後半】音楽と映像を横断するレーベル Chilly Source インタビュー 
音楽と映像を横断するレーベル Chilly Source、前半インタビューでは DJ KRO氏、Tsubasa Dohi氏、foolish氏に、レーベルスタートのいきさつ、またChilly Sourceへ加入した経緯をお [……
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!梅田サイファー【Cosaqu…
Cosaqu 大阪の梅田駅にある歩道橋で行われていたサイファーの参加者から派生した集合体、梅田サイファーのメンバーであり、ビート・メイカー/ラッパー/エンジニアとして活躍。 梅田サイファー「KING」「かまへん」をはじめ [……
BUILD UP YOUR STUDIO 2024 : IK Multimedi…
今回は今年2月発売以来話題沸騰のIK Multimediaのルーム音響補正システム、ARC Studioですが、今回は音楽プロデューサー/アーティストで、Rock oNメールマガジンでもコラム連載中のJUVENILE氏に [……
マルチチャンネル対応可能となったNeumannのモニタースピーカー補正システムM…
今やすっかり定着した感のあるモニタースピーカー補正システム。正確な出音が求められるモニタースピーカーにとって、壁や天井からの音反射や、スピーカースタンド・デスクの共振などで設置する環境によって特定の周波数が増幅されたり減 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company