本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

02
Dec.2021
HOW TO

世界標準WAVESマキシマイザー「L」シリーズの全容まとめ

20211203_waves_1390_856

1992年に創業したWAVESですが、その最初期に開発されたのが WAVES L1です。L1の登場はデジタルオーディオの革命のひとつと言ってもよく、音楽はもちろん、ゲーム、放送、映画など、あらゆるユーザーに爆発的にヒット。スレッショルドを下げるだけの簡単な操作で、デジタルオーディオにあってはならないクリッピングを回避し、音圧を稼ぎ、デジタルクオンタイズ(ビット解像度の最適化)をしてくれるという製品です。後にはヤマハ製のミキサー、ハードディスクレコーダーなどにもオプションとして搭載されるなど、その技術はブランドの垣根を超えました。音圧戦争の火付け役とも評された衝撃的な性能はその後も進化を続け、現在8種類ものマキシマイザーが存在します。

L1 Ultramaximizer
L1 Ultramaximizer+
L2 Ultramaximizer
L3 Multimaximizer
L3 Ultramaximizer
L3-LL Multimaximizer
L3-LL Ultramaximizer
L3-16 Multimaximizer

これだけ種類があると、どれを使って良いのか迷ってしまう方も多いと思いますので、各プラグインの特徴をまとめました。
WAVESの Lシリーズをひと通り持っている方であれば、各プラグインの動作原理を理解することで制作効率やミックスクオリティがアップすることでしょう。まだ持っていないという方は、WAVESプラグインを単品でお安く買える今が買い時です。Lシリーズの最もお得で賢い買い方をお教えします!

L1 Ultramaximizer、L1 Ultramaximizer+

独特の歪みっぽさが現代でも人気


L1 Ultramaximizer



L1 Ultramaximizer+

L1は、後に登場するL2やL3に比べると少々歪みっぽく、ハイビット・ハイサンプリングレートが当たり前になった今ではマスターチャンネルに使用される機会は減りましたが、その独特の歪みっぽさを愛するユーザーは多く、ドラムやベースのバスミックスや、荒々しさを出したいシーンで現在も使用されています。L1 Ultramaximizer+ は L1 Ultramaximizer にインプットレベル調整、QUANTIZE、DITHER、SHAPING、DOMAIN設定が追加されており、L1 Ultramaximizerを単品購入すると、上の2つのプラグインがセットで手に入ります。

WAVES
L1 Ultramaximizer
¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元

L2 Ultramaximizer

Lシリーズの中で最も自然でスムーズなリミッティング



L2 Ultramaximizer

L1 と L2 は「ワイドバンドリミッター」と呼ばれ、音楽の周波数スペクトル全体を同じように処理します。低音域のピークも中音域や高音域のピークと同じように処理され、原音の周波数バランスが崩れにくいのが特徴です。L2の方がアルゴリズムが進化して音が歪みにくく、ミックスのバランスを崩さない透明な処理を実現しています。

L2 の心臓部は、独自開発のブリックウォールタイプの先読みピークリミッターアルゴリズムに加え、9段階のノイズシェイプWaves IDR (Increased Digital Resolution)ディザリングテクノロジーを内臓。マスタリング、ミキシング、レコーディングに最適ですが、極端なリミッティングやビンテージなダイナミクス処理エフェクトとしても同じように高い能力を誇ります。アルゴリズムの改良とARCリリース機能によってよりスムーズで歪みを抑えたリミッティングが可能。Lシリーズの中で最も自然でスムーズなリミッティング、レイテンシーも低いのでL1同様に個別トラックやグループに使用するのもお勧めです。

WAVES
L2 Ultramaximizer
¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元

L3 Multimaximizer

5バンド・マルチバンドマキシマイザー



L3 Multimaximizer

L1、L2 のように全周波数帯域をまとめて処理するのではなく、最大5つの周波数帯域を個別に処理するマルチバンド・マキシマイザーです。

シンプルな操作体系はそのままに、Waves最新のリニア・フェーズ・クロスオーバー技術とピーク・リミッティング・ミキサー技術を統合することで、サウンドのキャラクターまでコントロールすることを可能にしました。プライオリティコントロール機能により、オーディオのどの部分にリミッターをかけるかをより細かくコントロールすることができ、美味しい帯域をキープしたままリミッティングする事も可能です。各周波数ゾーンには、それぞれのバンドのゲイン/ブースト・コントロールも含まれており、実質的に5バンドEQとなっています。また、リリース・コントロールはそれぞれ個別に設定できます。多彩なキャラクターをマスターに付与できるプロファイル機能も搭載し、クリアなサウンドから限界まで追い込むリミッティングまで幅広く対応できます。




L3 Ultramaximizer

一見するとシングルバンドに見えながらも内部は L3 Multimaximizer と同じ5バンド処理で、L2並みのシンプルな操作を実現しています。プロファイルを選ぶ「プリセット」スタイルのアプローチを好む場合にお勧めです。


desktop-contents-3
L3-LL Multimaximizer
desktop-contents-4
L3-LL Ultramaximizer

L3-LL Multimaximizer、L3-LL Ultramaximizer

L3モデルのリニアフェイズクロスオーバーにはかなりのレイテンシーがあるため、L3 Multimaximizerと L3 Ultramaximizer のローレイテンシー(LL)モデルがあります。出音が同じであればLLモデルだけあれば良いかと思いますが、両方存在するには理由があります。通常のL3はルックアヘッドとリニアフェイアズ技術が用いらているため(LLには簡易版を搭載)、レイテンシーが非常に大きい代わりにスイートな高域とパンチのある低域が得られます。そのため、L3 と L3-LL を同じ設定にしても処理後のサウンドは同一にならないことが多いのです。L3-LL の存在価値はCPU負荷の軽さで、トラック毎のマキシマイズを行うのに適しています。

WAVES
L3 Multimaximizer

L3 Multimaximizer
L3 Ultramaximizer
L3-LL Multimaximizer
L3-LL Ultramaximizer
紹介したL3の4プラグインを全て収録

¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元

L3-16 Multimaximizer

脅威の16バンドピークリミッター



L3-16 Multimaximizer

L3をさらに進化させた Lシリーズの最高峰。6バンドEQのような操作性で16バンドという複雑な処理を可能にした、最も強力な最新作。
マルチバンド・リミッティングを正しく使うことで、ダイナミクスやバランスを根本的に変えることなく音量を稼ぐことができます。例えばスネアドラムのピークが多い場合、マルチバンドリミッターを使えば、スネアの周波数帯の中心部分をカバーするゾーンを設定し、他のゾーンよりも強く制限することができます。こうすることで、ミックスの他の部分はダイナミックレンジを維持しながらスネアのピークだけを低減することができます。

WAVES
L3-16 Multimaximizer

L3 Multimaximizer
L3 Ultramaximizer
L3-LL Multimaximizer
L3-LL Ultramaximizer
L3-16 Multimaximizer

→L3シリーズを全て収録

¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元

WAVESマキシマイザーの全体像

全てのWAVESマキシマイザーの特徴をまとめます

L1 Ultramaximizer

今となってはミックス・マスタリングに向かないが、独特の歪みが荒々しさを持ち、現在でも音作りに愛用されている。

L2 Ultramaximizer

Lシリーズの中で最も自然でスムーズなリミッティングを実現したレジェンドモデル。

L3 Multimaximizer

マルチバンドのクリアーなリミッティングで音作りを積極的に行えるオールマイティモデル。

Lシリーズの賢い買い方

現代のDAW環境にマキシマイザーを導入するならば L3シリーズが全て手に入ってしまうL3-16と、レジェンドモデルL2を導入すれば、アコースティックからダンスミュージックまで全ジャンルがカバーできるでしょう。L2でトラックをタイトにまとめ、その後にL3で精細に作り上げるという合わせ技も可能になります。単品セレクトで欲しいプラグインだけ、しかもお得な価格で世界標準サウンドを手に入れてください。

WAVES
L2 Ultramaximizer
¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元
WAVES
L3-16 Multimaximizer
¥5,060
本体価格:¥4,600
101ポイント還元

Writer:SCFED IBE

記事内に掲載されている価格は 2021年12月2日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Loupedeck自作パッチでAbleton Live 12をオペレーション b…
★話題のLoupedeckが、 今なら10%OFFクーポン発行中! 期間:6/21-7/12 機種:Loupedeck CT、Loupedeck Live、Loupedeck Live S クーポンコード:Loupede [……
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .4 by PD安田 Loupede…
みなさんごきげんよう。前回の記事にてAbleton Liveと左手デバイスを駆使したらどんなことができるかを具現化したモジュラーシンセコーナーを展開してみました。そこで左手デバイスがあれば、ショートカットを組み込んで、左 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.239』UAD S…
UAD Sound City Studios Plug-In をいじっちゃいました!
究極のソフト音源3選☆☆☆第3回:初心者にお勧めのギター音源編
初心者にお勧めのギター音源を3つに超厳選!
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .3 by PD安田 モジュラーシン…
みなさんこんにちはPD安田です!暑い日が来るかと思いきや、まだ涼しいような暑くなりそうななんとも言えずな状況で、何気に花粉が飛んでいる、そんな毎日ですね。いかがお過ごしでしょうか。 さて、安田企画「時短化計画」ということ [……
Studio Oneとは?人気上昇中の新世代DAW、Studio Oneの魅力を…
最新バージョン6.6のアップデートの解説も!
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .2 by PD安田 Native …
みなさんこんにちは!PD安田です。さて、安田企画の「時短化計画」ですが、早速打ち込みをベースとし、Native Instrumentsの音源とStudio Oneを駆使したワークフローと機材・設定方法などを紹介します。 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.238』UJAM …
UJAM Usynth TURBO-XT をいじっちゃいました!
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!elleyプライベートスタジ…
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!elleyプライベートスタジオ・インタビュー
Rock oN個性店長リレー 今月は店長PD安田!
Rock oN個性店長リレーとは Rock oNの個性豊かなスタッフが順番に店長としてRock oN渋谷店を期間限定プロデュース! それぞれの得意分野や今一番注目しているトピックを店頭の展示やWEBコンテンツとして発信し [……
個性店長リレー 制作時短化計画 by PD安田
みなさんこんにちは!暑くなってきましたね。 6月から始まった【Rock oN 個性店長リレー】。トップバッターとして私PD安田が抜擢されました! 今月は私がRock oN渋谷店の個性店長として、得意の独断と偏見で皆様にさ [……
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!murozoプライベートスタ…
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!murozoプライベートスタジオ・インタビュー
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company