閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
EVENT

セミナー開催情報はこちら。より質の高いノウハウを手にできるイベントを開催します。過去開催情報も閲覧可能。

03
Jul.2015
EVENT
  • HOME
  • EVENT
  • MIMセミナー
  • MIM Education 高山博の「減算合成シンセシス完全マスター」Session4 ショートレポート

MIM Education 高山博の「減算合成シンセシス完全マスター」Session4 ショートレポート

01

Session.4
日時:2015.6.27(土) 15:00〜
場所: Rock oN MIM Office



高山博さんのセミナー「減算合成シンセシス完全マスター」。Session4のテーマは、前回Session3の、EGをVCA、VCOにかける音作りから引き続き、「EG(Envelope Generator)をVCFにかける」。ショートレポートで当日の模様をお伝えします。


1.EGをVCFにかける / 2.EGをVCFにかける場合に特有の設定

EGをVCFにかけると、一音の中で倍音の増減をコントロールし、音色の時間変化を作りだすことができます。ただ、コントロールする際の基点〜頂点を正しく意識して行わないと、うまくサウンド作りができません。直感的に分かりやすいVCAやVCOにかける場合とは異なった考え方が必要になります。

IMG_0013

今回のセミナーでは、この考え方の違いに多くの時間をかけ、ARTURIAやKORG MS-20といったソフトシンセを使い、丁寧な解説が行われました。EGをVCFにかける場合の特有の設定として、数々のパターンについて、キーとなるポイントが紐解かれていきます。

3.VCFにEGをかけるための練習

IMG_0031EG >> VCFは、初心者にとっては効果がわかりにくい部分ですが、高山氏からResonanceつまみを最大限にあげ、フィルターを発振状態にして効果を確認する手法が提案され、各つまみの各プロセスに沿って、解説が行われます。


4.VCO – VCF < EG - VCA < EGによる音作り

02VCO – VCF < EG - VCA < EGを用いたサウンド作りの例として、シンセベースの音作りを解説。アタック瞬間の「ブ」から余韻の終わりの「ン」まで、この1音に含まれる音色の時間変化を作っていくと、まさにシンセベースのサウンドが再現されていきます。

5.EGを逆相で使う

03最も用いられるのが、VCOのピッチを逆相のEGでモジュレートし、音の立ち上がりをしゃくるようにする効果。今回はシンセリードの音色に、このしゃくりあげるアタックをつけるプロセスを解説。各つまみの設定での注意点が細かく示されます。


4.質疑応答 & フリーセッション

この日、会場にスタンバイした実機は、
・Moog Voyager
・REONモジュラーシンセ HP>>
・Dave Smith Instruments Prophet ’08
・Access Virus TI2 Desktop

これらの人気機種を自由に触れ、受講内容を再現できるのも本セミナーの魅力です!

IMG_000504


IMG_0004IMG_0017


05

最新記事ピックアップ

【大阪開催】MIM Education 有料セミナー 「音楽をつくるために必要な…
「音楽をつくるために必要な基本姿勢とその実践、杉山勇司MIXセミナー」
Rob Papen氏セミナーレポート!開発者直伝、閃きのサウンドメイク術!
5月19日伝説的サウンド・デザイナーRob Papen氏によるシンセサウンド構築セミナーが開催!
ノウハウ満載!『アイドルソングの作り方』をCHEEBOW 氏と共に振り返る
アイドルソング制作のための心構えから実際の作業までノウハウがここに!
『”The 4 Element Synth” for J…
シンセシスに携わる全クリエイター必見の無料セミナーが5/19(金)開催決定!
【受付終了】Rock oN x ICON Presents TECH TALK …
ICONで連載中の「アイドルソングの作り方」がネットを飛び出します! 目の前で「アイドルソングの作り方」をお見せします。
沖縄竹富島のソウルを捉えたレコーディング
Mick沢口氏によるDSD/PCM収録&制作リアルワークフローセミナー
【受付終了】MiMセミナー「ミキシングクオリティーを100%引き出すマスタリング…
講師 :サイデラ・マスタリング チーフ・エンジニア 森崎雅人 氏
ROCK ON PRO × Visiual Graphics Inc. 共同開催…
ポスプロエンジニアへ贈るセミナー。ROCK ON PRO × ビジュアル・グラフィックスが無料開催! この度、ROCK ON PROとビジュアル・グラフィックス株式会社は共同で、映像・音声制作・編集を業務とされている放送 [……
Rock oN Presents 『コンポーザーへの新しい選択肢!UA APO…
今回はなんと楽曲素材をユーザーから公募!
aFrameセミナーレポート 新たなパーカッションの可能性を提示!
梯郁夫氏をゲストに迎えてATV aFrameの仕組みを理解し、自らの音作りに活かしてもらうためのセミナーが開催!
梯郁夫直伝! TRY aframe!~音源機構徹底解析! aFrameを理解し、…
本来自由な形を持つパーカッションカテゴリーにおいて、『演奏性や感触』を第一に開発された話題の新製品ATV aFrame。梯郁太郎氏の『演奏者に馴染む形状』を追求、素晴らしく手触りの良いFUJIGEN製竹製フレーム(ATV [……
30th 2018 Keep Evolving ~Rock oN Crea…
30thを迎えるRock oNが次世代を見据えてキュレーションする、ビッグ・ノウハウ・パーティー。メーカーの情熱に触れる。クリエイターの音楽創造の真髄に踏み込む。Join To Rock oN! KEEP EVOLVIN [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート