閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
商品情報
28
Mar.2018
OLD_SALE

Rock oN Buyer’s Guide 2018 Spring ~ヘッドフォン編~

20180328_head_1390

matsumoto_head_01


matsumoto_head_02

DSC00530

まずピックアップするモデルは、JVCとビクタースタジオが共同開発し生まれたJVC「HA-MX100-Z」。前作HA-MX10-Bはビクタースタジオのエンジニアが徹底的にチューニングを行い作り上げた逸品で、高解像度で低音再生も良く、多くのエンジニアやクリエイターにピックアップされ支持されてきました。SONYのMDR-CD900ST同様、パーツの破損/劣化があっても自分で取り寄せて諸々対応できるところも、より現場向きですよね。

そんなHA-MX10-Bの進化版「HA-MX100-Z」の内部構造を簡単に見てみましょう。まず筐体構造はデュアル・クリアパスポート構図を採用。振動板がより忠実に動くようになり、低音再生がアップし繊細な表現を実現しております。またJVCケンウッドの独自技術サウンドディフューザーがより最適化し、周波数特性は10Hz〜40kHzまで向上してます。最近はレンジの広い音源も多いので、評価の高いところですね。

DSC00571

ちなみに、Rock oN UMEDAの中川はamphenol社製のステレオミニプラグに注目しております。中川によると、amphenol社製ステレオミニプラグは「ハウジング部とコネクター部がネジ式で結合されておりますが、コネクターをペンチなどの工具で固定しないと外れないくらいの作りになっており、安易にネジが緩んだりしないようになっております。ヘッドフォンが故障する原因はコネクター内部の接触不良にあるケースが非常に多いですが、このamphenolのコネクターはそう簡単には接触不良などは起こさないでしょう!と語っております。こういう、小さなところまでこだわりが感じられますね。

DSC00576

個人的に、モニターヘッドホンはMDR-CD900STの付け心地がジャストフィットするのですが、HA-MX100-Zもそれに近い作りになっておりきちんと耳を覆ってくれます。やはり、スタジオエンジニアはこの辺りも狙っているのか、普段から900STを利用している方にも違和感なくご利用いただけるのではないでしょうか。サウンドの傾向も”スタジオの音をそのままに”といったコンセプトから感じられる解像度の高い音像、また自然な鳴り方は長時間ヒヤリングしていても疲れない音像を実現しております。

よくお客様からオススメのヘッドホンを聞かれるんですが、現状で900STをご利用いただいている方にはこのHA-MX100-Zがオススメです!

梅田中川さんレビュー
http://www.miroc.co.jp/antenna/16-04-16_jvc-ha-mx100-z/

JVC
HA-MX100-Z
¥24,800
本体価格:¥22,545
258ポイント還元


matsumoto_head_03

img_34335

audio-technicaのモニターヘッドホンの特徴としてはやや高域が強めですが表現性の高さが挙げられます。主要機種であるATH-M50XやATH-M70X、ATH-R70などはレコーディングモニターとして利用する場合は音が近くに再生されるため音が聞き取りやすく、サウンドチェックする場合はサウンドをより立体的にモニターすることができます。

私は普段は派手なサウンドばかり聴いているのですが、個人的に愛用しているモデル「ATH-SX1a」をピックアップ。これはもう、3〜4年ほど利用しております。映像制作用の定番ヘッドフォンのためあまり音楽制作の環境では見かけないんですが、私がこれを選んだ理由はただ一つ、付け心地が非常に良いんですよね。イヤーパッドは900STと同じかやや大きいくらいで、耳をきちんとホールドしてくれます。ヘッドホンコードの被覆にシルク糸が使われており、気持ち的に絡まりにくいところもポイント高いと思います。

周波数特性も10Hz〜32kHzまでサポートしており、ハイレンジな環境でもきっちり利用することができます。見た目とは裏腹に頑丈なボディにも好感がもてます。上でも書きましたが、audio-technicaのヘッドホンは高域のシャカシャカして苦手だという方も、イヤーパッドをYAXIのstPadに変更すると大分改善されますのでお試しいただきたいですね。。

ATH-SX1aは万能的に使えると思える穴場的モニターヘッドホン、オススメですよ!

audio-technica
ATH-SX1a
¥16,368
本体価格:¥14,880
1ポイント還元


matsumoto_head_04

DSC00538

最後は特徴的な見た目が印象的なSTAXのコンデンサー型イヤースピーカー、SRS-3100をピックアップ。SRS-3100はイヤースピーカー”SR-L300″とアンプの”SRM-252S”を組み合わせたシステムです。STAXのコンデンサー型イヤースピーカーの特徴は、解像力が格段に優れており、特にきめ細かい音質が得られる点。モニタリングをする際にリバーブをどれだけかけるか、また歪みが少なく自然なモニタリングを再現してくれるのでノイズチェックなどに効果を発揮します。

SRS3100

専用アンプが必要なので携帯性良くなく、振動板は非常に薄いので手荒に使うと壊れてしまいますので現場利用は難しいかもしれませんが、据え置き型モニターヘッドホンとしてはピカイチです!イヤーパッドも見た目は大きいのですが、ホールド感も悪くありません。

様々なモデルがありながらも基本的な構造はどれも一緒ですので、ご予算に応じて各モデルをお試しいただくのもよろしいかと思います。
中でも最もコスパが良いSRS-3100は、ミックスなどにオススメです!

STAX
SRS-3100
¥66,825
本体価格:¥60,750
1002ポイント還元

公開中!これで買うべき製品が見える!

Rock oN
Rock oN
Rock oN
Rock oN
Rock oN
Rock oN
daw_i_index
20180328_head_index
20180328_rythm_index

    記事内に掲載されている価格は 2018年3月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Exponential Audio製品が5月9日までキャンペーンセール!
    Lexicon社の伝説の名機「960L」「PCM96」開発者創業のリバーブプラグイン!
    Universal Audioの値上前在庫を確保!
    数量限定!Universal Audioの人気製品が値上げ前の価格で!
    DiGiGrid DLI+MGB/MGOの数量限定プロモーション開始!
    安定したPro Tools HDX環境での録音/再生をライブ環境でも実現!
    最短1分納品!Rock oN Demand取り扱い製品拡充&お得なセー…
    スピードが要求される現代!100以上のブランド、7800以上の製品がすぐに手に入る!
    Focusrite Redシリーズ3機種に、ヘッドフォン/ライン出力ユニットRe…
    頂点に君臨するインターフェイス・REDシリーズのここがすごい
    Burl AudioよりAD/DAカード 新製品3機種
    Burl Audio社より、B80もしくはB16で使用可能なAD、DAカード 新製品3機種が登場
    Dave Smith Instruments Tempestが50台限りで20%…
    Dave Smith Instrumentsの究極のアナログドラムマシンが完全数量限定20%OFF!
    KORG取り扱いの2級特価品が入荷いたしました!
    KORG取り扱い製品の2級特価品が新入荷!訳あり製品だからご提供できる衝撃特価をご確認ください。
    Native Instruments KOMPLETE KONTROL M32に…
    Native InstrumentsのKOMPLETE KONTROL M32に、Ableton Live 10アップグレード製品やMASCHINE MIKRO MK3をバンドルしたRock oNオリジナルセールが始まり [……
    Antelope Audio DISCRETE 8購入でEdge Soloが付く…
    Antelope Audioのテクノロジーが随所に注がれた、アナログ/デジタルが融合する次世代マイクプリアンプDISCRETE 8。 このDISCRETE 8 with Basic FX collectionを購入すると [……
    STEINBERGフラッグシップオーディオインターフェース「AXR4T」が発売!
    Rock onオリジナル企画として数量限定Thunderboltケーブルをプレゼント!
    VIENNA SYMPHONIC LIBRARYが『VIENNA ENSEMBL…
    2/28までのプレオーダー期間内「Giant Taiko Drum」プレゼント!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company