本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NOW ON SALE

お得なキャンペーン、新製品、さらにメーカー蔵出しのOUTLET品等々の情報が満載!

29
Jul.2022
NOW ON SALE

ギターとドラムのミックスを秒で解決するWAVESプラグインを試してみた!

20220729_waves_1390_856

ロック曲をミックスするとき、熱いギターサウンドとパワフルなドラムを表現するためにエフェクトプラグインをいろいろ試していませんか?ロックギターやドラムに特化された専用のプラグインがあれば便利なのに、、、とそんな時に強力な助っ人になってくれるのが、ロック界を牽引してきた名エンジニアによる即戦力プラグイン Waves Signature Seriesです。

Waves Signature Series

signature-title

名エンジニアのノウハウがひとつのコンポーネントにまとめられた Waves Signature シリーズを使えば、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、シンセなど、楽器の特徴に合わせた音作りが素早く簡単に行えます。前回試した Tony Maserati & JJP にひき続き、今回は Eddie Kramer と Chris Lord-Alge のシグネチャープラグインを使って、ロックギター、ロックドラムをパワフルにできるのか試してみました。

今回ご紹介するプラグイン

thumbnail

Chris Lord-Alge Signature Series
30年以上もの間、ロック界のサウンドを牽引してきたクリス・ロード-アルジ。彼のテクニックを、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルなど用途別の6つのプラグインとして再現しました。エアロ・スミス、ミューズ、グリーン・デイ、U2、ナイン・インチ・ネイルズ、フー・ファイターズ、アラニス・モリセットなど、数え切れないほどの名盤で聴かれるエンジニアリングを、ミックスに取り入れることができます。

thumbnail

Eddie Kramer Signature Series
ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリンなど、歴史に残る数多くの制作現場で、輝かしいロックの歴史を築き上げて来たミキシングエンジニアの一人です。このシグネチャーシリーズには、幾つものハードウェア・アウトボードのチェーンを必要としたサウンドがシンプルな操作で再現できるように、エディ・クレイマー自身のミックステクニックと哲学が詰め込まれています。

☆ギターをパワフルにしたい!

ギターはロックミュージックの中で最も肝心なパートです。迫力のあるギターサウンドを作るにはイコライザーやコンプレッサーなどを駆使する必要があり、それらの機材を複数用意して音作りするには、多くの知識と経験が求められます。プロエンジニアの技が手に入るプラグインを使って、パワフルなギターサウンドは作れるのか、CLA Guitars と Eddie Kramer Guitar Channel を試してみました。

【CLA Guitars】

ロックサウンドの重鎮、クリス・ロード・アルジによるギター専用プラグインです。Bon Jovi「Have A Nice Day」、Green Day「American Idiot」、Hoobastank「The Reason」。その他にもAerosmith、Linkin Park、Skillet、Avril Lavigne、UVERworld、B’z、X Japan、Miyaviなど、誰でもおそらく…数十曲は、彼が手掛けたサウンドを聴き込んでいるのではないでしょうか。 ※彼が手掛けた作品の “膨大なリスト” はオフィシャルサイトで確認できます。www.chrislordalge.com/credits

COMPRESSスライダーを上げるとギターサウンドが厚くなりました。ギターに迫力が足りないと感じたら、まずはCOMPRESSスライダーを試してみるのが良さそうです。スライダーの上のボタンに設定が3種類(PUSH、SPANK、WALL)用意されていて、WALLが文字通りギターの壁を作るのに重宝しそうです。PITCHスライダはギターのステレオ感を広げてくれて、ギターの本数が増えたかのような派手なサウンドになります。元のギターサウンドは音がこもって奥に引っ込んでいましたが、1つのプラグインだけでエッジの効いたパワフルなギターの壁になったと思います。

【Eddie Kramer Guitar Channel】

正しい量のEQ、コンプレッション、ディレイ、リバーブ、わずかなフランジャー、これらの要素を組み合わせて作られたリードギター向け設定と、目の前に迫ってくるリズムギターを目指して作られたエフェクトチェーンを再現したプラグインです。ライブ感や有機的なサウンドが、ミックスの中ではっきりとした刺激を創り出してくれます。

