閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

28
Jun.2017
PRODUCT NEWS

HEAR THE REAL TONE 2017 ~Advanced Mic 編~

top

index_back

特性と相性を理解し、理想の一本と出会う!

ついに各マイクブランドのプライドがぶつかるAdvanced編に突入! リファレンス基準となるマイクはもちろん、個性あふれる機種が多数登場! Slate DigitalのVMSも本コーナー初登場! 素のマイク音からプロセッシング後のサウンドまでご堪能いただきます! その他話題のマイクプリ一体型CHANDLER REDD MICROPHONEやGeffel M920、ロシアの雄SOYUZまで最新モデル達がここに集結! 先週のEntry編と合わせてあなたの理想の一本を見つけてください!

試聴音源について

今回、Vocal素材に関しては実際の仕あがりを想定し、Comp、Reverbをかけ調整しています。Compは最大で-5dB程度リダクションし、オケに対して同条件になるよう飛澤さんに調整いただいたものです。ReverbはAUXトラックに立ち上げ、各トラック-13dB程度ポストフェーダーで送っています。

Lets_Listen_Now_15

tab切り替え

Male VoFemale VoAcoustic Guitar

 

 

 

entry

総評:空気感、レスポンス、Entry編から一段上の世界へ!

前回のEntry編でも触れたマイクの音像やレスポンスがボーカリストに与える影響。それが最初に顕著に現れたのが男性Vocal3テイク目に使用したManley Reference Cardioidだった。それまでOHAGIさん曰く、自身の声がやや聞き取りづらく、そのため声を張ってしまうという悪循環に陥っていたが、Manley以降のハイエンドマイク各種では実音とモニタリング音の変化がなくなり、声に柔らかさが生じた。歌声の実音は歌い手自身の中で反響するが、その中で『オケがすんなり入ってきた』という理由は、倍音成分が綺麗に出ていることと飛澤氏は分析する。OHAGIさん、小寺さんともにピッチ感もより取りやすくなったと感じられたようだ。SoyuzやAEA、NEUMANN M149などでも、ボーカリストは顕著に(Entry編マイクとの比較で)歌いやすさを感じてくれた。

次にギター収録でフラッグシップの中でも際立った存在だったのがNEUMANN M149TUBE。飛澤氏に『王様のようなマイク』と言わしめた真空管モデルは、そのレスポンス、分離性能、レンジ感や空気感に至るまで全ての性能を併せ持っていた。ソースによってもちろん相性はあるが、総合点という点でやはり格別の存在感がある。

そしてAdvanced編ではリボンマイクも多数登場する。前回のN22とは違いリボンらしい音像のモデルが多いが、今回もEQ後とEQ前のサンプルを飛澤さんに用意いただいたので、その有用性を是非再認識してほしい。やはりリボンマイクは価格からは信じられないほど場の空気感を再現してくれる。アクティブモデルはGainも含め取り扱いが容易、高評価を集めたN22を筆頭に是非導入を検討してみてほしい。

まとめて比較試聴!

【Male Vo】

【Female Vo】

【Acoustic Guitar】

全てのAdvanced Mic音源をダウンロード(24bit/96kHz Wav)

収録使用機材について

・PC:Apple MacPro

・HOST:Avid ProTools 12.7 + HDX

・I/F:Digigrid DLI & IOS

・MicPre:Sym・Proceed SP-MP4

マイクセッティングについて

mic_setting
本数の都合上1テイク4本同時収録。極力均等にダイアフラムへ収音出来るよう写真の通りVocalist はおよそ15cm、ギタリストは20cmほどの距離をとって収録している

またギターは胴鳴りの低音成分を拾いすぎないよう普段はサウンドホールのやや右側から狙うが、今回は比較的に音色変化が少ないホールの正面辺りから横20cm内に集約するようにマイクを配置している。どちらの音源も位置的な不均衡を極力抑えるため最良のポイントを探した上でマイクキングした。

