閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

01
Apr.2019
REPORT

Synthplex2019 Day2:1010 music LLC

僕も2つのモジュールを愛用している1010 musicからは新しいスタンドアローン型のサンプラー/シーケンサーblackboxがリリースされました。
BitBoxとToolBoxを愛用している僕にはオペレートはすごく簡単でしたが、基本的に深い階層に降りなくても全ての操作ができるし、このディスプレイ自体がタッチパネルなので非常に効率的にエディットできます。

02_1010
04_1010

簡単に説明するとMPC的に各パッドにサンプルをアサインして内部のシーケンサーでパターンを操作して、別のFXページに飛んでディレイ等のエフェクトをアサインしていく、というワークフローになります。
それから本体下部のMicro SDカードへ自分のDAWで作成したMIDIファイルをコピーしてこのblackboxへ読み込み可能ですから、細かなエディットはDAW側でしてパターン毎にセーブ、そしてblackboxへインポートというワークフローにすればかなりストレスが軽減すると思います。

実際僕がToolBoxでシーケンサーデータを作成するという事はほとんどなくてほぼ100%DAWでエディットした後にToolBoxは読み込むようにしています。

03_1010

こちらのblackbox、当初数が安定しないと思いますが、SynthPlexで実演販売していました。599ドルです。

さらにこちらは1010 musicのboxシリーズになんとtraktion waverazorがインストールされています。(参考出品との事!)
waverazorは複数の波形の断片を組み合わせてエディットする事で過激なサウンドを生み出すシンセサイザー。
様々な波形のハードシンクサウンドが非常に特徴的です。

08_1010

////////////////////

Rock oN Companyより:

2019年4月よりRock oN Companyで1010 music 製品を取り扱い開始します!
1010 music製品は各製品が共通のタッチディスプレイ付きの筐体を使っており、一つ購入後はOSの入れ替え可能のため一台で何役もこなす事ができます。
豊富な機能だけでなく、例えば触れている間だけエフェクトを有効にしたり等タッチディスプレイならではの操作感も魅力です。

bitbox – Touchscreen Sampler Module

本体でサンプリングからスライスまで行え、CV/MIDIによってスタートポイントや長さ、ゲイン、ループモードなど細かいEDITができる高機能サンプラーモジュール。

bitbox

1010MUSIC
Bitbox - Touchscreen Sampler Module
¥69,800
本体価格:¥64,630
6980ポイント還元

toolbox – Sequencer and Function Generator Eurorack Module

4トラックのリズムシーケンサーと4トラックのポリフォニックノートシーケンサー、そして4つのファンクションジェネレーターを搭載。
トラックごとに異なるステップ数やクロックを設定可能なシステムの中枢をになるモジュール。

toolbox

1010MUSIC
Toolbox - Sequencer and Function Generator Eurorack Module
¥69,800
本体価格:¥64,630
6980ポイント還元

laserbox – Pattern Generator for Lasers

レイザーパターンを生成し、CVでモジュレーションできるモジュール。LZX IndustriesのCyclopsと併用します。
本体ディスプレイにレーザーパターンが写せるので、ディスプレイに接続していない間でもモジュレーションによるパターン変化の確認が可能。

laserbox

synthbox – Polyphonic Synthesizer Module

8つのウェーブテーブルOSC、4つのウェーブフォームOSCを軸に二つのフィルターなどフルスペックで搭載したシンセサイザーモジュール。
ボイスごとにステップシーケンサーも内蔵し、外部CV/MIDIコントロールと併用して動きのあるサウンドを作成可能。

synthbox

1010MUSIC
Synthbox - Polyphonic Synthesizer Module
¥69,800
本体価格:¥64,630
6980ポイント還元

fxbox – Performance Effects Module

16種類のエフェクトを選択してレイヤーなど様々なコントロールができるエフェクトモジュール。
外部CV/MIDI以外にタッチディスプレイ、内蔵ステップシーケンサーでコントロール可能。
またディスプレイはXYコントロール対応のため指一本で二つのパラメーターを調整できます。

fxbox

1010MUSIC
Fxbox - Performance Effects Module
¥69,800
本体価格:¥64,630
6980ポイント還元

////////////////////

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company