閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

15
May.2020
製品情報
  • HOME
  • 製品情報
  • INTERFACE
  • トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live!第3回〜Liveでライブする方法 マニピュレーター編(前編)〜

トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live!第3回〜Liveでライブする方法 マニピュレーター編(前編)〜

20200515_live_TOP03

お疲れ様です!トラックメイカーのミツビシテツロウです。

普段は広告などの楽曲制作をしたり、”カタカナ”“GEEKS”といったバンドで活動しています。

この連載では、全4回にわたってAbleton Liveの解説をしていきます。

20200501_Live_i

前回はLiveを使った作曲について書きました!
「トラックメイカー ミツビシテツロウのLove Live! 〜努力しないで作曲編〜」
前回の記事はこちら

第3回の今回は、”Liveを使ったライブマニピュレーション”を解説していきます。

1.マニピュレーターってどんな職業?

1

みなさんはライブを見に行ったことがありますか?

大きいステージでバンドやアイドルが歌って演奏している姿を目にする事はありますが、よくよく音を聴いてみると演奏している人より鳴っている楽器の方が多くなっている気がしませんか?
それは気のせいではなく、実際に電子楽器や打ち込みの音、録音されたサイドギターやコーラスの再生もマニピュレーターが行っています。

アイドルのライブではステージ上に楽器を演奏する人が居ない事も多く、曲を再生するのはPAチームのマニピュレーターだったり、PAが兼任する事もあります。

バンドライブでメンバー以外の音を追加するには、マニピュレーターを入れる必要があります。ドラマーやキーボーディストが兼任する事もあります。

マニピュレーターは現代のライブステージには必須になっているのですが、マニピュレーター入門!のような本やコンテンツも少ないのが現状です。方法論も確立されておらず、各々のマニピュレーターが独自に考えてシステムを組んでいます。

マニピュレーターはどんな職業か、その答えは
”ライブステージ上で鳴らせないが楽曲に必要な音を再生する職業”です。

実際にはコンピューターのスペースキーを押すだけですが、そのスペースキーを押すまでの作業に全てが詰まっています!

外出自粛でライブは中止、そんな時期ですが準備するにはチャンスです。しっかり準備して、いつでも本番が来てもいいようにしましょう!

2.マニピュレーターが実際にする作業

マニピュレーターが行う作業で代表的なものは

・クリックを用意する
・曲の再生を行う
・コミュニケーションを取る

の3つです。完璧にできれば最強のマニピュレーターです。
では1つずつ解説していきましょう!

●クリック(メトロノーム)を用意する。

現代のマニピュレーターは基本的にコンピューターとDAWを使ってマニピュレーションを行います。すでに録音されたり打ち込まれているものを再生するので、そのまま再生するだけだとメンバーは再生された同期に合わせて演奏する事になってしまい、パフォーマンスどころではありませんね!

そこでクリックを使って再生されている楽曲のテンポをメンバーに常時伝え続け再生される音と同期して演奏してもらいます。

何度もこの作業を行っていく内に楽曲を理解します。マニピュレーターの事前準備の中でも重要な作業です。

2

Liveでクリックをオンにするにはこのボタンを点灯させます。右クリックで音色も変更できます!

●曲の再生を行う

マニピュレーターが現場で行う作業の中でも一番重要な作業です。

リハーサルではメンバーが円滑に進行できるよう、楽曲をすぐに再生できるように。

本番では滞りなくベストなタイミングで全てのトラックが円滑に再生されるように細心の注意を払って再生を行います。

絶対にマニピュレーターは失敗できません。

3

●コミュニケーションを取る

マニピュレーターのコミュニケーション能力は重要です。

会場のPAエンジニアと音作りの話をし、舞台監督と進行の段取りを話し、メンバーとクリックや楽曲の展開の話をします。突然Aメロが8小節から16小節になってもすぐに対応できるよう常に全体の会話を意識して聞く必要があります。場の雰囲気を読み、楽器隊だけで話をした内容にも耳をすませ、先に終わらせられる事は終わらせます。

4

それでは実際にライブ本番を迎えるまでに行う事を確認していきましょう!

自分のバンドに同期を入れたい方から、今日からライブマニピュレーターになった人まで自分の立場に置き換えながら読んでみてください!

3.回線図を考えよう!

まずはハードウェアから考えていきましょう。

最小構成はノートパソコン1台とオーディオインターフェース1台です。

アナログ4アウト以上のインターフェースを使えば同期音源とクリックを別に出せます。

*可搬性に優れたアナログ4outのインターフェース製品はこちら!

MOTU
M4
¥30,580
本体価格:¥27,800
459ポイント還元
Focusrite
Scarlett 4i4 (gen3)
¥27,720
本体価格:¥25,200
416ポイント還元
Presonus
Studio 26c
¥21,186
本体価格:¥19,260
1ポイント還元
Steinberg
UR24C
¥24,200
本体価格:¥22,000
363ポイント還元
audient
iD22
¥57,250
本体価格:¥52,045
583ポイント還元
Native Instruments
KOMPLETE AUDIO 6 MK2
¥25,801
本体価格:¥23,455
387ポイント還元

想定されるアウトプット構成
Out1-> 同期音源L
Out2-> 同期音源R
Out3-> クリック
Out4-> 別音色のクリック、ベースなど

しかしこの構成にはいくつか問題があります。

・家で同期音源を作り込んできても会場では思ったような音像になっていない
・PAで同期音源のリズムトラックだけにコンプをかけたくても、リズムトラックもシンセもコーラスも同じアウトプットから出てくるので対処できない
・クリックを1〜2人しか出せない
・本番中コンピューターがフリーズすると対処法がない

これら全てを解決するにはシステムをバージョンアップしていく必要があります。

最初の3つの問題はインターフェースの出力数を増やす事で対応できます。

増えれば増える程コーラス、シンセ、ギター、エフェクト音、ギター、ストリングスなどを別々にPAに送る事ができるので幅広い対応が可能となります。

また会場に入ってから音像が思ったように鳴らなかったのなら出力チャンネルごとにEQをすれば当日のセットリスト全てに反映させる事ができます。

さて一番大変なのは本番中にコンピュータがフリーズしてしまった時の対応です。日々様々なマニピュレーターの方々が色々なシステムを考えて実践しております!

紹介します!僕のシステムはこちらです!

system

1)メインのMacBookProに接続されているRME DigifaceからサブのMacBookProに接続されているRME UFX+にADATを使って音声を入力します。
メインのMacBookProから出力されている音はサブのMacBookProに接続されているRME Fireface UFX+を通ってPAに出力されます。

RME AUDIO
Digiface USB
¥60,500
本体価格:¥55,000
908ポイント還元
RME AUDIO
Fireface UFX+
¥341,000
本体価格:¥310,000
0ポイント還元

2)メインのMacBookProのLiveからは常にサイン波が出力されるようにしています。
これはどのように作っても大丈夫です。僕はMaxForLiveのパッチを使って再生状態に関わらず常にサイン波が出力されるプラグインを使っています。
Live付属のAnalogを使って音を出力させ続けても大丈夫です。

3)サブのMacBookProのLiveからは音が出ないように全ての出力にGateをかけています。
Live付属のGateプラグインにはサイドチェイン機能が付いており、キーとなる信号が入力され続ける限り音が出力されない設定にする事ができます。
メインのMacBookProがフリーズし音が止まってしまった場合にゲートが開きサブのMacBookProから音が出力されるようになっています。

4)サブのMacBookProに音声出力が切り替わったら急いでメインを再起動してMC中などにメインに切り替えます。

5)2つのマシンの同期はKORG NanoKontrol2を使っており、iConnectivity MIDI4で分割しています。
KORG Nanokontrol2の再生ボタンを押すとメイン、サブどちらのMacBookProも再生が始まります。

このように多出力のオーディオインターフェースを使いつつ、サブのコンピューターも用意する事によって柔軟かつ本番を安全に迎える事ができます!

もちろん予算の幅という前提はありますが、可能な限り安心かつ出力数の多いシステムが組めるように考えてみましょう!
(ちなみに小さめのライブハウスなどで12回線持ち込むとすごい顔をされますので、事前に会場が受けられる回線数は確認しておくべきです。DIが足りなかったり、ミキサーのチャンネルが空いてない事もあります)

5

4.Liveでライブ同期を作ろう!

やっとLiveの話です!!!すみません!!
コミュニケーションをとる覚悟とクリック、マニピュレートする機材が全て揃いました。
データもなんとか揃ったのでリハーサルが始まる前の日には全てのトラックをLiveに入れておきましょう。

こちらは僕が自分のバンドで実際にライブで使っているLiveの画面です。

6

見辛くてすみません!