マイクプリアンプはマイク本来のサウンドキャラクター、そのトランジェント特性までを純粋に引き上げられるよう4ch全てSym・Proceed SP-MP4を使用。

収録スタジオ紹介

飛澤氏スタジオ紹介LINK

PENTANGLE STUDIO

2017年5月 VR/サラウンドに対応したスタジオが渋谷区神宮前にオープン。
Focal CMS50を5台配置したサラウンドモニター環境、そしてVRでは audio ease 360pan suite プラグインを使い『リアル』と『バーチャル』双方の特徴を活かした ”360度の研究”をテーマに発進した。もちろん通常のレコーディングにも対応。Pro Tools HDX システムに DiGi Grid の「DLI」「IOS」「IOX」を組込み、これまで不可能であったレコーディング時のWAVESプラグインの使用を可能にしている。また「Slate Media Technology RAVEN MTi2」や「AVID Pro Tools Dock」など革新的な機材を積極的に導入することによって、デスクワークのようなミックス作業から脱却。

渋谷と原宿の間にして目の前に豊富な緑のある環境、そして余裕を持ったアーティストロビーなど居住性にも配慮。新しい音を創造する発信基地として"ひとが集まってくるスタジオ"を目指している。

レコーディング・エンジニア:飛澤正人
施工:アコースティック・エンジニアリング
システム/機材アドバイザー:Rock oN Company & Media Integration

www.pentangle.jp

レコーディングエンジニア

飛澤正人

レコーディングエンジニア:飛澤正人

Dragon Ash や 三浦涼介 などを手掛ける。 1980年代後半にフリーのレコーディングエンジニアとなって以降、日本の最先端の音楽シーンに関わり作品を作り続けてきた。イコライジングによる音の整理や奥行きの表現に定評があり、レコーディング誌へのレビューやセミナーも多数行っている。近年はアーティストへの楽曲提供やアレンジなどもこなし、より理想に近い音楽制作環境を構築すべく日々考えを巡らせている最中だ。

また2017年5月、市ヶ谷から渋谷にスタジオを移転。VRやサラウンドに対応した “PENTANGLE STUDIO” を設立し、これまでの2MIX サウンドでは表現しきれなかった360°定位のバーチャル空間をイメージした3Dミックスを提唱していくことを考えている。


参加アーティスト

小寺可南子

【Profile】

小寺可南子

大阪市出身 6月19日 O型 160cm/ヤマハ音楽院大阪ボーカル科卒業。”jdk BAND” のボーカルとして約10年間の活動ののち、現在はコナミBEMANIシリーズへの作詞/歌唱 提供ならびコンサート活動や、杉本善徳プロデュースバンド『World Of the WORLD.』ボーカルとして活動中。TVやラジオCMにおける歌唱やサウンドロゴ提供も多数実績あり。

使用楽曲情報

「Sentimentalism」
作編曲/山田玄紀・作詞/小寺可南子



OHAGI

【Profile】

OHAGI

着飾らない親しみやすいキャラクターと、アメリカや日本原付弾き語り旅をし、路上ライブで培ってきたパワフルボイスとバイタリティ、音域の広い歌声を持つOHAGIと、音楽プロデューサー佐橋佳幸のアシスタントを経験後、作曲家、アレンジャー(GILL、AKB48、アイドルマスター、中村中etc)としても活動しているGt.渡辺淳を中心とした7人編成バンド。それぞれの個性と様々なジャンルが織りなすオハギンズワールド。ときに笑え、カッコよく、ときに涙し、楽しくなる独自のライヴパフォーマンスは必見。

【楽曲提供】

横浜キックボクシングジム TSKJAPANのテーマソングに「絆」

HP:http://ohaginz.wixsite.com/home

【youtube動画】

・サクラチルチル
https://m.youtube.com/watch?v=a6dowRCg-Ug
・リメンバー
https://m.youtube.com/watch?v=n1CNH85nSdo
・星空のベンチ
https://m.youtube.com/watch?v=a0UJE-CwiCY
・すかしっぺ
https://m.youtube.com/watch?v=gFWTLQL60yE