3つのギターサウンド「RHYTHM 1、RHYTHM 2、LEAD」の中から今回はRHYTHM 1を使用しました。ギターがクリアーで骨太になり、このプラグインを通すだけで十分満足してしまいましたが、SENSITIVITYノブを上げるとさらにハイゲインな荒々しい音になり、曲のイメージに合わせて歪み感を調整できるのが便利でした。TREBLE と MID ノブでさらに音色作りをすることも可能です。ギターが前面にピッタリと張り付きながらステレオ感も増し、ロックらしい力強いギターになりました。

試聴に使用した音源

Drums:UJAM Virtual Drummer SOLID
Bass:UJAM Virtual Bassist ROWDY
Guitar:UJAM Virtual Guitarist IRON
Guitar:UJAM Virtual Guitarist IRON2
Guitar:UJAM Virtual Guitarist CARBON

☆ドラムをパワフルにしたい!

ロックドラムはギターと並んでロックサウンドを象徴する重要なパートです。キック、スネア、タム、シンバル類、部屋鳴りなど、他の楽器と比べて音作りの要素が多く、アウトボードの深い知識と各ドラムパーツのサウンドをまとめ上げるテクニックが必要になります。この難関のドラムミックスがプロの技でどのように仕上げられるのか、CLA Drums と Eddie Kramer Drum Channel を試してみました。

【CLA Drums】

どんな曲でも、どんなミックスでも、誰でも素晴らしいドラムサウンドが楽しみながら手に入る、クリス・ロード・アルジ本人もお気に入りのドラム専用プロセッサーです。キック、スネア、タム、オーバーヘッド、ルームアンビエンス、そしてカウベル用のカテゴリーが用意されており、ドラムのパーツごとに使用することができます。

まずはスネア単発で試しました。元のスネアは野生味あるロックな音ですがパンチ感に欠けていたので COMPRESS スライダーの「SPANK」設定を試してみました。音の芯がタイトにまとまりアタック感も出て、クールな印象になりました。ボーカルが入ってくることを想定すると、スネアがボーカルの邪魔にならない位置に引っ込みながらも、ドラムの顔になるパワフルなスネアになりました。その次にキック、スネア、ハイハット、オーバートップのチャンネルに個別でプラグインを立ち上げて、それぞれのパーツに合わせたエフェクトカテゴリーを選びました。キックはロックのキックらしく、スネアはロックのスネアらしく、それぞれに特化されたスライダーが用意されているので、一つづつ試していくだけで欲しい音に近づき、ロックドラムらしいサウンドに仕上がりました。

【Eddie Kramer Drum Channel】

ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリンなどなど、ロックが市民権を得る時代に生まれたレコードに共通しているのは、最もミックスに頭を悩ませるドラムの音が普遍的な美しさを持っているということです。そんなレコードのミックスを手がけていたのがエディ・クレイマーです。ドラムパートの各トラックにインサートすることで、リスナーを感動させるドラムトラックを素早く構築することができます。

キック、スネア、タム、オーバーヘッドにプラグインを試してみました。Over Head パートの入力音が大きすぎたため SENSITIVITY を少し下げただけで他のパラメーターには全く触っていないのに、サウンドが太くクリアーになり驚きました。キックとスネアだけでなくタムがはっきりと聞き取れるようになり、曲後半のタム回しがアレンジとして生きてくるサウンドになりました。TREBLE と BASS ノブで音作りをすることも可能ですが、通すだけで粒立ちがはっきりとした音になるので出番は少なそうです。Eddie Kramer Guitar Channelを試聴したときにも感じましたが、Eddie Kramerのサウンドはスマートフォンで聞いてもきちんと再生される、どんな環境で再生してもサウンドのバランスが損なわれない部分にも魅力を感じました。

試聴に使用した音源

Drums:UJAM Virtual Drummer BRUTE
Bass:UJAM Virtual Bassist ROWDY
Guitar:UJAM Virtual Guitarist IRON
Guitar:UJAM Virtual Guitarist IRON2
Guitar:UJAM Virtual Guitarist CARBON
Synth:UJAM Usynth DELUXE

Chris Lord-Alge Signature Series は楽器に輝くパワーを与えてくれて、ギターやドラムを自分好みに作り込みたい時に大きな力になってくれると思いました。作り込む手間がかからず、色々なサウンドが短時間で試せるのも制作効率をアップしてくれます。そして Eddie Kramer Guitar Signature Series は、プロの技を再現できるシグネチャーシリーズのコンセプトを強く実感することができました。ただ通すだけでサウンドが生まれ変わり、これからミックスするのが楽しくなりそうです。ロックギター、ロックドラムをミックスする時に今回のプラグインを試してみるのはいかがでしょうか。