7

一番上にはクリックトラックがあり、クリップにテンポを書き込んでいます。

動作に影響はありませんが、もし操作を間違えてテンポのオートメーションを全部消してしまっても復旧できるように書き込んでいます。

8

その下にあるVoice countは楽曲の構成上煩雑な部分に1,2,3,4と人の声が鳴るようになっており、曲の入りや落ちサビ開けなどがわかりやすいようにしています。

構成のトラックにはその名の通り構成が書き込んであります。自分のバンドでも構成を間違える事ってありますよね。ライブ中に「次なんだっけ!?」とド忘れしても大丈夫です。ここを見れば全て書いてあります。

9

2mixのトラックには原曲の2Mixが入っています。上述した構成を書き込む時にも使えますし、リハーサル中に原曲を再生して全員で確認する時にも便利です。

その下にあるタイワ式は曲名です。その曲ごとにグループを組んでおけば、すぐにその曲にアクセスできます。

構成はマーカーで打ってもOKですが、僕はライブ中に目につきやすい色を使えるMIDIトラックで作っています。本当に覚えられない場合には構成ごとに色分けしたりもしています。

マーカーは曲の先頭にだけつけています。

10

こうすることにより、曲の頭出しがとてもスムーズです。
1つ前の曲が終わってからスペースキーを押して次の曲に行くためにもう一度スペースキーを押すよりも、再生し続けたまま次のマーカーに飛んだ方が早いですし、フロアの拍手終わりの間もつかみやすいです。
僕は次のマーカーに飛ぶのをNanoKontorol2にアサインして、ボタン1つで飛べるようにしています。

このセクションです。

11

曲ごとに纏めているグループを開くとこのようになっています。

12

FXや、RtyhemなどはまとめてコンプレッサーやEQをする事も多いので更にグループに纏めています。
グループの中にグループが作れるようになったのはLive10から。本当に待ち望んだ機能でした。

このようにパラデータの機能(シンセやFX、Ryhtem等)ごとにトラックを整理し、何を言われてもすぐにアクセスできるようにしておきます。
エフェクトを掛ける際にも便利です。

この曲ごとのグループをセットリスト通りに並べるとこのようになります!

13

これはおおよそ40~50分くらいのライブの同期データですが、2時間ステージになると

14

このような途方もない感じになりますが、おおよそやることは同じです。

さて、これでパラデータと曲の整理も終わりました。

あとは出力チャンネルを設定しましょう!

グループをマスターにアサインしてもいいのですが、出力数に余裕があれば楽器ごとに別で出力したいですよね。
なので僕はReturnトラックをインターフェースの出力数分作って整理しています。

15
このようになります。

もちろん各曲のリズムセクションを7/8のステレオ出力に、シンセを1/2に、と1つずつ設定してもいいのですが手間もかかりますし、全体でシンセを2db落とす。コーラストラックを1db上げる。などの作業が一瞬で終わります。Returnトラックのボリュームを上げ下げするだけです。もちろんリターントラックにEQやコンプレッサーを掛けることもできますのでとても便利です。おすすめです。

このReturnトラックに間違えないようにSENDを設定していきます。

16

この場合声物は全てReturnトラック Cにアサインしているので全てCに送っていきます。
出力はSends Onlyにして、余計な所から音が出ないようにします。

E MonitorトラックはReturnトラックを全て送っており、インターフェースのヘッドフォンアウトから音が聴けるようにしています。
リハーサル中や本番中にさっと音が確認できて便利です。

クリックトラックは別の出力にアサインしておきましょう。外に絶対に出さないトラックなので直接出力を指定しても大丈夫です。

17

ここまで終わったら、もう一回すべてをチェックしましょう。

リハーサルで使う機材全ての電源は正しく入るか、クリックの音色は選べるようになっているか、ケーブルは足りるか、出力の設定は間違ってないかを確認したら曲を覚えるまで聞き込みます。

ドラムトラック、ベーストラックがある場合はミュートしておきましょう。実際に演奏する場合がほとんどですが、消してはいけません。いつ必要になるかわかりません。ドラムだけ聴かせてほしいと言われるかもしれません。