Twitter & FacebookはOhaginZ(オハギンズ)で検索



森本隆寛

【Profile】

森本隆寛

徳島出身
12歳でギターを手にし、以降、様々なバンドでLIVE活動を行い、
18歳で地元徳島を離れ大阪の音楽専門学校に入学。
在学中、20歳でメジャーアーティスト”doa”のツアーギタリストに選ばれ、プロ活動を開始。
自身のバンドiNtElogiQ(インテロジック)の活動をしながら、奥華子、浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、三浦涼介、池田彩、especia、泉綾菜、等のLiveサポートや、奥華子、μ’s、ポケットモンスター サン ムーン、初音ミク、96猫、花たん、清水ミチコ、その他多数のレコーディングやアレンジ、楽曲提供も行う。
NHKスクールライブショーでは徳永暁人(doa)のサポートにて押尾コータロー、神保彰(カシオペア)とも共演
洗練されたテクニックと熱いロックフィーリングを武器に、メジャー、インディーズ問わず様々なジャンルのアーティストから絶大な信頼を得る


entry











メーカーHPでもっと詳しく知る!
concierge
goestore
[/su_lightbox_content]




























最新記事ピックアップ

Universal Audio Arrow 特典付きで新発売!Apolloのサウ…
Universal Audioから新製品『Arrow』が発売しました。入門者からプロのモバイル用途まで、気軽に導入できるUAD-2搭載オーディオI/Fの登場です! ArroewはApollo Rack、Apollo Tw [……
SHURE GLX-D Advanced 安心、簡単、高音質。パフォーマンスにも…
マイク、イヤホンと同じくSHUREがライブ現場で高い信頼を得ているのがワイヤレスシステム。その中でも今、ライブハウスなど小~中規模の現場で最も注目を浴びているのが2.4GHz帯のデジタルワイヤレスGLX-D Advanc [……
Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×…
旧Apogee製品から Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×8へのアップグレードで買取金額が15%UP! 旧Symphony I/OやEnsembleなどから最新鋭のフラッグシップへ。サウン [……
知ってますか?FocusriteオーディオI/Fユーザーはプラグインが毎月もらえ…
FocusriteのオーディオI/FシリーズはScarlett(USB)、Clarett(Thunderbolt)、RED(Network Audio)の3ライン。伝統のマイクプリアンプ搭載のほか先進のデジタル技術で、ビ [……
KEMPERを選択する理由はこれだ!クリエイター目線で使いこなす!PROFILI…
「徹底カスタマイズ」をキーワードに、数々のPro Tools、Sibeliusのオリジナルアイデア/ノウハウを披露します!
NAMM 2018 直前情報:Universal Audo UAD-2アクセラレ…
個性的なラインナップと卓越したアナログモデリングサウンド。そしてDSPによるCPUにほぼ負荷をかけないプロセッシングは、今や制作シーンのスタンダードとなったUniversal AudioのUAD-2! 2018年3月31 [……
Native Instruments MASCHINE 2.7への進化
世界中のビートメイカーのハートを掴んで話さないNative Instruments MASCHINEのソフトウェアv2.7が公開されています。 今回のバージョンアップではリアルタイムのタイムストレッチを含むオーディオの充 [……
Rock oN AWARD 2018 受賞製品を発表!
ユーザーとRock oN選考委員、そしてゲストのプロクリエイターが一つになって2017年を象徴するプロダクトを決めるRock oN AWARD 2018。遂に受賞製品が決定しました! 2017年はAIやVRなど新しい技術 [……
Pro Tools HD対応オーディオI/O特集!憧れの最強セットをSUPER …
高額製品を購入するなら1月31日まで! Rock oN eStoreでは『18回払いまで0%金利』もしくは『48回払いまで実質1.9%の超低金利』クレジットローンキャンペーンを開催中です! 例えば100万円の製品であって [……
Ready to HD I/F!! 3rd Party I/Fへトレード&…
今年はDigilink接続インターフェースが百花繚乱!! ROCK ON PROでは3rd Party製インターフェース導入を徹底アシスト!! 史上最大級のトレードバリューや技術メリットに加え、店頭比較試聴やレンタルプロ [……
「KRKの1番の魅力はオーディオ的というより音楽的なところ」~ エンジニア 加納…
エンジニア 加納 洋一郎氏に聞くKRK Vシリーズのインプレッションは?
「agehasprings Open Lab.」レポート 〜 イベントに込められ…
イベントに込められたメッセージ。これからの音楽クリエーターに求められること
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート