閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
ANTENNA

HOTなクリエイターが求める最新情報をキャッチアップ。MUSIC・ART・文化、店舗情報まで盛り沢山

01
Jun.2018
ANTENNA

あなたのマスタリング技術を磨くためには?

mim_mastering2018_0601top


6.13(水) から開講するMiMセミナー 「AI的アプローチを越えろ! 最新マスタリング・メソッド」
~iZotope Ozone 8が喚起する新しいアプローチ~」

このセミナーでは、Basicコース、Advancedの2コース(それぞれ全6回)の授業で、マスタリングに必要とされる知識、技術を養います。今回、開講に先駆けて、講師のサイデラ・マスタリング チーフ・エンジニア 森崎雅人 氏にQ&A形式で話をお伺いしました。

ご自身のマスタリング技術を向上させたいと思っている皆さん、森崎さんのメッセージを参考に、ぜひ、このセミナー受講をご検討してみてください!

森崎雅人氏 プロフィール

161101_MORISAKI-portrait1970年6月生まれ 蟹座 A型。
父親の影響で幼少期からベンチャーズを聴きつつ、モノラルのラジカセを使って歌番組を録音して楽しむ。小学生時に初めてステレオの立体感ある音を聴いて感動しオーディオにのめり込む。
音響技術専門学校を卒業して音響ハウスに入社し、バンドもの、アーティストもの、劇伴、CM音楽など、あらゆる録音現場を体験しスタジオワークを習得する。そのレコーディング・エンジニア修行の途中でトム・コインがマスタリングした音に衝撃を受けマスタリング・エンジニアに転向。音響ハウス時代の豊富な経験から録音機材やマイクによる音色の違いも熟知しているため、レコーディングエンジニアともより密なコミュニケーションをとれることが強みの一つである。
2000年より、サイデラ・マスタリングのチーフ・エンジニアとして、音色の深み、スピード感、心地よい倍音を探求しながら、世界レベルの音を目指している。

サイデラ・マスタリング HP >>

Q1. 今回のマスタリングセミナーではどんなことが学べますか?

森崎雅人 氏 :
・マスタリング・エンジニアに必要な音を聴きわける技術。
・わかりやすいモニターシステムを構築する技術。
・自分がイメージしたサウンドを言葉や音にして提示する技術。
・ご自身のマスタリングの質を高める技術。

この4つの技術を学べます。

Q2.本セミナーならではのことがあれば教えて下さい。

森崎雅人 氏 : 現場の経験でしかわからない、教科書には載っていないリアルなコミュニケーションの仕方、今の旬なサウンドメイクについても解説していきます。さらに参加者がマスタリングした音源についての実践的なアドバイスやマスタリング前の作品を一緒にマスタリングしたり等のマンツーマン・セミナーも行います。

Q3.サイデラマスタリングを訪問する機会がありますが、そこでどんなことを目にすることができますが?

森崎雅人 氏 : スタジオの特徴や機材のルーティングについて詳しく説明していきます。実際の作業とまったく同じ内容のデモをしながらモニタースピーカーがどのような音で鳴っているのかを聴いていただき、機材やケーブルが持つ音色の違いも体験してもらいます。この体験が参加者のみなさんにとって、今後の音楽制作のリファレンスになればと思います。

サイデラマスタリングスタジオ


Q4.2つのコースがありますが、それぞれの違いを教えてください。また、それぞれのコースはどのような人を対象にしていますか?

森崎雅人 氏 : Basicコースはこれからマスタリングを始めようと思っているミュージシャンや学生さんを対象に、エンジニアの音の聴き方、モニタースピーカーの使いこなしの基礎、最終的にはバランスを整えたり音圧を入れたりする簡単なマスタリングができるレベルを目指します。

Advancedコースは自分でマスタリングをしたことがある方を対象に、キックやボーカルを際立たせたい、ジャンルにあったマスタリング方法を身につけたいなど、さらに一歩進んで積極的に音を調整するための技術の習得を目指します。

Q5.セミナータイトルに「AI的アプローチ」とありますが、どういうことでしょうか? iZotope Ozoneとどんな関連があるのでしょうか?

森崎雅人 氏 : iZotope Ozone8に搭載されている画期的な新機能マスターアシスタントの使い方の解説とパラメーターの分析を行います。合わせて僕がゼロからOzone8でマスタリングした音源と比較視聴しながら、効果的な使い方のレクチャーと聴感上で大きく聴かせる方法などもお話します。

サイデラマスタリングのアウトボード類


Q6.森崎さんはiZotope Ozoneをお仕事でも使われてるんですか? どんなところを評価していますか?

森崎雅人 氏 : 仕事で使っています。敬愛するトム・コインとグレッグ・カルビが使っていたことが導入のきっかけでした。ナチュラルな仕上げにもアグレッシブな仕上げにも、豊富な機能のおかげで瞬時に対応できます。生演奏の多い劇伴から、打ち込み中心のR&BやHIP HOPまで、PC内で使用するプラグインはOzoneのみ、というくらい気に入ってます。

また、音量レベルの調整など、小数点以下5桁の精度で可能ですから、それこそ髪の毛一本分の微調整が可能なところも重宝しています。

Q7.Session5でミキシング・エンジニア 遠藤淳也さん(下 写真)とのゲスト対談がありますが、どんな内容になりそうですか?

森崎雅人 氏 : 実際に遠藤さんと立会いでマスタリングした過去の作業を振り返りながら、レコーディング〜ミックスまでの遠藤流のこだわりやテクニック、遠藤さんが考えるマスタリングのポジションなどをお話し頂けたらと思っています。エンジニア同士ならではのコミュニケーション、仕上がりの共有の仕方などもぜひお話したいです。

mr_endo_top01


Q8.最後に受講を検討してる方に一言お願いします!

森崎雅人 氏 : マスタリングを初めて18年目になりますが、その間に蓄積した基本的な技術とYouTubeなどでも音源を引き立たせる(引き立つ)今が旬の技術について、分かりやすくお話します。特にモニター環境の構築については、「会議室でもこんなに良くなるの?!」というくらいに改善できるノウハウをその場で伝授しますので、ぜひご参加ください。


    記事内に掲載されている価格は 2018年6月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Sonnet Technologiesが「Solo5G USB 3 to 5 G…
    USB3.0接続の5ギガビットLANアダプタを発表!
    Rock oN AWARD 2020 座談会
    AWARD受賞を逃した製品たちも、座談会で評価されているその裏側をご覧ください!!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    Rock oN AWARD 2020 受賞製品を発表!
    「MusicRadar」が2019年の優秀製品を発表!
    昨年発売された製品で最も評価が高いのは?
    iZotopeが11月7日に業界初のポストプロダクションのテクノロジーを紹介!
    iZotopeがメールマガジンにて、11月7日(木)午後7時からライブストリームを介して、業界初のポストプロダクションに関するテクノロジーを紹介するという発表がありました。 当日はサウンドデザイナーで編集者のDoug M [……
    Antelope AudioよりDSPとFPGAを活用したAuto-Tune S…
    Antelope Audioの本国サイトにてAntalesとの協力によって、Antelope Synergy CoreやEdge GoマイクでCPU負荷をかけずにリアルタイムのピッチ補正やボーカルエフェクトを可能にするA [……
    Ableton主催イベント「Loop 2020」チケット登録受付開始!
    トーク、パフォーマンス、および実地体験型ワークショップを実施!刺激的な音楽イベントがベルリンで開催!
    【Antelope Audio主催】Next the 3rd Generatio…
    Next the 3rd Generation with Studio Parasight Antelope Audio インターフェイスを導入決定したスタジオでは、なぜ Antelope Audio インターフェイスが [……
    メディア・インテグレーションがCEDEC 2019に出展!
    協賛ブランドによるセミナーと機器展示が行われます! みなさまのご来場をお待ちしています。
    藤井丈司氏が語るシンセサイザーの魅力 −受け継がれるYMOの遺伝子−
    YMOから受け継いだシンセサイザーの魅力とは?エレクトロポップ黎明期の先駆者的存在の藤井丈司氏が語ります!
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月2…
    oplab module – OP-Zのための魔法のモジュール、2019年8月26日発売決定!
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    iZotopeからマスタリングを理解する強力なコンテンツが発信
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company