ギターが複数トラックあったらギターソロや楽曲構成上ギターのみになる部分はミュートしておきましょう。こちらも実際に弾く場合がほとんどです。

どのギタートラックを鳴らすか想像がつかなかったらメモしておいて、リハーサル前に確認しましょう。マニピュレーターにはコミュニケーション力が大切です。

あとはひたすら再生を行います。曲の途中で無理やり次の曲を再生したり、考えられる限りの動作が不安定になるような操作をしましょう。

一度でもLiveが落ちるような事があればバッファサイズを上げ、フリーズできる部分はフリーズしましょう。
必要のない出力チャンネルがONになっているのならOFFにしましょう。クリックトラックを持って行く音色の数だけオーディオに書き出しましょう。

可能な限り動作を軽くする努力が必要です。絶対に落ちない安心感はこのタイミングでのみ作られます!

18

ここまでがマニピュレーターの行う準備です!本当はもっとありますが、基本的にな部分のみ紹介しました!
後編にあたる次回はリハーサル、本番編とAbletonLiveならではのマニピュレーターTipsをご紹介します!
お楽しみに!してください!

Writer. ミツビシテツロウ


Ableton製品を今すぐチェック!

Ableton製品一覧はこちら

f3faaf5a1d91dfd24f0e10d85bf30567

ミツビシテツロウ

ニューウェイブバンド カタカナでの活動に加え、souichiro igari名義でロックバンドGEEKSのサポート、声優ユニット イヤホンズのバックバンドとして東京キネマ倶楽部で行われたデビュー2周年記念公演「月世界旅行楽団」にも参加。その他キーボーディスト、マニピュレーターとして多数のライブに出演。

作家として音楽制作を行う傍らレコーディングエンジニアとしても活動している。

https://www.kata-kana.net/

記事内に掲載されている価格は 2020年5月15日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

iZotopeが「Black Friday先取りFlash Sale」スタート!…
あのStutter Edit 2が75%OFFで税込¥5,390に!期間限定!
BehringerがOctave CATをモデルにしたデュオフォニックアナログシ…
デュアルVCO、4つの波形をミックス可能!
UVIのクリエイティブEQ “SHADE”が1.1にバー…
ユーザーの要望に応えて、機能追加、プリセット拡充、その他各部を強化・向上!
PreSonus設立25周年記念「AudioBox USB 96 25th An…
音楽制作を始めたいミュージシャンやコンパクトなI/Oをお探しの方に理想的なDTMバンドル!
KORGがヘッドホンの新製品VH-Q1とNC-Q1を発売!
KORGがヘッドホンの新製品VH-Q1とNC-Q1を発売しました。 VH-Q1は個人練習に便利なノイズ・キャンセリング・ヘッドホン、NC-Q1はかつてない聴覚保護とサウンド・コントロールを持つ新時代のDJモニタリング対応 [……
ApogeeのフラグシップI/O「Symphonyシリーズ」にデスクトップタイプ…
Alloy Mic Preamp emulationなど画期的な機能も搭載!
DJIが次世代小型カメラPocket 2を発売!ハードウェアスペックが大幅に向上…
DJIがOsmo pocketの後継機種「Pocket 2」を発売しました! 2018年に発売された前機種Osmo pocketの特徴はコンパクトサイズでありながら3軸のスタビライザーを搭載し、映画のようなブレのない撮影 [……
UVI FALCONバージョン2.1リリースを記念し、在庫限り特価!
Falcon2特価キャンペーンは在庫限りで終了です、ぜひお早めに!
WAVES V12リリース記念!アップグレード・プロモーションがスタート!
プラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして28年間、音楽制作の現場を支えてきたWavesからバージョン12(以下、V12)へのメジャーアップデートがリリースされました。Waves V12ではプラグイン・ウィンドウ [……
Wavesのインストゥルメント・プラグインInspireにインスパイア!バンドル…
こんにツアー!お待たせしすぎたかもしれません! リモートワークでもハイテンション、元気一杯でお送りする村Coming Soonのレビューです。 今回は現在絶賛セール中のWavesのインストゥルメント・プラグイン、Insp [……
Roland伝統のリズムマシンTRシリーズに、TR-06、TR-6Sが新登場!
ミュージックシーンをリードしてきたRolandのリズムマシンTRシリーズに、新たなモデルが登場!
BOSSのLoop Station「RC-5」に、エフェクト・プロセッサー「GT…
ギタリストには馴染み深い2製品がさらに進化!便利な機能を搭載!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company