本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

17
May.2019
HOW TO

コンプレッサーの代名詞!Universal Audio 1176のサウンドレビュー!

20190422_Staffreview_1390_856

コンプレッサーの特集には必ず登場する1176。まさに万能コンプレッサーとして多くのブランドからも動作原理を基にしたカバーモデルが多々出るほどの圧倒的な不動の地位を持つプロダクトです。

どの音源素材にも使える万能性と手に取るようにわかりやすいサウンド効果が魅力的で、コンプレッサーを初めて導入する際の製品としてもおすすめです。

product_64359

その人気の理由とお勧めポイントを、動画でご紹介させていただきます!

1176の特徴

20190422_UA_1400_616

1、立ち上がりの早い音もしっかり捉える高速なアタックタイム

4種類ほどあるコンプレッサーの動作原理の中でも早い部類に入るFET系の方式になります。そのためパーカッションやギターなど音の立ち上がりが早い音色のサウンドもしっかりとボリュームコントロールできます。

※アタックタイムの設定幅は20msから800msです。

つまみを右回りにするほど早くなります。つまり7の位置が最速の設定です。

ちなみにリリースタイムは、50msから1100msの設定幅です。こちらも右回りにするほど短い設定となり、7の位置が最短の設定です。

2、シンプルな操作性の良さ

1176ln_classic_limiting_amplifier_feature_1_1

1176が使いやすいのはそのパネルレイアウトと操作性にもあります。

スレッショルド(コンプレッサーが動作するボリュームレベル値)が固定のため、INPUTを上げると最終的なOUTPUTのボリュームを調整すると、基本的にこの2つのノブを操るのみになります。

よくデフォルトは逆八の字がたにしてそこから微調整するなんて聞きますよね。

3、スレッショルド未満のボリュームが持ち上がる特性とキャラクター

1176自体はボリューム制御するコンプレッション用途が基本の使用用途になりますが、実はスレッショルドに到達していないサウンドのボリュームが持ち上がるという特性があります。

ある意味エキスパンダー(※コンプレッサーと逆の動作をするエフェクター、スレッショルド以下の音を持ち上げるエフェクトです。)みたいな効果とも言えます。この効果により全体的な音圧感が持ち上げられ、ミックスの中で音の存在感が増すという効果があります。

また、内部で使用しているトランスの効果も合わさり、コンプレッションしていない状態でも、音源に少し躍動感が増すというキャラクターが着きます。

1176マニュアルダウンロードはこちら
https://media.uaudio.com/assetlibrary/1/1/1176ln_manual.pdf

1176ならではの全部押しモード(All-Button Mode)

1176ln-classic-limiting-amplifier-image-4

Ratioの部分のスイッチを全部押す、全押しモードというものがあります。

60-70年代のイギリスでよく使用されていたということでよくbritishモードと言われたりします。こちらのモードでは、よりサウンド変化が顕著になります。サウンドキャラクターの変化を求める場合はぜひこのモードも一度お試しください。

サウンドの歪み感が増しベース/エレキギターサウンドに心地よいニュアンスを生み出し、ボーカル前面へ持ってくることができます。

お勧めの使用シーン

1、レコーディング時のファーストコンプとして

録音の過程において最も影響が大きいのがボリューム管理です。

収録後にDAWのプラグインやハードウェアの後処理でももちろんコントロール可能なのですが、録音時点である程度のコンプレッションをすることで下記のメリットがあります。

・ボリュームレベルを揃えることで、後処理が容易になる
・ボリュームのダイナミックレンジ幅が揃うので、入力レベルをデフォルト時よりもあげることができ、デジタル取り込み時のヘッドマージンを有利に確保できる、さらにノイズ比も向上する。

2、ミキシングツールの一手段として

1176は通すだけでキャラクターが付与できます。まさに通すだけ1
という使い方です。
1176のトランス回路を通すだけで、コシのあるサウンドへと変化させることができるため、出来上がったオーディオ素材や、シンセサウンドに積極的に活用することでサウンドをよりパワフルに仕上げることができます。

UADプラグインバージョンの1176ですが、使用する際の公式TIpsが紹介されています。

1176は、歴代モデルにより使用パーツなどが異なるリビジョンモデルがあります。現行はRevision Eモデルを参考に復刻したバージョンになります。

モデルごとの違いは下記ページ参照ください。

1176バージョンヒストリー(本国サイト英文)
https://www.uaudio.jp/blog/1176-la2a-hardware-revision-history/

Universal Audio
1176LN ★35周年記念SPセール!
¥398,000
本体価格:¥361,818
0ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2019年5月17日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.236』Nativ…
    ユーザーライブラリが、なんと6,000以上無料で手に入り、 さらにそれらを自作できてしまうReaktorの底力を教えて頂きました!
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Soratoプライベートスタ…
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Soratoプライベートスタジオ・インタビュー
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024!Sound Factory …
    今回のBuild Up Your Studioでは、数々の映像作品に参加するSound Factoryへお邪魔させて頂き、クリエイティブとエンジニアリングの二刀流で活躍されているNick Clegg氏にお話を伺いました。 [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.235』自宅の録音…
    作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第235回、今回はプラグインではなく、自宅の録音環境を考える編! [……
    Blackmagic Design製品の愛用者に訊く!最新映像制作ツールの活用術…
    世界中の映像クリエイターに愛用されている動画編集ソフト、Blackmagic Design DaVinci Resolve。その使い勝手の良さと機能の豊富さで、映像専門ではないミュージシャンからも支持を集めています。 プ [……
    Pro ToolsとDropbox Replayの統合 ーファイル共有と収集を実…
    AVIDが、NAB 2024にて発表した動画で、Pro ToolsプロジェクトにDropbox Replayを導入することで、オーディオ制作のワークフローが大幅にアップグレードされる新機能の紹介動画が公開されています。 [……
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024!宮川 麿 (Miyakawa…
    ーーー 簡単な自己紹介をお願い致します。 コンポーザーの宮川麿です。普段はフリーの作曲、編曲家として楽曲提供を中心に活動しております。 またミキシングエンジニア、サウンドプロデュース、ディレクション業務等も行なっておりま [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.234』Unite…
    作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第234回目は、UnitedPlugins RANDOMACHI [……
    【後半】音楽と映像を横断するレーベル Chilly Source インタビュー 
    音楽と映像を横断するレーベル Chilly Source、前半インタビューでは DJ KRO氏、Tsubasa Dohi氏、foolish氏に、レーベルスタートのいきさつ、またChilly Sourceへ加入した経緯をお [……
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024!梅田サイファー【Cosaqu…
    Cosaqu 大阪の梅田駅にある歩道橋で行われていたサイファーの参加者から派生した集合体、梅田サイファーのメンバーであり、ビート・メイカー/ラッパー/エンジニアとして活躍。 梅田サイファー「KING」「かまへん」をはじめ [……
    BUILD UP YOUR STUDIO 2024 : IK Multimedi…
    今回は今年2月発売以来話題沸騰のIK Multimediaのルーム音響補正システム、ARC Studioですが、今回は音楽プロデューサー/アーティストで、Rock oNメールマガジンでもコラム連載中のJUVENILE氏に [……
    マルチチャンネル対応可能となったNeumannのモニタースピーカー補正システムM…
    今やすっかり定着した感のあるモニタースピーカー補正システム。正確な出音が求められるモニタースピーカーにとって、壁や天井からの音反射や、スピーカースタンド・デスクの共振などで設置する環境によって特定の周波数が増幅されたり減 [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company