Waves
Chris Lord-Alge Signature Series ★Waves Bundle Upgrade Sale!
¥11,550
本体価格:¥10,500
173ポイント還元
Waves
Eddie Kramer Signature Series ★Waves Bundle Upgrade Sale!
¥10,010
本体価格:¥9,100
150ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2022年7月29日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

BOSSがベース関連の新製品として、ベース用マルチ・エフェクター「ME-90B」…
BOSSがベース関連の新製品「ME-90B」「KTN-C112B」「KTN500B H」を発表しました! ME-90Bは、MEシリーズ伝統の直感的な操作性、豊富なエフェクトとプリアンプ、ベーシストの求める全てを網羅するベ [……
ZOOMがマルチエフェクターの新製品「MS-60B+」を発表!ベース用に特化した…
ZOOMがマルチエフェクターMultiStompシリーズの新製品として、ベース用に特化した97種類のエフェクト/アンプモデリングサウンドを内蔵するマルチなストンプボックス「MS-60B+(プラス)」を発表しました! 20 [……
Positive GridのSparkシリーズ新製品「Spark LIVE」、5…
Positive Gridが人気のSparkシリーズの新製品「Spark LIVE」を5月1日(水)より販売開始します。 今年1月のNAMM 2024にて展示され、話題を呼んでいた製品がついに発売されます。 ★参考記事は [……
LEWITTがマイクの新製品「RAY」を発売!「AURAテクノロジー」や「MUT…
LEWITTがマイクの新製品として「RAY」を発売しました! RAYには、マイクとの距離に応じて音量だけでなく音色までも適応する「AURAテクノロジー」や、距離によるミュート機能「MUTE by Distance」といっ [……
Neumannが「U 87 Ai プライスプロモーション」をスタート!世界で最も…
世界で最も有名なスタジオマイクNeumann U 87 Aiが期間限定でお得になる「U 87 Aiプライスプロモーション」をスタートしました! 特に専用木箱とU87Aiにジャストフィットする純正エラスティック・サスペンシ [……
SENNHEISERが「MKE 400-II、MKE 400-II Mobile…
SENNHEISERが「MKE 400-II、MKE 400-II Mobile Kitプライスプロモーション」をスタートしました!MKE 400-IIは通常28,600円(税込)がキャンペーン特価に、そしてMKE 40 [……
Positive GridのGuitar Monthプロモーション第2弾は、スマ…
Positive Gridが、「4月国際ギター月間特別プロモーション」と題して人気製品4製品のセールを開催!待望の第2弾はコンパクトながら便利な機能を多数搭載したポータブルアンプSpark MINIが11%OFFに!!期 [……
UJAMが新クロスグレードの登場を記念して、「新クロスグレードプラン50%OFF…
UJAM有償製品をアカウントに登録しているユーザーなら購入できる新クロスグレード登場!
Loupedeckの取扱いを開始!編集用コントローラ3機種が、最大¥11,000…
Loupedeckの編集用コントローラ4機種の取扱いを開始しました! プロにも初心者にも最適なコンソールで、OS操作や写真動画編集以外に、Live(Ableton)やCubase(Steinberg)のDAW操作プリセッ [……
Naitive Instrrumentsの誇る業界標準サンプラーの最新版・KON…
Naitive Instrrumentsの誇る業界標準サンプラーの最新版・KONTAKT 7が、50%OFFとなるキャンペーンがスタートしました! Kontakt 7は、業界をリードする音源の製作ツールとして単なるサンプ [……
STAXが円形イヤースピーカー「SR-X1」と、そのエントリーセットモデル「SR…
STAXが、円形イヤースピーカー「SR-X1」と、そのエントリーセットモデル「SRS-X1000」を発表しました! SR-X1は、伝統の円形イヤースピーカーを現代の設計思想で再構築した新エントリー機で、歴代のイヤースピー [……
Audientがイマーシブオーディオに特化して設計されたオーディオインターフェイ…
今年1月に発表されたAudientのオーディオインターフェイス&モニターコントローラー「ORIA」4月17日(水) 発売が決定しました! 「ORIA」はDolby Atmosなどのイマーシブオーディオに特化して設計され、 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company